チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

リーダーシップトレーニング

      2015/11/29

リーダーシップトレーニング@丸の内どまんなか

今日は丸の内のとある企業(といっても山ほどあるけど…)で、
マネージャークラス17名のみなさまに、
リーダーシップのトレーニングをさせていただきました。

窓の外はこんな感じ。
すべての新幹線が見下ろせる素敵なところです。
20151127_チームコーチングリーダーシップトレーニング_プロロジス_02_半谷知也

リーダーとしての意識・あり方

リーダーシップは意識です。
そして、変革の切り口はたくさんある。

今日は成果を生み出すためのあり方の基準を8つ。

1.ビジョンを描く
2.正直
3.シェアする
4.参加100%
5.冒険
6.責任
7.パートナーシップ
8.コミットメント

そしてこの基準からどのように生きるのかを、
参加者それぞれが探求していく。

今の自分はどうなのか。
何が自分のテーマなのか。
これからどのように生きていくのか。

このためのひとつの基準。
リーダーシップに関する物差は、世の中にたくさんある。
これはそのうちの一つ。

リーダーシップのトレーニングで大事なこと

物差しははっきりいってなんでもいい。
有用だなぁと思うものはたくさんある。
だからこそ、何をやるのかを決める必要がある。

あれもいい、これもいい。
いろいろとつまみ食いが一番たちが悪い。

これと決めたら、それを徹底的に生きること。
これが大事。

今回はこの8つの要素。

トレーニングに参加したみなさんは、この物差しを気に入った様子。
あるべき姿と現状を認識することで、意識変革は生まれる。

そう、意識は変わる。
「こうしよう」
「こうしてみたい」
「こうすべきだ」
「やってやろう」
「これを使ったらうまくいくに違いない」

意識を一時的に変えるのは、そんなに難しいことではない。

変化が持続する仕組みをつくる

この意識変革が、いかに持続するか。
この仕組をつくらなければならない。

意識が変わったら、その意識で何かを決めること。
高い基準から、目標やプランを具体的に設定してしまうこと。
これがまずひとつの大きなカギ。

それを成し遂げていけば、自ずと今までとは違う成果が生まれていく。

そして、フォローを具体的に決めること。
つまり振り返る仕組み。

「1ヶ月後に誰とどのように振り返り、誰に報告するのか」など。

つまり、結局はPDCAなんですけどね…。

それを具体的に決める。

そしてさらに、それを俯瞰的にフォローできる人がいるといい。
誰が何を決めて、いつどのように振り返るのか。

その振り返りが実際にされたのかどうか。
されたのであればどのようにされたのか。
されていないのであれば、「やれ!」と促せる人。

これでひとまずはうまくいく。
意識の変革は一発ではダメ。

竹の節をつけていくように、コツコツと積み上げていかねばならない。

 - チームコーチング

  関連記事

初心忘るべからず ~チームコーチング~

昨日今日と2日間、PHP研究所(東京)にて若手社員研修を実施してきました。 久し …

ソフトバンク日本一に観る工藤監督のマネジメント

ソフトバンク日本一 ソフトバンクホークスが日本一に輝いた。 工藤監督は就任一年目 …

組織においてやりたい仕事をするためには②

前回からの続き(前回ブログ) やりたいことをやるために 前回のブログで挙げた、 …

好きこそものの上手なれ

どうも、半谷でございます。 昨日は久しぶりに、大学院生の友人と会いました。 どう …

質問の工夫が部下のパフォーマンスを変える 〜コーチングで組織マネジメント変革〜

コーチング研修で最初の質問は? 今日はコーチング基礎講座の実施。 「今日はなんで …

no image
牛に引かれて善光寺

牛に引かれて善光寺参り 今日は 私が8年前にサポートした アクト(松本)のリーダ …

no image
チームコーチングin松本

東京や千葉から若干遅れてこの時期は松本はちょうど桜が見ごろ 松本城山ひとつまるご …

チームを高める個の力 ~チームコーチングで本物のチームを~

昨日テレビを見ていたら、加藤浩次が日本サッカー協会の原さんと話をしていた。 アギ …

年間目標設定の効果的なカテゴリ分け

目標を立てる切り口 目標の切り口はいろいろある。 目標設定のフレームワークだ。 …

no image
主体的に生きるということは…。

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …