チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

パワーネットフィールド チームコーチング3回目

      2015/09/23

パワーネットフィールドのチームコーチング3回目

チームコーチングをスタートして2か月が経った。
動きがある部分もあれば、
そうでない部分もあるのだが、
人や組織はどうしても不足に焦点を当ててしまう。

もちろん、よりよくしていく上で、
その視点は大切なのだけれど、
うまくいっているところに焦点を当てないと、
メンバーは疲弊してしまう。

やってもやっても、
報われない感じがしてしまうのだ。

ニンジンを追い続けて、
鞭をたくさん打って、
結局ニンジンにはなかなかたどり着けていない感じがしてしまう。

チームコーチングでは毎回振り返りを行うのだが、
必ず、
うまくいっていること、
課題や改善点、
それぞれに公平に光を当てる。

業績面
メンバーの行動面
そしてそれによる周りへの影響

間違いなく、2か月で動いているものがある。

20150919_チームコーチング_パワーネットフィールド_半谷知也

チーム力の向上について

チーム力の向上は、
多くの組織が望むところではある。

しかし、
これはもちろん目的ではない。
チーム力向上は、あくまでも結果、あるいはプロセスに過ぎない。

目的は、
組織にとってのより大きな成果を創り出すこと。

そのためには、
チーム力が向上している必要がある。

大事なことは、
組織の目的、ビジョン、目標、計画・戦略。
これらが一貫していること。
そしてそれらに組織のメンバーが意味づけをし、所有していること。

メンバーが所有し、
目的、ビジョン、目標に本気になるからこそ、
チームである必要が生まれる。

本気なら、
自分をそのためにどう生かすかを真剣に考える。
そして、
他のメンバーや組織のリソースをどう生かすかに興味を持つ。

スポーツの代表チームを見ればわかるだろう。
まずそれぞれが本気だ。
もちろん、本気でなければ試合にすら出られない環境ではあるが…。

そして勝つために、
他のメンバーに対して本気である。

要求やフィードバックが激しい。

結果、その人がもつ潜在能力を存分に引き出し、
日々成長が生まれ、
個人としても、組織としても、
より大きな成果を生み出していく。

チーム力向上が起きるためには、

『何をやるのか』
そして
『何のためにやるのか』

まずはここに、
心をひとつにする必要がある。

 - チームコーチング

  関連記事

意識と無意識を使い分けたコミュニケーションを

無意識は形状記憶合金 朝起きて歯磨き。 2年ほど前から、電動歯ブラシを使っている …

no image
チームコーチング事例 〜阿部フォトグラフィー②〜

チームコーチング事前インタビュー チームコーチングにおいて、 メンバーが決まると …

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

no image
チームは手段であり目的ではない

半谷です。こんばんは。 今日は組織とその目的のお話。 組織を支援する時に、 その …

気づけなければ何も変えることができない 〜Everything DiSCのススメ〜

変化・変革のはじまりは気づくこと 「ごはんつぶついてるよ」 すごく身近なことなの …

no image
子どもに掛ける言葉の工夫 「片づけて」と「もどして」

朝の時間にゆとりがあるときはごちそうさんを見たあとにあさいちを観ながら1日のプラ …

no image
組織の目標に主体性をもたせる4つのポイントvol.1 〜コーチングの力〜

コーチング研修でよくある質問 私のコーチング研修では、 受講生からたくさんの質問 …

コーチングで目標を達成させる3つのポイント② ~人を巻き込む(エンロール)~

人を巻き込むこと(エンロール) 有言実行 『不言実行』 出来る男は黙って実行ある …

no image
傾聴はコーチングの始まり③

傾聴はコーチングのすべてにつながる 傾聴はコーチングにおけるすべての入り口だ。 …

コーチング応用講座を再受講してきた 株式会社アクト@松本

アクト@松本のコーチング講座 私がコーチングと出会ったのは2006年。 松本市に …