チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

人生をコントロールする先行管理の力

   

先行管理はPDCAサイクルの<P>

PDCAサイクルは、おそらく大方のビジネスマンが知っているサイクル。

Plan<計画>
Do<実行>
Check<確認・分析>
Action<改善行動>

多くの人が知ってはいるが、
多くの人ができてはいないサイクル。

たくさんのセミナーでたくさんの人に出会って、
「どこが得意?」とか「どこが苦手?」
なんて問いかけを投げてみる。

答えは割れる。
まあ実際に得意不得意はあるのだろう。

でも私の見解としては、
得意不得意は別として、
多くの人は<Do>にハマっている。

その結果、
<Plan>と<Check>の時間が取れない。

もう少し正確に表現すると、
時間を取らない。
止まることが恐いのだ。

「とにかく行動あるのみ」
「実行で成果が生まれる」
「動きながら考えろ」

こんな文化は、いまだにビジネス社会にはびこっている。

実際には行動できるものが成果をつくる。
行動のないところには成果は生まれない。

しかし、
その行動は、<Plan>つまり先行管理によって、
爆発的にその高価を高めることができる。

先行管理って何?

では先行管理って何か。

先行管理とは、
未来で起こる出来事を自ら創り出しコントロールすること。

人は出来事にコントロールされている。
起きる出来事に対応していくことが、
多くの人がやっていること。

でも先行管理の考え方は、
出来事は自らつくるものであるということ。

先行管理の範囲

先行管理は、長期的なものを基にしながら、
短期的なものを行っていく。

私も、
3年、5年を見据えた上で、
1年を計画し、1ヶ月を計画し、1週間を計画し、1日を計画する。

ではどの範囲を先行管理するのか。
それは人や立場によって様々。

“一般的に”
会社組織では、立場や役職が上がってくるにつれて、
みなければならない範囲は当然増えてくる。

社長や役員クラスは、
5年10年、あるいはそれ以上といった、
かなり長期的な視野で先行管理をする必要があるし、
部長以上は3年
課長以上は1年
係長や主任は3ヶ月。
一般社員は1ヶ月。

これらはあくまでも目安だが、
このくらいの視野を持って物事を動かしていく必要がある。

「そんなこと言っても、
5年先なんて何が起こるかわからないから『今を生きる!』」

なんて人もいるだろう。

今を生きることは非常に重要だ。
動かせるのは“今”だから。

そして、
ここで言いたいことは、『視野を持っておく』ということ。

「◯年後はこうなっていそうだなぁ」
「会社がこうなっていたらいいなぁ」
「こうしている必要があるよなぁ」
「自分はこんなふうに成長していたらいいなぁ」
「こんな可能性もあるなぁ」
・・・

具体的にするかどうかは別として、
展望を持っておくことは大事なことだ。

そうでないとどうしても、
未来を自分で創り出すということが弱まり、
行き当たりばったりになったり、
後手対応になったりと、
起きてしまう出来事に対応しなければならない度合いが増す。

まずは先行管理を始めること

今日という1日を、望む状態にするのであれば、
必然的に起きてほしいもっと長い未来を予測する必要がある。

「今日のことすら考えてないよ」
という人はまずはここから。

「今日終わる時点で何が終わっていたり、
何が手に入っていたりするといいでしょうか」

それに慣れたら、1週間、1ヶ月と、
視野を広げていけばいいだけのこと。

先行管理は、まずは一歩目を踏み出すことからはじめましょう。
1日15分。わずか1%です。
その時間を、人生を豊かにするための時間として自分に費やしていきましょう。

20150102_チームコーチング_先行管理_半谷知也_LBJphoto credit: Time via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目④

さてさて、阿部フォトグラフィーの最初のチームコーチングのお話しです。 忘れもしな …

プロセスを踏んでレベルアップしていくコーチング

単発で終わらないコーチング コーチングは単発でやることもあるが、 多くの場合は定 …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル③~

目標設定のためのものさし、SMARTモデル。 残すところあと2つ。 Releva …

no image
上司がやらないことを部下はやらない

本日は子どもを保育園に連れていった出張続きのわたくしめは家にいる日は散歩がてら二 …

写真館のチームコーチング@内藤城・松本

本日は松本の写真館、内藤城にて、7回目のチームコーチング。 組織としての方向性を …

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.2

コーチングにおける理念体系 「理念」 というのは、微妙に解釈が異なるので、 「理 …

no image
なんとも嬉しいチームコーチングの成果 ユニオンランチ@富山

チームコーチングの成果 去年チームコーチングを導入していただいた、 富山のお弁当 …

「2017年の目標を3連休で」のススメ

一年の計は元旦にあり 「一年の計は元旦にあり」 なぁんて言葉がありますが、 36 …

日大アメフトタックル問題で日大学生は就職のピンチなのか?

日本大学アメフト部のタックル問題 日大アメフトのタックル問題が世間を騒がせている …