チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

チームには解散が必要だ 〜チームコーチング〜

      2016/02/25

永遠につづくチームはない

チームは必ず、結成のタイミングがある。
そして、結成のタイミングがあるということは、
かならず解散するときがくるということ。

20160224_チームコーチング_チームの解散_LBJ_半谷知也

スポーツのチームも、
会社組織も、
プロジェクトチームも、
あらゆるチームは解散する。

メンバーが変わればチームは解散

もちろん、
「いや、私の少年野球チームは30年続いていますよ」
ということがあるかもしれない。

そう、箱はあるかもしれない。

しかし、かならずメンバーは入れ替わっているはず。
メンバーが変わるその時点で、
チームは解散である。

メンバーがひとり抜けても、
メンバーがひとり入っても、
もちろん入れ替わっても、
チームは一旦終わりを迎える。
迎えなければならない。

節目でも解散が必要

メンバーが入れ替わらなかったとしても、
節目を迎えたら一旦解散。

例えば、決算を迎えた時。
例えば、半期を終えた時。

必要に応じて、一度解散して、
そして改めて結成する。

解散は重要な儀式

チームは必ず、目的があって招集され、
そしてチームであれば共通の目標を持っている。

目的と目標がどのレベルで達成されているのか。
そしてそのプロセスにおける成果と学習はどのようなものがあるのか。
さまざまな未完了の出来事は何か。

そして、
「このチームはこれで区切りですよ」
と、しっかりと節目をつけるひつようがある。

チームの解散で何をするのか

では解散では何をするのか。

成果の確認

チームとしてどのような成果を出したのか。
個人としてどのような成果を出したのか。
目標に対してはどのような達成度であったのか。

こういった結果に対する事実を明らかにする必要がある。

要因の分析

何がうまく行ったのか。
なぜうまく行ったのか。

何がうまくいかなかったのか。
なぜうまくいかなかったのか。

未完了の完了

すっきりしていないこと。
もやもやしていること。
怒りや悲しみの感情。
混乱や反発の感情。

こういったことは表現されていく必要がある。
その場でスッキリするかはわからないが、
スッキリしていくために支援できることがあるかもしれない。

また、口にできるだけでもスッキリするものだ。

これが内在されたままでくすぶったまま解散すると、
後になって思わぬ火種やトラブルが起きる可能性がある。

強みや成長の洗い出し

このプロセスにおいて…、
どのような強みを発揮したのか。
どのような強みが芽生えたのか。
どのような成長を遂げたのか。

※それぞれ、個人/チームという観点で。

テーマや課題の洗い出し

このプロセスから…、
どのような課題が見えるか。
やり残したことは何か。
成長しなければならないことは何か。

承認

成果に対する承認をすること。
達成度は0%でなければ、承認する材料がある。
積み上げたものに対して、しっかりと認めていく必要がある。

成果に対するどのような貢献をしたのか。
チームに対するどのような貢献をしたのか。
世の中に対してはどのような貢献をしたのか。

今後にどう活かすか

このプロセスで得た経験、強み、学びを…、
今後どのように生かしていくのか。
次の同じような機会にはどのように活かせるか。
違う機会にどのように活かすのか。
その他どのような可能性があるのか。

感謝

お互い(チームメンバー)に感謝していることは何か。
自分自身にどのような感謝の言葉を与えるか。

____________

これらをすべて扱えればかなりバッチリのチームの解散ができるはずだ。
そして、時間はかける必要がある。
これを丁寧にやらないと、何かが無用に傷ついてしまう可能性がある。

チームは流れ解散になりやすい

「チームには解散が必要だ」
ということに気づいている人は非常に少ない。

そして私たちは、たくさんの組織を行ったり来たりしながら生活する。
だからこそ、この移り変わりも当たり前の出来事になってしまう。

「そういえばいつの間にか終わっていたよね」
という状態である

解散のススメ

飲み会や打ち上げだけで終わらせるのでもなく、
しっかりとチームの完了(解散)をしていくこと。

それは、
チームのメンバーや組織そのものが、
さらに活躍していくための糧となる。

というわけで、
チームはしっかりと解散しましょう…。

「チーム解散のススメ」でした。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
上司がやらないことを部下はやらない

本日は子どもを保育園に連れていった出張続きのわたくしめは家にいる日は散歩がてら二 …

no image
受け取った人の反応がコミュニケーションの結果である

コミュニケーションはさまざまな要素からなっている 言葉表情や態度声など 全てが影 …

ゆとり世代の新入社員研修

今年も、新入社員の季節になりました。 サクラと共にやってくる彼らは、 毎年、組織 …

no image
NLPマスタープラクティショナー再受講@大阪

4年ぶりのNLPマスタープラクティショナー 本日より、NLPマスタープラクティシ …

トップオブコーチング PHP研究所

トップオブコーチング。 PHP研究所において、コーチング養成講座を卒業した人たち …

DiSCコミュニケーション研修@写真館

DiSCコミュニケーション研修@内藤城 本日は、松本市にある写真館、内藤城長野事 …

no image
止まって観る心の余白

人生において『止まる』時間をどのくらい持っているだろうか 私は毎日忙しくしている …

no image
人生初の全身麻酔体験  ~チームへのコーチングの挑戦~

人生初の全身麻酔体験 37年連れ添った僕の扁桃腺 慢性的な炎症を起こすので今日で …

PDCAサイクルは何が難しいのか??? ~チームコーチングで真のチームづくり~

PDCAサイクル 言わずと知れた、 Plan(計画) Do(行動・実行) Che …

no image
ファールボールには十分ご注意ください

昨日はQVCマリンフィールド 千葉ロッテvs埼玉西武の試合 もう20年も前の話に …