チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

比較の論理

   

比較の人生

人は一杯比較される。
子供の頃か否応なくたくさん。

兄弟の比較が、兄弟がある人は最も早くに。
そうじゃなくても、友人との比較。
過去の親との比較。
過去のその人との比較。
同僚との比較。
先輩との比較。
後輩との比較。

実にさまざま。
ひとは比較の人生をどうしようもなく歩む。。

自分の意思とは関係なく、
人との比較に、人は一喜一憂するものだ。

比較はわかりやすい。

でも比較は…、
苦しいもんだ…。

あいつと比べてお前は…

何の悪気もなく、人は人と人とを比べる。

同期のあいつと比べると、あーだこーだ。
俺がおまえくらいの時はあーだこーだ。

比較は、自分が何か至らない時に、
だれかと比べられることが非常に多い。

今のお前はだめだ。
あいつを観てみろ。
あいつはできている。

だから、あいつみたいにしろ。

つまり、今のお前はダメだから、
あいつみたいにしてくれというわけだ。

これで誰のモチベーションが上がるだろうか…。

あるいは、
今のおまえはあのあいつと同じ状況だと示されるわけだ。

否定的な比較は、幸せな人間を一人も生まない。

比較される対象のあいつも、
そして、比較される自分自身もだ。

比較してほめられる

比較してほめられるのはどうだろうか…。

あいつと比べてお前は大したもんだ。
あいつはダメだけど、お前はすごい。
◯◯よりもすごいよなぁ。

一時的には嬉しい感じがするかもしれない。

しかしいつか気づく。
自分も比較される対象であることに。

目の前では自分のことをほめてくれているけれど、
別のところでは、他の人を称えるための道具になっているかもしれない。

◯◯よりすごいよなぁのその◯◯に、
自分がなっているかもしれないわけだ。

人との比較で褒めるということは、
必ず他の誰かを傷つけている。

比較は便利だけど…。

比較は便利でわかりやすい。
比較は明確な基準をしめすことができる。

でも…、
必ず傷つく人を生んでいる。

無意識にあたりまえに、
比較の評価はし易いところだけれど、
比較の評価はかなり代償の大きな諸刃の剣。

部下には絶対的評価を

誰かとの比較ではなく、

何が長所なのか。
何が強みなのか。
何が素晴らしいのか。

どんな能力を身につけなければならないのか。
何が弱みなのか。
誰に何を保管してもらう必要があるのか。

それぞれ、絶対的に考える必要がある。

人は役に立ちたいもの

人は役に立ちたいと思っている。
自分の脳力や強みを活かして、
どのように世の中の役に立てるのかということを、
実は常に模索している。

比較はそれを打ち消す。
だからこそ、絶対的な評価が必要だ。
人は比較したくなる。

なぜならわかりやすいから。
なぜなら楽だから。

組織が勝利していくためには、
面倒臭さを手放して、
比較を手放して、
絶対的な評価で人の力を存分に生かしていく必要があるのだ。
15222904972_f5c867cc70photo credit: LaFerrari + Enzo via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

優れた監督は本物のコーチングを使う

プロフェッショナル 〜サンフレッチェ監督 森保一〜 先日のプロフェッショナルの主 …

no image
働き方改革って…

働き方改革 「いやぁ、うちの会社、ブラック企業で…」 こんな会話は今どきのものだ …

絆を深めるパパママインタビュー 〜過去のこと編〜

インタビューをしてみる 今日は実際にどのようにインタビューをするのか。 何を聴く …

no image
チームコーチングin松本

本日は松本の住宅メーカーにて経営責任者チーム6名のチームコーチング3日目(セッシ …

no image
日米首脳会談⇒共同記者会見にみるオバマ大統領の影響力

本日行われた共同記者会見 内容はもちろん非常に興味深かったのだが阿部首相とオバマ …

no image
写真館のためのコーチングセミナーin横浜

写真館のためのコーチングセミナー 本日は、写真業界のイベント『フォトネクスト20 …

恩師との豊かな時間

今日は長野県松本市。 3年前までサラリーマンとして働いていた街。 『株式会社アク …

no image
チームコーチングin富山

本日は富山のお弁当屋さんでチームコーチング 富山・高岡・魚津に弁当を製造・配達す …

組織のリーダーシップに欠かせないこと 〜コミュニケーションはリーダーシップVol.4〜

組織でリーダーシップを発揮するために必要なこと 「私はこの組織において、このこと …

自分のスタイルを発揮する

本日は美容室へ。 こちらいつもカットをお願いする店長さん。 いつもおそらく…、 …