チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

目標を示してモチベーションアップ 〜コーチングの秘訣〜

   

行動を維持継続していくためには目的が必要

今日は休日。
息子の要望にお応えして、サイクリングへ。
目的地が決まっているわけではない。
たいていは、
「さて、どっちに行こうか…?」
こんな感じでスタートする。

ただ、やはり息子の能力は上がっていくことも願っている。
だから、チャンスがあれば、
今まで走破したことのある距離は越えていきたいと思っているわけだ。

というわけで、私から提案。
「あのさ、花子(仮名)の家まで行ってみようか?」

息子がこよなく愛するいとこのお家。
目的地まではおよそ5キロくらいであろうか。
今までの最高距離は2キロくらいなので、
一気に倍以上だ。

「うん、行きたい!」
と純粋な私の息子。
その道のりがどのようなものなのかは、
知る由もない。

しかし一発でモチベーションがかかる目的は設定できた。

20151018_チームコーチング_マイルストーン_サイクリング_01_半谷知也

目的地に達するためには適切なマイルストーンを

そう入っても、往路は上りがダラダラと続く。
息子にとっても、実は私にとっても、
結構厳しい道のり。

全体がわからず、
「ただ走る」
という状態は、子供でも大人でも辛いもの。

そしてすごく単純なことで、
その辛さは軽減させてあげることができる。

 

「休憩したい〜」

「よっしゃ、じゃああの信号まで行こう!」

20151018_チームコーチング_マイルストーン_サイクリング_02_半谷知也.JPG

「休憩したい〜」
「よし、じゃああのスーパーまで行こう!」

目指すべきものが視覚的に明らかになると、
「あそこまで行けば休める」
と、不思議と頑張れるもんだ。

もともと大きな目的が、そもそもの原動力となる。
いとこに会うこと。

そして、そこに行くためには、
小さな原動力を作り続けて上げればいい。

もちろん、ここに書いた方法は、
たくさんあるうちのひとつに過ぎないが、
手が届きそうな適度なマイルストーンは、
かなり効果があることが、
息子とのサイクリングでもわかる。

ビジネスでも適度なマイルストーンを

ではビジネスの世界ではどうか。

「マイルストーンを設定が大事?」
「目的意識が大事?」

「んなこた解ってるわ!」

という声も聞こえてきそうだ。

しかし、
先の見えないサイクリングをさせている職場は、
意外と多いのではないだろうか。

ガッツ気合い根性。
とにかく突っ走れ。
そのうち光が見える。
そのうち道は拓ける。

まあ、そういうことも時には必要だとは思うが、
そればかりでは疲弊する。

ここまで行こう!

大きな目的の設定と巻き込み。
そしてそこに向けての細かい目標設定。

簡単でシンプルだが、
これを徹底的にやる組織は、
なかなか強い。

 - チームコーチング

  関連記事

適切な目標と短期的な成果 ~にっこりわらって減量生活②~

今までうまくいかなかった・・・、 というか、「やらなきゃなー」って心で思いながら …

ZAKさん講演 Vol.01 〜Silicon Valley Tour 2017〜

またまたPlug and Play というわけで、 今日もPlug and Pl …

人生をコントロールする先行管理の力

先行管理はPDCAサイクルの<P> PDCAサイクルは、おそらく大方のビジネスマ …

【告知】チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチングカンファレンス2015 開催決定! 今年もやります、チームコーチ …

集団を強くするには適切なプロセスが不可欠 ~チームコーチングの実践~

集まっただけでチームであるという錯覚 世の中にはさまざまな集団がある。 ビジネス …

パワーネットフィールド チームコーチングセッション2

チームコーチングセッション@塩尻 本日は、株式会社パワーネットフィールドの、 チ …

気づけなければ何も変えることができない 〜Everything DiSCのススメ〜

変化・変革のはじまりは気づくこと 「ごはんつぶついてるよ」 すごく身近なことなの …

写真館のチームコーチング@内藤城・松本

本日は松本の写真館、内藤城にて、7回目のチームコーチング。 組織としての方向性を …

組織内の遠慮をなくすために絶対にやらなければならない最初のこと

組織に遠慮はつきもの さて、前回の記事でパワーネットフィールドの、 チームコーチ …

あっという間に機能不全に陥る組織をどのように機能させるか vol.1

せっかく組織で動いているのだから、 個人では成し遂げることのできないことを創りた …