チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

      2015/09/23

次世代チーム チームコーチング初回2日目

本日はアトラス設計にて、チームコーチング初回の2日目でした。

初日は、経営陣とのパイプをつくった。
普段からコミュニケーションをしているつもりでも…、
もっと厳密に言えば、
伝えているつもりでも、
伝わっていないことは山ほどある。

コミュニケーションは、
伝え手と受け手がいて、
その効果性は受け手によってもたらされる。

つまり、
伝えたいことを伝えたいように受け手が受け取っていなければ、
そのコミュニケーションは効果がなかったということ。

昨日は高業績をつくるチーム5つの原則について書いた。
(記事はこちら

その1番目、『任務を与える』

そもそも、
経営陣の意図や目標の意味、
そもそも会社の理念。

こういったものの理解がかなり不足していた。

したがって、時間をかけてまずは、
次世代を担うチームと現在の経営陣の双方向のコミュニケーションを、
時間をかけてじっくりと行った。

20150917_01_チームコーチング_アトラス設計_次世代チーム_半谷知也

コミュニケーションのパイプ

いわばこのパイプが細くなっていた。
その上詰まっていた。

だから、場をつくり、強制的にコミュニケーションしてもらったわけだ。

  1. 現状の認識(わかっていること、理解していること)
  2. 現状の未認識(わからないこと、知らないこと)
  3. お願いや要求
  4. 自分たちが貢献できること/したいこと

1.現状の認識

これはメンバーが、こうだと思っている現在の認識を明らかにできる。
会社や経営陣に対するメンバーからの見方がよくわかる。

その中には、
双方の認識が一致しているもの。
経営陣が知らないことや気付いていないこと。
メンバーの勘違い。

こんな情報がある。

2.現状の未認識

単純に、メンバーが知りたいこと、
あるいは知らなければならないこと。

そして今は知らないと思っていること。
これらが明らかになる。

経営陣は答えられる範囲で答えていくわけだが、
大抵の場合、メンバーにとってさまざまな発見がある。

また、正直に話しをすることを通じて、
お互いの信頼関係が増していく。

3.お願いや要求

メンバーからお願い、要求をする。
あるいは、聴きたいことを明らかにする。

できること、努力できること、できないことを明確にし、
答えられる要求に対しては即座に答えていく。

4.メンバーの貢献

少し言葉を変えたが、
これは、要求するからには、メンバーもやることやるよということ。

メンバーの自発性、主体性が芽生えたり育ったり。

メンバーの多くは、
「会社のさまざまな問題は、自分たちで解決していくもの」
とは思っていない。

経営陣や上の人たちがなんとかするものという認識が一般的だ。
でも、自分たちが発信源となり何かができるということに気づく。

パイプはすっきり そして次へ

こうして、
経営陣とメンバーは思う存分話しをして、
前を向きました。

ブレーキを踏みながらアクセルを踏むことは、
燃費も悪いし負担もかかる。

だからこそ、
ブレーキになっているものは、
できるだけ取り除いてあげればいい。

それが今回は、
経営陣との対話であった。

すっきりした彼らは、
自分たちのミッションを明確に設定して前進。
自分たちがこれからどのような存在として、
どのように生きるのかということを、
明確に宣言していきました。

頼もしい彼らが、自分たちの力で、
会社をどのように変革していくのかが楽しみです。

20150917_02_チームコーチング_アトラス設計_次世代チーム_半谷知也

 - チームコーチング

  関連記事

no image
個人事業主スタート1周年

独立してはや1年が過ぎました 『独立』っていろいろな考え方があると思うのですが個 …

価値観の統合① 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-7〜

組織の中の組織 「会社」という単位は、 組織におけるひとつの大きな枠組みと言える …

傾聴力 〜心構え編

今日は大阪で「聴く力」に関するトレーニングを実施してきました。 photo cr …

no image
あなたのチームは機能していますか? ~チームコーチングで組織改革~

「あなたのチームは機能していますか?」パトリックレンシオーニ著 (翔泳社) この …

コーチング応用講座を再受講してきた 株式会社アクト@松本

アクト@松本のコーチング講座 私がコーチングと出会ったのは2006年。 松本市に …

no image
NLPマスタープラクティショナー再受講@大阪

4年ぶりのNLPマスタープラクティショナー 本日より、NLPマスタープラクティシ …

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう

コーチングはテクニックだけではどうにもならないことがある コーチに必要なこと、求 …

DiSCコミュニケーション研修@写真館

DiSCコミュニケーション研修@内藤城 本日は、松本市にある写真館、内藤城長野事 …

no image
スキージャンプ葛西紀明の41歳の挑戦 ~チームコーチングによる組織変革~

ジャンプの葛西選手がおよそ10年ぶりにW杯を制覇 41歳 やり続ける男の素晴らし …

no image
継続こそ力なり→継続しなければ力を失う

息子の体操 我が息子は、4歳から5歳まで、 体操をやっていた。 週に1回、90分 …