チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

報連相がうまくなるたったひとつの問いかけ

   

ビジネスの潤滑油ほうれんそう

ビジネスにおいて、何かの出来事や問題がおきたとき、
あるいは誰かから報告や連絡を受けた時、
場合によって報告連絡相談が必要となります。

ほうれんそうの内容「6W3H」

そして、ほうれんそうの内容については、
6W3Hを抑えることが重要となります。

Why:何のために、なぜ、目的、理由や要因
What:何を、何が起きているのか、事実は何か、内容、問題、出来事
When:いつ、いつまでに、期限や期間
Where:どこで、どんな場面や状況で
Who:誰が、登場人物や主人公、
Whom:誰に対して、対象や影響
How:どのように、手段や方法、手順
How many:どのくらい、大きさや量
How much:いくらで、値段

これが報告連絡相談するときに意識をする6W3Hです。
内容によって押さえなければならない情報は変わってきますから、
すべての内容を伝えなければならないかは状況によりますね。

まず考える2W

しかし、内容に入るまえに押さえなければならない
「2W」があります。

Whom:誰に伝える必要があるか(対象)
When:いつまでに伝える必要があるか。(期限、緊急性)

起きた出来事や問題に対して、
あるいは受けた連絡や相談について、
これらを抑えることが最初のステップです。

報告の内容や手段を考えるのはそれからです。
まずは内容を的確に把握して、
ほうれんそうの必要性を的確に判断しましょう。

2Wを押さえないから起こるトラブル

誰に対していつまでに伝える必要があるのか。
これが明確になっていないがために、トラブルになる。

「なんで言わなかったんだ!」
「俺は聴いていない」
「報告が遅い!」

・・・

報連相がうまくなるたったひとつの問いかけ

報連相はタイミングが重要となる。
そして誰に伝えるか。
だから最初にこれを押さえちゃう。

これが明確になっちゃえば、
相手や状況がどうであっても、
伝えなければならないものは伝えなければならない。

「これっていつまでに誰に伝える必要があるだろうか?」

この一つの問いかけが、
人を報連相の達人にする。

お試しあれ!

20160308_チームコーチング_報連相_LBJ半谷知也photo credit: Popeye Spinach In A Can via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

価値観の統合① 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-7〜

組織の中の組織 「会社」という単位は、 組織におけるひとつの大きな枠組みと言える …

「スマホやめますか?それとも信大生やめますか?」

問いかけは人生に気づきと発見を促す。 だからコーチは楽しい。 コーチがどのような …

積極的な傾聴 〜コミュニケーションスキル〜

リスニングでコミュニケーションスキルアップ 今日はリスニングに関するセミナーの実 …

ZAKさん講演 Vol.01 〜Silicon Valley Tour 2017〜

またまたPlug and Play というわけで、 今日もPlug and Pl …

no image
レディガガのプロ意識 ~チームコーチングによる組織変革~

久しぶりにスマスマを観た ビストロスマップにレディ・ガガが出演していたから とて …

アトラス設計&カイ設計 チームコーチング2期3回目 

本日はアトラス設計・カイ設計にてチームコーチングでした。 2期目をスタートして3 …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

チームコーチングで組織の価値観を設定・共有

チームコーチング@内藤城 1月から実施している、内藤城松本事業部のチームコーチン …

no image
DiSCコミュニケーショントレーニング@構造&意匠設計事務所

本日チームコーチングを実施しているアトラス設計とカイ設計にてDiSCを使用したコ …

セミ取り名人に学ぶリーダーシップのひとつのあり方

コーチング講座収録 ~あり得ないところにセミ~ 先月のある日、 コーチング講座を …