チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

組織の隙間は誰かが埋める

   

組織だからこそ可能なこと

個人では決して創れないものが、
組織では可能になることがある。

組織だからこそ創れるものがある。
組織だからこそ創れる感動がある。

それぞれがなんらかの役割を担い、
それぞれの強みを生かし、
他の不足を補完する。

組織に生まれる隙間

よりダイナミックな成果を生み出すことが可能であると同時に、
組織ゆえの落とし穴もある。

多くの人が役割にはまる。
つまり、
「私の役割はここからここまで」
と境界線を引いて、
それ以外は引き受けない。

組織のメンバーが全てこういう状態になると、
組織としては必ず隙間が生まれる。

組織の役割は、
そんなに綺麗に分けることができない。

時と場合によっては、
役割という垣根を越えて、
目的やビジョンのために、
あるいは単純に、
その組織についているお客様やファンを喜ばせるために、
やらなければならないことがある。

この意識が薄く、
役割だけを引き受けている人が多い組織は、
ファンづくりがうまくいかない。

お客様に対してしなければならないサービスに隙間が生まれ、
結果クレームになったり、満足度を下げる結果となる。

JRのワゴン販売

今日は久しぶりに、
家族で新幹線に乗った。

子供の寝かしつけのため、
デッキでしばらくの時間を過ごしていたのだが、
一組の老夫婦がトイレの前で困っていた様子。

どうやらご主人が足が悪く車椅子。
奥様もご年配で、なかなか大変そう。

それをワゴン販売のお姉さんが、
ワゴンを止めて、
手取り足取りサポート。

「また何かあれば気軽にお声がけくださいね」

ワゴン販売の主な役割は、
ワゴンを押して物品を売ること。
だから、その役割だけにはまれば、
老夫婦のサポートなんてどうでもいいことだ。

と…、
例えばこういうことが隙間になりやすいこと。
そして形を変えて、これはさまざまな組織で起きうる。

目的の持ち方でする仕事は変わる

ワゴン販売という役割のみを引き受け、
「ものを売ること」だけが目的になると、
その周りにあることは見えなくなる。

しかし例えば、
「新幹線に乗ったすべてのお客様に、
快適な時間を過ごしていただき最大限の満足をしていただくこと」
という目的を持ったとすると、
視野が広がり、
自分の役割以外にもさまざまな仕事を、
自発的に引き受けていく必要がある。

組織はメンバー全てが所有できる目的を明確に

だからこそ、
あらゆる組織は、
その組織に所属するメンバーが所有できる目的を明らかにし、
その目的にメンバーが意味づけできるような仕組みをつくる必要がある。

それが経営理念であり、チームの理念だ。

紙に書いて配るだけの理念ではなく、
しっかりと所有できるだけの仕組みと時間が必要だ。東海道新幹線N700系photo credit: 東海道新幹線N700系 via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

no image
組織の戦略 〜チームコーチング@PNF〜

チームコーチングですること チームコーチングはチームの状況に応じて、さまざまな取 …

no image
強いチームを創るエンロールの力② ~チームコーチングによる自発的組織変革~

『ビジョン実現に不可欠なエンロール』 “チームを創る”と …

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …

ハラハラドキドキの徳島行 ~阿部フォトグラフィー プロジェクトチームコーチング~

毎月一度の阿部フォトグラフィー@徳島 今回は、徳島悪天候につき、 飛行機が着陸で …

no image
チームコーチング in松本@小林創建

本日は松本の住宅メーカー小林創建においてチームコーチングを実施 経営者や執行役員 …

チームの意図を明確にし統合する必要性

意図って何か? 広辞苑で調べると 考えていること、思惑。つもり。 行おうと目指し …

no image
答えはクライアントの中にある ~コーチングの前提~

『答えはクライアントの中にある』 これは私がコーチングを学び、 衝撃を受け、 こ …

チームコーチング実施の小林創建その後

今年の2月~10月でチームコーチングを実施いただいた小林創建のその後について、 …

『出る杭は・・・』 ~チームコーチングに不可欠なリーダーシップ~

「出る杭は打たれる」 これは通説であり、 日本において生活する上では非常になじみ …

望ましい言動を習慣にする

無意識に「いらっしゃいませ」 「いらっしゃいませ〜」 とあるコンビニの店員さん。 …