チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

      2016/07/08

昨日のブログでは、
「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」
というテーマで書きました。
今日はその続きです。

みなさんはどんな事実をどのように捉え・解釈し、決断をしてきているでしょうか?
子供のころから、気づかぬうちに、
もう何万回、何十万回、何百万回としてきています。

私も朝起きた時から、すでにたくさんの解釈と決断をしてきています。

(事実)時計は6:00
(解釈)起きなければならない時間だな
(決断)起きよう

(事実)私の体には布団がかかっている
(解釈)布団はどけたほうがいい
(決断)布団をどけよう

(事実)私はルームウェアを着ている
(解釈)今日は外出するので着替える必要がある
(決断)今着替えよう

とまあ、ヒトはいろいろな決断を無意識のうちにしているものです。
そして同じような決断をすればするほどに、
その決断は強固なものになっていき、固定化していきます。

新たな決断を促すプロセス

今日は変えようのない過去の出来事について、
新たな解釈を加え、新たな行動をしていくための手順を紹介します。

事実と解釈はどうしようもなく癒着しています。
そのため、事実と解釈の区別ができなくなっています。

この癒着を剥がすことが、肝心要のところです。

事実と解釈の区別

ヒトは事実と解釈の区別が難しいです。
(事実)上司に叱られた
(解釈)私は何をやってもダメだ
(決断)おとなしくしていよう。

この例で言えば、
「私は何をやってもダメだ」
ということを、まるで事実かのように捉えてしまうということです。

そして、この言葉を繰り返せば繰り返すほどに、
これは事実でないにもかかわらず、事実のように固定化されていきます。

そしてここからの決断は、
まるでそれが事実であることを証明するかのように、
行動することにつながっていきます。

しかし、解釈を変容する第一歩は、
この事実と解釈を切り離してあげることから始まります。
これが癒着している限り、解釈の変容は生まれず、
また、新たな決断をすることはできません。

新たな決断のステップ

Step1:事実を明らかにする
Step2:今の解釈を確認する
Step3:別の視点を探しそこから解釈する
Step4:視点を選択する
Step5:新たな解釈から決断を促す

Step1:事実を明らかにする

「誰から観ても事実は何なのか」
「他に観なければならない事実はないか」
「何があって何がなかったのか」

Step2:今の解釈を確認する

「その事実をどのように解釈しているのか」
「その事実からなぜそのように解釈できるのか」

Step3:別の視点を探しそこから解釈する

「他にはどのような解釈ができるか」
「他にどんな見方が考えられるか」
「○○さんだったらどのように捉えるか」

Step4:視点を選択する

「出した視点の中で最も適切な視点は何か?」
「自分を最も前進させる解釈はどれか」

Step5:新たな解釈から決断を促す

「その解釈ならば、どのような行動をしているか」
「新しいどのようなチャレンジが必要か」

コーチングは新たな選択を支援すること

コーチは、クライアントが望むところを明確にし、
そこに自分自身で到達していくためのサポートをしていく。

過去の出来事に縛られ、固まった解釈のもとでは、
どうしても新たな行動やチャレンジにつながらないことがある。

しかし、新たな解釈をして行動を選んだとしても、
それはまだすごく弱い筋肉に過ぎない。
したがって、もともとある太い筋肉が無意識のうちに働いてしまう。

だからこし、クライアントは決断し続けていくことが大事だし、
コーチはその決断の連続をそばでサポートしていく必要がある。

20160708_コーチング_事実と解釈と決断_チームコーチング_LBJ半谷photo credit: Keynote: Doug Fisher via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

no image
振り返りの視点 ~アソシエイト(associate)とディソシエイト(dissociate)~

ワールドカップ2014ブラジル大会日本代表は残念な結果に終わってしまった 選手た …

no image
ピットインコーチング@松本 

本日は経営責任者チームのチームコーチングを実施している長野県松本市の小林創建にて …

第1回 仕事の勉強会@松本内藤城 ~DiSCコミュニケーション~

仕事の勉強会 本日は松本にて、第1回仕事の勉強会を実施しました。 第一回目のテー …

大きな成果を手にするために

ハイリスクハイリターン より大きな成果を手にするためには、 より大きなリスクを覚 …

no image
目を輝かせる指揮者の力 ~チームへのコーチングの挑戦~

今朝テレビをつけたらeテレでTEDが流れていた ベンジャミンザンダーという指揮者 …

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

“チーム”の適正人数

チームは少人数であること。 ピーターホーキンス著、田近秀敏監訳『チームコーチング …

no image
新入社員研修から一週間

先日新入社員研修をやらせていただいた会社に立ち寄ってみた まだ一週間しか経ってい …

no image
主体的に生きるということは…。

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …

ゆとり世代の新入社員研修

今年も、新入社員の季節になりました。 サクラと共にやってくる彼らは、 毎年、組織 …