チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

報連相がうまくなるたったひとつの問いかけ

   

ビジネスの潤滑油ほうれんそう

ビジネスにおいて、何かの出来事や問題がおきたとき、
あるいは誰かから報告や連絡を受けた時、
場合によって報告連絡相談が必要となります。

ほうれんそうの内容「6W3H」

そして、ほうれんそうの内容については、
6W3Hを抑えることが重要となります。

Why:何のために、なぜ、目的、理由や要因
What:何を、何が起きているのか、事実は何か、内容、問題、出来事
When:いつ、いつまでに、期限や期間
Where:どこで、どんな場面や状況で
Who:誰が、登場人物や主人公、
Whom:誰に対して、対象や影響
How:どのように、手段や方法、手順
How many:どのくらい、大きさや量
How much:いくらで、値段

これが報告連絡相談するときに意識をする6W3Hです。
内容によって押さえなければならない情報は変わってきますから、
すべての内容を伝えなければならないかは状況によりますね。

まず考える2W

しかし、内容に入るまえに押さえなければならない
「2W」があります。

Whom:誰に伝える必要があるか(対象)
When:いつまでに伝える必要があるか。(期限、緊急性)

起きた出来事や問題に対して、
あるいは受けた連絡や相談について、
これらを抑えることが最初のステップです。

報告の内容や手段を考えるのはそれからです。
まずは内容を的確に把握して、
ほうれんそうの必要性を的確に判断しましょう。

2Wを押さえないから起こるトラブル

誰に対していつまでに伝える必要があるのか。
これが明確になっていないがために、トラブルになる。

「なんで言わなかったんだ!」
「俺は聴いていない」
「報告が遅い!」

・・・

報連相がうまくなるたったひとつの問いかけ

報連相はタイミングが重要となる。
そして誰に伝えるか。
だから最初にこれを押さえちゃう。

これが明確になっちゃえば、
相手や状況がどうであっても、
伝えなければならないものは伝えなければならない。

「これっていつまでに誰に伝える必要があるだろうか?」

この一つの問いかけが、
人を報連相の達人にする。

お試しあれ!

20160308_チームコーチング_報連相_LBJ半谷知也photo credit: Popeye Spinach In A Can via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

年間目標設定の効果的なカテゴリ分け

目標を立てる切り口 目標の切り口はいろいろある。 目標設定のフレームワークだ。 …

no image
目的意識の領域

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …

no image
社名入りの封筒で顔を隠して通話する管理職世代サラリーマン

マナーを守ることルールと違い強制力のないマナーは自発的に律していく必要がありその …

no image
受け取った人の反応がコミュニケーションの結果である

コミュニケーションはさまざまな要素からなっている 言葉表情や態度声など 全てが影 …

no image
チームコーチングin富山

本日は富山のお弁当屋さんでチームコーチング 富山・高岡・魚津に弁当を製造・配達す …

no image
チームコーチングin松本

東京や千葉から若干遅れてこの時期は松本はちょうど桜が見ごろ 松本城山ひとつまるご …

会議の枠組み設定 〜ファシリテーションの技術〜

会議の枠組みづくりの重要性 会議には場作りが欠かせない。 どういう条件や前提で会 …

no image
【どうでもいい話】ハンカチを口にくわえて…

トイレに入って手を洗う前にハンカチを出して口にくわえる人をたまに…と …

no image
ビジョンペップトーク

本日はビジョンペップトークの研修に参加してきました PEP TALKとは何か詳し …

組織内の遠慮をなくすために絶対にやらなければならない最初のこと

組織に遠慮はつきもの さて、前回の記事でパワーネットフィールドの、 チームコーチ …