チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

選挙演説の聴き方 その一

   

イギリスの歴史的な国民投票を終え、
衝撃的な結果が出たわけだが、
同国は投票前以上の盛り上がりと混乱を見せている。

この動向も目を離せないのだが、
そんな最中、日本でも参議院議員選挙が盛り上がって(?)きた。

なかなかおもしろい選挙演説

日本は投票率が恐ろしく低い国なので、
選挙や政治そのものへの関心が非常に薄い。
そのため、選挙の街頭演説に足を止めて聴くなんてことは、
特に若者であればあるほど経験すらなかったりするだろう。

しかし、少しの時間でもいいから、
足を止めてどんなことを言っているのか聴いてみるのも面白い。

私は仕事において、言葉を扱っているし、
言葉は当然その人やその党の意識を表す。

だから、どのような言葉を発しているのかにしっかりと注目する。
政治的な観点というよりも、どのような言葉を使っているか。
こちらに興味が湧く。

「やること」と「やらないこと」どちらを話している?

選挙演説で是非注目してほしいことは、まずこの事柄。

「やること」を話しているのか、
「やらないこと」を話しているのか。

私が昨日耳にしたある政党の演説はこんな感じ。

「増税はやめるべきだ」
「ばらまきはしません」

そして加える。

「私たちは国民のみなさまが幸せになれる方法を考えます」

短い時間の中で、私の耳に入った言葉はこんな言葉。

決断には目的地と道筋が必要

私たちは選挙においては、個人や政党を「選ぶ」必要がある。
その際に必要な情報は、
「この人は、この政党は何をしてくれるのか」という情報だ。

これに基づき、これを信頼して、私たちは選ぶ。

そして私たちが選ぶことができるのは、
「こうする」
ということであって、
「こうしない」
ということではない。

消去法は参考にできないのだ。
なぜならば、目的地と道筋は、それぞれ無限にあるから。
特に道筋は無限大。

世界平和を目指します。
どうやって?

まずは国内の軍備を拡大して、自国の力をつけることによって、
他国が侵入できない状況をつくる。

まずは自国が軍隊をなくす。
軍など必要ないということを積極的に示し、
他国がそれに追従してくるための先頭を切る。

目的地は同じだが、プロセスは真逆である。

こうしない、ああしないという主張では、
選択肢がまだ山程残っている状態であり、
すなわちどうするか決めていないという状況。

こんな状態で物事を決められるだろうか?

どこに行くかわからないバスに乗れるか?

例えるならば、目的地と経由地が明らかになっていないバスに乗るようなもの。

東京駅に謎のバスがある。
大阪には行かないんです。
仙台でもないです。
名古屋も違うんです。
新潟でもありません。
「さあ、私のバスにお乗りください」

このようなバスに乗れるだろうか?

まあ、このようなスリルを味わいたい人もいるだろうけど…。
でもよほど信頼していなければ、このようなバスには本来乗れないものだ。

あるいは、
東京発横浜行きです。

経由地は明かしませんが、運転手にお任せください。
乗ってみたら、横浜行くのに青森経由。

従って、
「ここは通りませんよ」という情報に注目するのではなく、
「ここを通りますよ」っていう情報を私たちは捕まえる必要がある。

演説の注目点

「より良くしたい」
「国民の生活を豊かにしたい」
「日本という国を豊かにしたい」

スキャンダルが多くて、悪いことばかりに目がいってしまうのもやむを得ないが、
こんな風に志を高く持っている政治家は、実は多い。

それ故に、この人やこの政党は何をしてくれる人なのか。

「しないこと」と「すること」

どんな割合で話をしているか。
ここに、その人の意志の強さが見えるかもしれない。

20160626_チームコーチング_目標_肯定的に_LBJ半谷知也photo credit: DSC_7005 Wong Way Weng via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

チーム理念の認知⇒理解⇒実践

チームコーチングにおいて非常に重要な事柄。 チームの理念を明確にすること。 広辞 …

パワーネットフィールド@塩尻 チームコーチングスタート!

パワーネットフィールド チームコーチング 昨日今日と、 パワーネットフィールド様 …

精神力は制心力(前編)

マインドが結果を左右するスポーツの世界 羽生結弦がGPファイナルを制した。 自身 …

no image
本田圭佑のプロ意識 ~チームコーチングによる組織変革~

本田がいよいよACミランに移籍した背番号10 この番号を背負うことはすごいことだ …

仕事の勉強会 ~ファシリテーション編~

本日は仕事の勉強会。 松本にて。 1か月に1度のビジネスマンのための勉強会は、 …

適切な目標と短期的な成果 ~にっこりわらって減量生活②~

今までうまくいかなかった・・・、 というか、「やらなきゃなー」って心で思いながら …

子供でもできる話の聴き方3つのポイント 〜アクティブリスニングのちから〜

みなさんは、どんなふうに人の話を聴いているだろうか。 大事なことは、相手の話を理 …

no image
理解をつくる粘り強い対話②

さて昨日の続き。(昨日の記事はこちら) 受け取られたものがコミュニケーション コ …

no image
ちょっとしたやりっぱなしが…

いよいよ五月人形の時期 息子のために人形を出すのだがまあ箱の多いこと&#8230 …

競争は大事だ

win-win 保育園や幼稚園のお遊戯では、桃太郎が10人以上も登場する時代。 …