チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

人のやる気を左右するフィードバックの力

      2015/11/08

ちょっとしたことで下がるモチベーション

「おまえはいつも電気を消し忘れる…」
実家に住む私がよく言われることだ。

たしかに消し忘れることはあるが、
”いつも”ではない。

むしろ、他の家族が消し忘れた電気を積極的に消すし、
指差し確認ほどはしないが、
まだ他に使っている家族がいるにもかかわらず、
間違えて消してしまうほど、
電気を消すことはかなり意識をするし、体に染み付いている。

「いやいや、いつもじゃないし」
「たまたまだし…」
「わかってくれてないなぁ…」

9割以上はできていることが、
たまの1回を捕まえられて、
「おまえはやってない/できていない」
と言われると、がっかりする。

人の目は不足に向くもの

電気が消えている状態。
これは家族にとって望ましい状態であり、当たり前の状態。

だから、消えていたとしても気にも止めない。
しかしたまに付いていると、
気になる気になる気になる。

だから、たまにあった1回を、
まるですべてかのように捉えてしまう。

望ましい状態は当たり前。
望ましくない状態は不足や欠点。

ひとは当たり前は指摘しないが、
不足や欠点は自然反応的に指摘したくなる。

これが、承認と批判(指摘)のアンバランスを生む。
一般的に言えば、
褒められる機会と、叱られる機会のアンバランス。
つまり、叱られるケースが圧倒的に多くなるわけだ。

そしてこれは、
家庭においても、さまざまなビジネスシーンにおいても、
日常茶飯事的に起きている。

だから何も意識せずに過ごしていると、
やる気をアップさせるどころか、
気づいたらやる気がなくなっている。

やる気がなくなると、指摘される機会が増える。
こんな負のスパイラルにはまっていくことになる。

事実を捉え伝える力

こんなことを防ぐためにも、
指摘する際には事実のみを伝えればいいのだが、
人は事実を歪めて表現する。

おまえはいつもそうだ。(いつも?)
他の人はみんなやってるよ。(みんな?)
消し忘れが多いよな。(多い?何と比べて?)
など

そう、強調するために、事実を歪める。

しかし、事実は多くの場合違うということを知っていなければならない。

「さっき電気消し忘れてたよ」
「昨晩も電気消し忘れてたね」
「一昨日もパソコンの電源入れっぱなしだった」

”いつも”ではなく、具体的事実を指摘した方が、本人の納得感があり、
無用に信頼関係を失うことはない。

力づける承認の力

そして、指摘はバランスをとることが大事。
改善点の指摘ばかりではなく、
うまくいっていることを伝えて上げればいい。

「消し忘れの電気を消してくれていることも知ってるよ」

こういうところはやっているよね。
こういうところはあなたの強みだよね。
この成果をつくったよね。
など、普段は当たり前として全く気づかないところに、
じつは褒められるところがたくさんある。

『あえて褒める、認める』

認めるとは『見て止めること』。
前に働いていた会社の社長がこんなことを言っていた。

流してしまうのではなく、ちゃんと見て止めること。
そして伝える。

これが、ちょっとしたことではあるのだが、
人のモチベーションをちょっとずつ上げていく。

ぜひ試してみてほしいことでした。

20151107_チームコーチング_やる気_モチベーション_半谷知也photo credit: A gentleman is one who puts more into the world than he takes out. – George Bernard Shaw via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

競争は大事だ

win-win 保育園や幼稚園のお遊戯では、桃太郎が10人以上も登場する時代。 …

no image
PDCAサイクルを確実に回すチームコーチング

PDCAサイクル PDCAサイクルをしっかり回すことができれば、 ビジネスマンと …

コーチングで目標を達成させる3つのポイント① ~ものさしの併用~

前回までにお伝えしたSMARTモデルを踏まえて、 ここではコーチングにおいて目標 …

no image
コーチングとの出会い ~チームコーチングで成果を創る真のチームを!~

『コーチング』という考え方は、基本的な部分では一致していると私は思っている。 し …

組織がひとつになることと仲良くなることは別のこと ~チームコーチングで組織をひとつに~

集団をチームへ 組織というのは、人の集まりだ。 そして、何らかの枠に収められる。 …

no image
枠組みの力 ~チームコーチングによる自発的組織改革~

本日の日経新聞 春秋にこんな記事が載っていた 五輪が世界のトップ選手の技を全員で …

コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にしてくれるSMARTモデル①~

コーチングにおける明確かつ具体的な目標設定のために 昨日のブログで、 『ゴールと …

no image
弊社の意味は?

日ごろ無意識に使っている言葉その意味をちゃんと調べてみるとなかなか面白いことがあ …

no image
利他の精神 ~チームへのコーチングの挑戦~

『利他』 私の解釈は自分を使っていかに人の役に立つか ということだと思っている …

コーチング勉強会といえばホップの会

本日は久しぶりにホップの会。 もう100回以上続くコーチング勉強会だ。 主催はイ …