チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

組織の意思決定 〜チームコーチングの技術〜

   

決まらない会議

決まらない会議を繰り返す組織をたくさん見てきた。
原因はいろいろあるが…。

大きな理由のひとつは、
「会議の枠組み」をしっかりと創らないこと。
何を話す会議なのか。
何を決める会議なのか。
時間はどのくらいかけるのか。
誰がどのような役割を担うのか。

こういった重要なことに同意をする前に、
多くの会議はこんなふうに始まっていく。

声の大きな人が、
興味がある内容を口にし、
あるいは興味のある内容に食いつき、
そのまま一番最初に口にされた話題で、
かなり多くの時間が割かれ、
結局本来重要なことはほとんど話がされないまま、
出た議題も枝葉に別れ、
時に発散し、
結局何も決まらずに、
「また次回」みたいなことになるわけだ。

そしてもうひとつの大きな理由は、
「意思決定の方法」
が明らかになっていないことだ。

意思決定の方法の種類

コンセンサス/全会一致

組織の意思決定でもっとも有力で効果的なのは、
なんといってもコンセンサス。

まったく妥協すること無く、
全員がすべての事柄に納得して、
物事を決めていくこと。

全員が心から納得しているので、
実行に移した時の行動の一貫性を保つことができる。

少数精鋭で意思決定をする手段としては、
これができればベスト。

ただ、大きな組織であれば、
本当の意味での全会一致をつくるのは至難の業だ。

多数決

民主主義の世界では一般的な多数決。
選挙もちょっとした意思決定も、
すべて多数決で決まる。

メリットは、ある時点で明確な最終決定ができるということ。
デメリットは、少数派になった人の意見が反映されづらいことと、
少数派の納得感がないまま行動に移ることがあるので、
組織の一体感を持って行動し続けることが難しい。

意思決定者による決定

最終的な意思決定者が存在して、
その人が最終的な決断を下すというもの。

メリットは、間違いなく意思決定できるということと、
決断までのスピードは最も早くすることが可能だ。

デメリットは、
意思決定者に対する信頼がない場合、
組織が全くまとまらないということが起こる。
また、十分に配慮しないと、
反対勢力の不満が噴出する可能性もある。

意思決定の方法を決める

決める会議をするのであれば、
意思決定をどのようにするのかについて、
全員が納得していることが必要。

例えば、
60分議論して基本的にはコンセンサスで決める。
決まらない場合は、60分経った時点で多数決。

60分を3回に分けて会議ののち、
最終的には部長が決断を下す。

どれだけ時間がかかってもコンセンサスで決める。

など

ここで大事なことは、
この議論の時間は適切かを、
しっかり見極める必要があるということ。

組織のルールとして、
基本的な意思決定の方法を決めておくというやり方もある。
あるいは、
議題ごとに意思決定の方法を決めるというやり方が適切かもしれない。

意思決定の責任

そして最も重要なことは、
どのような方法で決めたとしても、
最終的な意思決定には、
メンバー全員が責任を取るということに同意させること。

「多数決の少数派だから、私はやらない」

ということは、言葉にはしないが、
心の奥底で無意識に起こること。

ここに釘を刺す必要がある。

議論して、決定した結果には、
全員が全面的に責任を取ること。

これを冒頭の枠組みづくりで、
全員が同意する必要がある。

20160209_チームコーチング_組織の意思決定_バックトラック_LBJ_半谷知也photo credit: Decide via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

no image
絵本を書いて親友を救う ~世界を変えるTV~

何気なく見ていた世界を変えるTV ある6歳の少年が「病気の親友を救いたい」という …

報連相がうまくなるたったひとつの問いかけ

ビジネスの潤滑油ほうれんそう ビジネスにおいて、何かの出来事や問題がおきたとき、 …

藤沢秀行氏 囲碁の神様の生き様からイノベーションを学ぶ

成功の偉人史 ~日本が世界に誇る30人(日本テレビ)~ 昨日何気なく観ていたテレ …

イエローハット鍵山秀三郎氏から学ぶリーダーシップ (有名だけど・・・)

今日は対外的な仕事初め。 リーダーシップ研修。 「リーダーシップって何?」 「率 …

リーダーシップトレーニング

リーダーシップトレーニング@丸の内どまんなか 今日は丸の内のとある企業(といって …

no image
個人事業主スタート1周年

独立してはや1年が過ぎました 『独立』っていろいろな考え方があると思うのですが個 …

出版しました!『子供が自力で受験を突破する親からの問いかけ109』

ご報告が遅くなりましたがなんと…出版いたしました! タイトルは『子供 …

チームコーチングにおける個別のコーチングセッション@パワーネットフィールド

パワーネットフィールド チームコーチング というわけで今日は、長野県塩尻市。 チ …

no image
DiSCコミュニケーショントレーニング@構造&意匠設計事務所

本日チームコーチングを実施しているアトラス設計とカイ設計にてDiSCを使用したコ …

no image
「走りながら考える」文化!?

今日はとある企業の研修 PDCAサイクルを回すことの重要性を確認していたときのこ …