チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

大きな成果を手にするために

      2015/10/09

ハイリスクハイリターン

より大きな成果を手にするためには、
より大きなリスクを覚悟し、乗り越える必要がある。

これはよく言うことだし、実際にそうだと思う。

あまり苦しい思いをしたくない。
恥をかきたくない。
失敗は避けたい。

でも…、
成果は手にしたい。
給料いっぱい欲しい。
昇進したい。
評価されたい。

このような意識は多く見受けられるが、
なかなか大きな成果を手にすることは難しい。

世の中そんなに甘くない。

すだち狩りin徳島

今日はひさしぶりに徳島。
すだち狩りにやってきました。

徳島に来ると、私のクライアントのお宅にお泊まりさせていただき、
夏の終わりには毎年すだち狩りをさせていただける。

今年はなかなか来なかった私のために、
わざわざすだちを残しておいてくれたようで…、
感謝です。

「今年は900個以上収穫した」
とのことで、豊作だった様子。
それだけ採った後ではあったけれども、
まだまだたくさんのすだちが残されていた。

表面にあるすだちは、
無論簡単に獲れる。

これで30個くらい。
でももっとたくさん獲ろうと思うと、
木の中ほどや上の方に手を伸ばす必要があったり、
川に面した裏の方に回らなければならなかったりする。

これがなかなか大変でした。
ただでさえ大変なのですが、
すだちの木には結構鋭いトゲがある。

獲っている最中はあまり気にならないのですが、
ふとすだち狩りを終えてみると、
なんとも生傷だらけ。

でもおかげさまで、たくさんの収穫。

20151008_チームコーチング_すだち狩り_半谷知也

(まだまだ獲れそう…)

より大きな成果を手にするために…

より大きな成果を手にするためには、

  1. 「成果を手にしたい」と願うこと
  2. 自ら頭を突っ込んでいくこと
  3. 冒険すること

表面的に見えているところだけで満足するのではなく、
もっと欲しいと願うことが必要。
そして、誰かにやらせるのではなく、
自分から頭を突っ込んでいくこと。
さらに、多少の傷や失敗は覚悟すること。

こんなことが重要だなぁと改めて感じた、
すだち狩りでございました。

ビジネスシーンにおいては、
さまざまなことが考えられますが、
表面的な成果に満足することなく、
傷を覚悟で頭を突っ込んでいますか?

組織であれば、
こういう人間がいればいるほど、
会社の維持、発展に繋がっていくでしょう。

“Take a risk”で大きな成果を!

 

 - チームコーチング

  関連記事

チームの意図を明確にし統合する必要性

意図って何か? 広辞苑で調べると 考えていること、思惑。つもり。 行おうと目指し …

比較の論理

比較の人生 人は一杯比較される。 子供の頃か否応なくたくさん。 兄弟の比較が、兄 …

成果をつくるための鉄則サイクル

戦略にはまる多くの人々 目標達成にしても、 問題解決にしても、 人はあまりにも「 …

チームコーチング事例 阿部フォトグラフィーの1回目⑤

当時の状態 阿部フォトグラフィーは4代目。 すでに80年ほど続く老舗写真館です。 …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

組織のリーダーシップに欠かせないこと 〜コミュニケーションはリーダーシップVol.4〜

組織でリーダーシップを発揮するために必要なこと 「私はこの組織において、このこと …

私の質問に答えなさい!

「私の質問に答えなさい!」 あるいは 「質問の答えになっとらん!」 こうやって言 …

集団を強くするには適切なプロセスが不可欠 ~チームコーチングの実践~

集まっただけでチームであるという錯覚 世の中にはさまざまな集団がある。 ビジネス …

コーチがラポール(信頼関係)づくりのためにできること

コーチのあり方 この人にコーチングしてもらいたいという人である必要がある。 服装 …

肉体改造とチーム変革のプロセスは似ている!

私の肉体改造 今年の6月から肉体改造に着手した。 毎年一度はやってくる ぎっくり …