チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

意図の階段 〜プレゼンテーション達人への道〜

      2016/05/19

プレゼンが苦手な日本人

本日はプレゼンテーションの基礎講座。
プレゼンに対する苦手意識を持っている人は極めて多い。

「プレゼン得意な人」

って講座で手を挙げてもらうと、
上げるのは年間でも10人に満たない。

※私が担当するプレゼンテーショントレーニングの受講生は
年間に300人くらい…

「プレゼン苦手な人」
って聴くと、クラスのほとんどが手を挙げる。

「苦手」「自信がない」
これは仕方のないこと。

自信には2種類。
「根拠のない自信」
「実績に裏付けられた自信」

このバランスで成り立っている。
前者が非常に強い人もいれば、
根拠の無い自信はほとんど持ち合わせていない人もいる。

そして、日本人は教育の過程における、
プレゼンの練習の時間が極めて少ない。

つまり、実績がない。
だから、自信のもちようがないのだ。

プレゼンテーションはKKD?

プレゼンテーションはKKD。
つまり、
K:カン
K:経験
D:度胸

これはあながち的外れではないと思う。
特に経験。
これは積み重ねただけ、プレゼンテーションはスムーズになる。
そして経験を重ねるためには度胸が必要だ。

カンも、
プレゼンテーションを構成したり、
実際にプレゼンテーションをしたりするときの、
センスのようなものはやはりあると思う。

同時に、カンは感覚。
話しているときに、あらゆる感覚を使って、
聴衆がどのように聴いているのかを感じ取る力は、
プレゼンテーションにおいて欠かすことができない。

プレゼンの目的

「プレゼンの目的は何ですか?」

この問いかけに、みなさんならばなんと答えるだろうか?

「報告のため」
「情報共有のため」
「理解・納得してもらうため」
「評価されるため」

プレゼンテーションのトレーニングでは、
こんな答えが返ってくる。

どれも正解である。

同時に、
真の目的を掴んでいる人は意外と少ない。

プレゼンの真の目的

プレゼンの目的は、
「人を動かすこと」であり、
「決断させること」である。

もう少し正確に言えば、

動いてほしい人に
動いてほしいように
動いてもらうこと

製品を導入してもらう。
企画を採用してもらう。
上司に協力してもらう。
何かの申込をする。
一緒に食事に行ってもらう。

プレゼンテーションは、日常に溢れている。

意図の階段

プレゼンテーションの目的、
すなわち意図には段階がある。

段階1:認知

最初のステップは認知。

知らなかったことを知るということ。

「へえ、そういうのあるんだ…」

とまあ、こんな感じ。

段階2:理解

認知の次は理解だ。

認知したものがどういうものなのか、
その内容を理解するということ。

「なるほど、言いたいことはわかった」

段階3:納得・同意

次は納得・同意。

「わかる!」
「その通り!」

これがここの段階。
理解しても、納得・同意しているかはわからない。

段階4:行動

そして行動。
具体的に何らかの行動を起こす。

納得・同意しても、動くかどうかはわからない。
人が動きを起こすのは、非常にエネルギーを要する。

段階5:決断

そして最後が決断。
ここが、実際に動いて欲しいように動いてもらう場所。
そして、プレゼンの真の目的であり、意図である。

ここを意識せずに行われるプレゼンテーションは、
残念ながら機能しない。

20160518_チームコーチング_プレゼンテーション_意図の階段2_LBJ半谷知也

意図の設定

誰に動いて欲しいのか。
どのように動いてほしいのか。

プレゼンテーションの成功の定義が、
プレゼンの第一ボタン。

ここをかけることで、
プレゼンテーションの方法や手順が決まる。

この意図によっては、
プレゼンのやり方は大きく異なるのだ。

また、一回のプレゼンテーションで一気に階段を駆け上がることもあれば、
柔道のように、
さまざまな技を合わせながら一本を取ることもある。

この階段を意識しながらプレゼンテーションを行うことは、
確実にプレゼンテーションの達人への道を歩む上で、
絶対不可欠な要素である。

 - チームコーチング

  関連記事

千葉でカッコいい社会人になれる本vol.8に掲載されました 

3月頭にインタビューしていただいた、 『千葉でカッコいい社会人になれる本vol8 …

no image
競争の健全性

昨日『競争と共創』に触れた 書きながら改めて健全な競争の重要さを感じたのだがじゃ …

パワーネットフィールド@塩尻 チームコーチングスタート!

パワーネットフィールド チームコーチング 昨日今日と、 パワーネットフィールド様 …

積極的な傾聴 〜コミュニケーションスキル〜

リスニングでコミュニケーションスキルアップ 今日はリスニングに関するセミナーの実 …

祝!開業2周年 ~Leaders Base Japan~

Leaders Base Japan 開業2周年 おかげさまで、 開業してから2 …

no image
【開催決定】チームコーチングカンファレンス2014

チームコーチングカンファレンスが今年も開催されます 日にちは2014年10月19 …

no image
エンロール(人を巻き込むリーダーシップ) ~チームへのコーチングの挑戦~

エンロールという言葉に出会ったのは28歳のときだった enroll もちろん文脈 …

no image
チームコーチングin富山

本日は富山のお弁当屋さんでチームコーチング 富山・高岡・魚津に弁当を製造・配達す …

no image
上司がやらないことを部下はやらない

本日は子どもを保育園に連れていった出張続きのわたくしめは家にいる日は散歩がてら二 …

no image
サッカー日本代表に観る”競争”の力・”共創”の力

競争と共創 共同創造だけでこの世の中を創ることができたら美しいかもしれないが質の …