チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ペーシング&リーディングで寝た子を起こす コーチングの秘訣

   

コーチング講座@東京

昨日は久しぶりに東京で、
ビジネスマンを対象としたコーチング講座。

参加者は23名様でした。

コーチング成功の鍵は、何と言っても信頼関係。
コーチングの対象者が心を開いていろいろ語れるか。
ここに掛かっております。

信頼を積み上げる要素

信頼はさまざまな要素で積み上げていく。

大きく分けると、

  1. コーチングの中で積み上げられるもの
  2. コーチング外で積み上げられるもの

これは両方大事。

コーチングの中で積み上げられる信頼

これは例えばこんなもの。

  1. よく聞くこと(傾聴)
  2. 適切な質問をすること
  3. 承認をすること
  4. 的確な提案やフィードバック
    etc…

それぞれコーチングのスキルとして扱われるものだ。

コーチングの外で積み上げられる信頼

日頃の関わりによって積み上がるもの。
例えば…、

  • 言ったことやっている
  • 普段から話をよく聴いてくれる
  • 経験や実績がある
  • 信頼している人からの紹介

つまり、コーチングをするときだけ、
素敵な人になったとしても、
そんなものは簡単に見透かされてしまう。
あるいは
「なんか違和感がある」
などと、無意識的な抵抗が生まれる。

**********

コーチングでは、この2つを意識する必要がある。

信頼関係を築く基礎の基礎 ペーシング

ペーシングとは、
ペースを合わせること。

そして、コミュニケーションにおけるペーシングは、
こんな要素を使って可能となる。

  1. 見た目
  2. 言葉の内容

見た目

表情を合わせる
姿勢を合わせる
しぐさ・ジェスチャーを合わせる
適度なアイコンタクト
服装を合わせる
色を合わせる

など

大きさを合わせる
スピードを合わせる
リズムやテンポを合わせる
適度な間をとる
抑揚をつけるかつけないか
呼吸を合わせる

など

言葉の内容

相手の関心に合わせて言葉を選ぶ
相手の好む言葉を使う
など

ペーシングされると気持ち良い

自分のペースに合わせてくれると、
それだけで気持ちがいいし、心地がいい。

逆にペースが合わないと、
「違和感がある」
「この人とは合わない」
などと、意識的にも無意識的にも、
このような印象を相手に与えてしまうことになる。

まずは相手のペースに合わせること
これがコーチングを自然に行っていくために必要なこと。

リーディングって…

リーディングとは、望む状態やペースにリードすること。
元気がない人に元気を出させたいならば、
いきなり元気なペースに持っていくと付いてこれない。

だからまずはペーシングそしてリーディング。
ペースをまずは相手に合わせて、
相手が付いてこれるペースでリードしていく。

このリードの幅は相手の様子を注意深く見ていなければならない。

寝た子をご機嫌に起こすにはペーシング&リーディング

「朝だー、起きろー!!!」
カーテンを開けて、太陽の光を一気に取り込む。
ゆさゆさと揺さぶる。

こうなると、気持ち良く起きるのは難しい。

寝ている子供を起こすのは、
よきペーシング&リーディングの練習になる。

20151014_チームコーチング_ペーシング&リーディング_半谷知也

安らかに夢でも見ているこの子。
さてどう起こそうか…。

まずは寝ている子供の気持ちになってみる。
どんな風に起こされたらうれしいだろうか。
どんな声であればペースが合うだろうか。

というわけで、
体勢を合わせ、
エネルギーを合わせ、
かける声は囁き。

ここからスタートだ。

それぞれ、
少しずつ起きるペースに上げていく。

というわけで、
今日の息子2人は、ご機嫌に起きることができました。

時間かかるけど。
でもご機嫌に起きてもらえれば、
そのあとにかかる時間が軽減できる。

ま、いつもうまくいくわけではないんですけどね。
みじかなところでペーシングとリーディングの練習。

みなさんもぜひ、お試しあれ。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
チームコーチングカンファレンス2014

今年も開催いたしますチームコーチングカンファレンス2014 タイトルは『組織イノ …

目標を立てるリーダーの発想とエンロールメント ~日経ビジネス経営教室よりチームコーチングのヒント~

大掃除スタート! まずは無駄な書類がきっと山ほどあるであろう私の部屋から。 掃除 …

チームコーチング事前インタビュー

7月から新たな企業のチームコーチングがスタートする。 人材派遣の会社だ。 対象は …

no image
スキージャンプ葛西紀明の41歳の挑戦 ~チームコーチングによる組織変革~

ジャンプの葛西選手がおよそ10年ぶりにW杯を制覇 41歳 やり続ける男の素晴らし …

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目⑤

当時の状態 阿部フォトグラフィーは4代目。 すでに80年ほど続く老舗写真館です。 …

アサーティブコミュニケーション入門

アサーティブの辞書の意味 まずは辞書の意味から押さえてみましょう。 広辞苑でアサ …

モチベーションを育てる”承認”の力

人は自然に不足や欠点を探す 「正常な状態」というのが、ひとつの大きな物差しとなる …

リーダーシップトレーニング

リーダーシップトレーニング@丸の内どまんなか 今日は丸の内のとある企業(といって …

成果をつくる最小限のミーティング ~チームをまるごとコーチング~

ミーティングは最小限で最大の成果を チームにおいてミーティングは大事な機会。 で …

集団を強くするには適切なプロセスが不可欠 ~チームコーチングの実践~

集まっただけでチームであるという錯覚 世の中にはさまざまな集団がある。 ビジネス …