チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

チームのベクトルとは???

      2015/12/02

チームコーチング@パワーネットフィールド

本日は、長野県塩尻市の人材派遣会社、
パワーネットフィールドを先導する、
経営トップチームのチームコーチング。

7月にスタートしたチームコーチングは、
早くも5回めを迎えました。

20151130_チームコーチング_パワーネットフィールド_半谷知也

合わないチームのベクトル/方向性

チームの方向性という話はよくされます。

「方向性を合わせることが大事」
「チームのベクトルが…。」

でも、『方向性』とか『ベクトル』って何のことなのか、
よくわかっていない人があまりにも多い。

この言葉、なんとなく理解している。

この言葉の定義すらわからないので、
世間一般ではそもそもあいまい。

チームのベクトルや方向性が合っている組織は、
世の中にほんの一握りなのではないかと思います。

チームのベクトルって???

さて、ベクトルとは、これのことです。

「何のための」という存在理由や使命あるいは役割
「どのような状態をつくるのか」というビジョン
「何を大事にするのか」という信念や価値観、メンバーの意識
「何を達成するのか」という目標
「どのように達成するのか」という戦略

なんて簡単!

チームの方向性には共有の段階とレベルがある

そして、
「ベクトルが合っている」
というのを、何をもって言うのか。

共有の段階には3つの段階があります。

1.認知
2.理解
3.所有

チームベクトルの認知

認知というのは、
『知ってます』
という段階。

こういう言葉ですよね。
見たことあります。
聴いたことあります。

というレベルです。

自分の組織の方向性をどれくらい知っているのか。

これが最初の段階。

チームベクトルの理解

認知の次は理解です。

これは知っているだけではダメです。
その言葉や数字に、どのような意味があるのか。

自分の言葉で語れる状態です。
言葉や数字は曖昧です。

その言葉の持つ、組織における意味がわかっているという状態。
これが第2の段階です。

チームベクトルの所有

そして理解の次は所有。
すなわち実践です。

その方向性を自分事として実践しているというレベル。
つまり当事者意識をもち、
チームのベクトルにそって、
自発的に行動しているということ。

最終的には、この所有が起きなければなりません。

言葉は知っていても内容の意味をしらないと意味が無いし、
内容の意味を知っていても、
「やらないけどね」とか「私には関係ないけどね」
って思っていたら何の意味もないということです。

所有度を確実に上げてきた5ヶ月間

パワーネットフィールドのトップチームも、
曖昧であったこれらの内容の共有を、確実に積み上げてきました。

そして今日取り組んだ内容は、
チームの大戦略。

さらに組織がチームとしてひとつにまとまった一日でした。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
受け取った人の反応がコミュニケーションの結果である

コミュニケーションはさまざまな要素からなっている 言葉表情や態度声など 全てが影 …

no image
『一を聞いて十を知る』 コミュニケーションの幻想 ~チームへのコーチングの挑戦~

『一を聞いて十を知る』 意味を調べてみると 『一を聞いて十を知るとは、物事の一端 …

no image
写真スタジオ「内藤城松本」チームコーチング

写真スタジオ チームコーチング 内藤城去年の12月より、 松本市の写真スタジオ、 …

アサーティブコミュニケーション 〜発信の技術〜

本日は大阪で、 アサーティブコミュニケーションのトレーニングをやってきました。 …

no image
新入社員予定者研修 ~有望なゆとり世代~

本日は某大手ゲームメーカーの新入社員予定者研修を行ってまいりました ゆとり世代と …

no image
コーヒーの値段が同じならばサービスがいい方を選ぶ

本日とあるコーヒーチェーンにて 店を出るときにトレイとカップを返す カウンター越 …

no image
子どもに掛ける言葉の工夫 「片づけて」と「もどして」

朝の時間にゆとりがあるときはごちそうさんを見たあとにあさいちを観ながら1日のプラ …

no image
働き方改革って…

働き方改革 「いやぁ、うちの会社、ブラック企業で…」 こんな会話は今どきのものだ …

no image
枠組みの力 ~チームコーチングによる自発的組織改革~

本日の日経新聞 春秋にこんな記事が載っていた 五輪が世界のトップ選手の技を全員で …

エトス・パトス・ロゴス 効果的なプレゼンテーション ~NLPマスタープラクティショナーの学習~

NLPマスタープラクティショナー受講 今週は、NLPマスタープラクティショナーの …