チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

小林創建チームコーチング 〜Season3-Last〜

   

20160223_チームコーチング_チームの解散_LBJ_半谷知也

小林創建チームコーチング

本日は、長野県松本市に本社を置き、
長野県の住宅を手掛ける優良工務店、
小林創建のチームコーチングSeason3の、
最後のセッションだった。

半年間に渡ってチームコーチングセッションを実施。

今日は節目をつける大事な一日でした。

混乱はチームのチャンス

古いモノを手放し、新しいモノを掴んでいくためには、
さまざまな葛藤を乗り越えていく必要がある。

慣れ親しんだ仕事のやり方。
たくさんの正しい意見。
今までの人間関係。
組織や仕組み。
あるいは人そのもの。
コミュニケーション。

古いやり方や考え方の中には、
新しい成果は生まれない。

今までとは違う次元の成果を手にしていくためには、
あるいはまったく違う動きを見せる時代や世の中に対応していくためには、
新しいやり方を選択していく必要があるのだ。

ゆえに、当然ながら混乱がやってくる。

終わり→混乱→始まり

新しい流れを創っていくためには、
今までの古いことを終わらせなければならない。

しかし、
多くの人や組織は、何が古いものなのかに気づかない。
そして気づいたとしても、
それを手放すことへの恐れや不安を強く感じ、
さまざまな理由をつけて抵抗や反発を繰り返す。

今までのやり方には、たくさんのメリットがある。
たとえそれが、
もううまくいっていないと判っていたとしても、
どうしても続けたくなるのだ。

最大のメリットは、
ラクだから。

変えなくていいというのは、ラクなのだ。
そしてなんだか安心だ。

しかし、
本当に新しいところへ行く必要があるのであれば、
終わらせなければならないことに気づき、
腹をくくって終わらせなければならない。

そして混乱がやってくる。
新しいモノをつかめるかわからない不安があるし、
そもそも何をしていいかわからないし、
新しいことのやり方もわからない。

その混乱を、
暗中模索をしながら、
新しい物をつかむべく、
ここでこそ、
一致団結する必要があるのだ。

しっかり終わらせて、
混乱に腹をくくったものだけに、
新しい未来がやってくる。

混乱の最中は全体が見えなくなるもの

混乱の最中は、
目先のことにどうしても目を奪われる。
「なんとか今起きていることに対応しなければ…」
という状況でもあるし、心理状態にもなる。

しかし、混乱はプロセスに過ぎない。
つまり、大きな流れの中での一部なのだということを、
知っている必要がある。

この混乱の先に何があるのか。
そこにどのような可能性があるのか。

それを見続ける人物が必要だし、
見せる人物が必要だ。

まとめ

頭を突っ込んでいると、全体が見えなくなる。
しかしそんなときに全体を見せることができるのが、
チームコーチの大きな役割のひとつ。

そんなことを改めて実感した小林創建の最終回。
新しいカタチの区切りの時間でした。
今後の展開が楽しみです。

 - チームコーチング

  関連記事

チームコーチングに関するインタビュー@富山ユニオンランチ

富山県富山市にあるユニオンランチ。 去年の7月から11月まで計4回、5日間の日程 …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その1) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

PHPビジネスコーチ養成講座 今日は久しぶりに受講生。 私はPHP研究所のビジネ …

組織がひとつになることと仲良くなることは別のこと ~チームコーチングで組織をひとつに~

集団をチームへ 組織というのは、人の集まりだ。 そして、何らかの枠に収められる。 …

イエローハット鍵山秀三郎氏から学ぶリーダーシップ (有名だけど・・・)

今日は対外的な仕事初め。 リーダーシップ研修。 「リーダーシップって何?」 「率 …

no image
数倍速での組織変革を可能にするチームコーチング

チームコーチングは組織を丸ごとコーチングする手法 チームコーチングはグループコー …

社員のモチベーションを高める要素

いつもはひとりひとりコーチングを実施するのですが、 本日は趣向を変えて・・・ 社 …

no image
写真スタジオ「内藤城松本」チームコーチング

写真スタジオ チームコーチング 内藤城去年の12月より、 松本市の写真スタジオ、 …

事実≒解釈→事実≠解釈

photo credit: In The Shadow Of Your Wing …

チームを結成したら明確に掲げなければならない目的 ~2015札幌よさこいソーラン祭り~

本日は久しぶりに北海道へ。 明日のイベント出席のために来たのだが、 なんと運のい …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル②~

さて、SMARTモデルの続き。 昨日のブログではSpecific(具体的であるこ …