チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

人のやる気を左右するフィードバックの力

      2015/11/08

ちょっとしたことで下がるモチベーション

「おまえはいつも電気を消し忘れる…」
実家に住む私がよく言われることだ。

たしかに消し忘れることはあるが、
”いつも”ではない。

むしろ、他の家族が消し忘れた電気を積極的に消すし、
指差し確認ほどはしないが、
まだ他に使っている家族がいるにもかかわらず、
間違えて消してしまうほど、
電気を消すことはかなり意識をするし、体に染み付いている。

「いやいや、いつもじゃないし」
「たまたまだし…」
「わかってくれてないなぁ…」

9割以上はできていることが、
たまの1回を捕まえられて、
「おまえはやってない/できていない」
と言われると、がっかりする。

人の目は不足に向くもの

電気が消えている状態。
これは家族にとって望ましい状態であり、当たり前の状態。

だから、消えていたとしても気にも止めない。
しかしたまに付いていると、
気になる気になる気になる。

だから、たまにあった1回を、
まるですべてかのように捉えてしまう。

望ましい状態は当たり前。
望ましくない状態は不足や欠点。

ひとは当たり前は指摘しないが、
不足や欠点は自然反応的に指摘したくなる。

これが、承認と批判(指摘)のアンバランスを生む。
一般的に言えば、
褒められる機会と、叱られる機会のアンバランス。
つまり、叱られるケースが圧倒的に多くなるわけだ。

そしてこれは、
家庭においても、さまざまなビジネスシーンにおいても、
日常茶飯事的に起きている。

だから何も意識せずに過ごしていると、
やる気をアップさせるどころか、
気づいたらやる気がなくなっている。

やる気がなくなると、指摘される機会が増える。
こんな負のスパイラルにはまっていくことになる。

事実を捉え伝える力

こんなことを防ぐためにも、
指摘する際には事実のみを伝えればいいのだが、
人は事実を歪めて表現する。

おまえはいつもそうだ。(いつも?)
他の人はみんなやってるよ。(みんな?)
消し忘れが多いよな。(多い?何と比べて?)
など

そう、強調するために、事実を歪める。

しかし、事実は多くの場合違うということを知っていなければならない。

「さっき電気消し忘れてたよ」
「昨晩も電気消し忘れてたね」
「一昨日もパソコンの電源入れっぱなしだった」

”いつも”ではなく、具体的事実を指摘した方が、本人の納得感があり、
無用に信頼関係を失うことはない。

力づける承認の力

そして、指摘はバランスをとることが大事。
改善点の指摘ばかりではなく、
うまくいっていることを伝えて上げればいい。

「消し忘れの電気を消してくれていることも知ってるよ」

こういうところはやっているよね。
こういうところはあなたの強みだよね。
この成果をつくったよね。
など、普段は当たり前として全く気づかないところに、
じつは褒められるところがたくさんある。

『あえて褒める、認める』

認めるとは『見て止めること』。
前に働いていた会社の社長がこんなことを言っていた。

流してしまうのではなく、ちゃんと見て止めること。
そして伝える。

これが、ちょっとしたことではあるのだが、
人のモチベーションをちょっとずつ上げていく。

ぜひ試してみてほしいことでした。

20151107_チームコーチング_やる気_モチベーション_半谷知也photo credit: A gentleman is one who puts more into the world than he takes out. – George Bernard Shaw via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

リーダーシップを発揮してほしいのであればまずは自らリーダーシップを!

今年は子どもに習い事をさせるのだ 今年の私の目標のひとつに、長男になにか習い事を …

『千葉でカッコいい社会人になれる本』 インタビュー

『千葉でカッコいい社会人になれる本』 先日もちょっぴりお伝えしましたが、 何とわ …

私のぎっくり腰はどのように治るか ~重要な変化の3ステップ~

代えの利かない私の仕事 私の腰は爆弾を持っている。 つい先月もぎっくり腰をやった …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル②~

さて、SMARTモデルの続き。 昨日のブログではSpecific(具体的であるこ …

no image
本田圭佑のプロ意識 ~チームコーチングによる組織変革~

本田がいよいよACミランに移籍した背番号10 この番号を背負うことはすごいことだ …

チームコーチング体験談 ~小林創建常務インタビュー~

小林創建の復活劇は、この握手から始まった。 が社長と常務が私の目の前で堅い握手を …

仕事の勉強会vol.2 ビジネスコーチング基礎編①

仕事の勉強会 ビジネスコーチング基礎編① 本日は内藤城松本スタジオ主催、 仕事の …

チームコーチング事例 〜阿部フォトグラフィー1-3〜

チームコーチングの始まりの前に… さて、事前インタビューを終えて、いよいよチーム …

自分の価値を倍増させる

毎週日曜日は勉強会。 今のネタは、この本です。 コーチングで世界的に有名な人たち …

no image
写真スタジオ「内藤城松本」チームコーチング

写真スタジオ チームコーチング 内藤城去年の12月より、 松本市の写真スタジオ、 …