チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

理解をつくる粘り強い対話①

      2015/11/16

「どうやればうまくいきますか?」

「どうやったらこんな上司とのコミュニケーションがうまくいくでしょうか?」
「どうやったら妻ともっとわかりあえるでしょうか?」

コミュニケーションに関する講座を担当していると、
こんな質問をよく受ける。

残念ながらコミュニケーションの鉄則はない。
逆に言えば、ありすぎる。

だからコミュニケーションの手法を教えるときや学ぶときは、
それがたくさんの引き出しの一つであることを理解していなければならない。

理解は対話で深まる

人が理解し合うには、対話が必要だ。
一方的なコミュニケーションではない。
双方向である。

しかし、対話は必ずしも他人との間だけで必要なものではない。

まずは自分との対話

人は多くの場合、自分との対話が上手ではない。
「必要ない」って思っている。
「そんなのわかっている」って思っている。

しかし、自分の言いたいことがわからない、
あるいは、話しているうちに何が言いたいのかわからなくなった。
なんてことはよくあることではないだろうか。

人に対して話す前に、
まずは自分が何を伝えたいのか。伝えるべきなのか。
誰に伝えたいのか。伝えるべきなのか。
なぜ伝えたいのか。伝えるべきなのか。

こういったことを明確にするといい。

そして他人との対話

自分が誰に何をなぜ伝えたいのかが明らかになったら、
その相手や状況に応じて最もふさわしい”伝え方”を選べばいい。

そして、伝えたい事が一発で伝わると思ったら大間違い。
伝えたかったことがきちんと伝わるまで、
手を変え、品を変え、伝え続ける必要がある。

では、『きちんと伝わった』というのはどうやったらわかるか。

ここが独りよがりになりやすいところ。
相手の表情や口調、あるいは自分の感覚。
こういったもので測っている場合が非常に多い。
あるいは、安易な問いかけ。

「大丈夫?」
「わかった?」

こんな問いかけをすれば、(立場や性格にもよるが…)
多くの場合は、「はい」って言う。

しかし多くの場合は、
「キチンと伝わって」はいない。

ここで人と人の間には『誤解』が生じる。

誤解とは誤った解釈のこと。
本当は双方の解釈が一致していないにもかかわらず、
あたかも一致したかのようにやり過ごしてしまう。

このことによりひずみがうまれる。
そしてひずみはひずみを呼ぶ。
最初はちょっとした歪であったとしても、
気づくと取り返しの付かないことになっていることもある。

誤解は最初の段階で、
出来る限りを減らしておく必要がある。

そのためには、
「大丈夫?」とか「わかった?」
ではなく、
「何が伝わった?」「何を理解したか教えて?」
と聴く必要がある。

さて長くなったので続きは明日(こちら)。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
優れたリーダーは積極的に自己承認する

コーチングにおける承認 『正当または事実・真実と認めること』(広辞苑より) 似て …

no image
チームコーチングin富山

本日は富山のお弁当屋さんでチームコーチング 富山・高岡・魚津に弁当を製造・配達す …

コーチング応用Ⅱ再受講@株式会社アクト松本

コーチング応用Ⅱ受講 アクト松本 2日間コーチングの武者修行へ行ってまいりました …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …

no image
思い込みのパワーが組織を変革する

情熱大陸 とか スーパープレゼンテーション とか プロフェッショナル カンブリア …

セミ取り名人に学ぶリーダーシップのひとつのあり方

コーチング講座収録 ~あり得ないところにセミ~ 先月のある日、 コーチング講座を …

アトラスグループ チームコーチング 2nd_Season 完了セッション

チームコーチングで目標達成! 去年の7月よりおよそ1年間、サポートさせていただい …

no image
東日本大震災より丸3年

タイトルにまずはこう書いてみたもののこの先に何と続けてよいかわからない ・・・ …

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう

コーチングはテクニックだけではどうにもならないことがある コーチに必要なこと、求 …

望ましい言動を習慣にする

無意識に「いらっしゃいませ」 「いらっしゃいませ〜」 とあるコンビニの店員さん。 …