チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

イノベーションに必要なトランジションへの備え3つのポイント

   

トランジションに必要な3つのこと

トランジションについては、
昨日のブログで書いた通り、
何らかの変化・変革の際に必ずやってくる過渡期・移行期だ。

そして、以下の準備が必要となる。

  1. トランジションの認知
  2. トランジション後のビジョンの共有
  3. 想定される痛みの共有

1.トランジションの認知

変化に関わる全ての関係者に、
トランジションの存在を理解してもらう必要がある。

変化にトランジションはつきものであること。
トランジションに突入する/あるいはしていること。
これらを伝え、理解することがまず必要である。

多くの人や組織は、
トランジションの存在そのものに気付かず、
必要以上に混乱することになる。

2.トランジション後のビジョンの共有

何のために変化・変革をするのか。
トランジションを乗り越えた先には何があるのか。
明確に伝え関係者を巻き込む。
巻き込む側の本気さが問われる。

この時点で全員が巻き込まれるかはわからないし、
その必要はない。

ただし、ともに立ち上がる人、キーマンとなる人は、
確実に巻き込んでおく必要がある。

不平、不満、愚痴、
この類も出るかもしれない。
でもとりあえず言わせておけばいい。
ここでいう人は、文句を言いたい人だ。
後になっても必ず言う。

でもそういう人を何とかしようとエネルギーを使うと、
そのために多大なエネルギーと時間を使うことになる。

欠けるべきところにエネルギーを注ぐこと。
これを見極めないと、トランジションが長くなる。

3.想定される痛みの共有

トランジションで何が起こるのか。
どのくらいの期間なのか。
どのような痛みに耐えてもらう必要があるのか。
この期間やトランジション後にどのような役割を担ってもらうのか。
など

これらを包み隠さず正直に伝えること。
ポイントは、
ビジョンとセットであるということ。

痛みだけを伝えられても、多くの人は納得しない。

まずは気付くこと

トランジションは、まず気付くこと。
そして、目的ビジョンを共有すること。

これによって、関係者のなかに備えが生まれる。
備えあれば憂いなし。

まあ、憂いはあるだろうが、
何に憂いているのかわからない状態よりも、
スピード感を持って変化を成し遂げることができる。

今の時点でも、
きっと世の中には
トランジションを迎えていることにすら、
気付いていない人や組織はたくさんいることだろう。

20150910_チームコーチング_トランジション_3_半谷知也photo credit: transition: entering the classroom via photopin (license)

関連記事

変革に必ずやってくる”トランジション”

 - チームコーチング

  関連記事

no image
メールでのコミュニケーションはとっても難しい

コミュニケーションの媒体はさまざまなものがある ◆対面で直接的なやりとり◆Sky …

no image
女子レスリングチーム ワールドカップ優勝に見る目標への動機付け

最近はスポーツ観戦で涙を流すことが多くなった まあスポーツ観戦に限らず朝ドラのご …

no image
「ちゃんと聴く」2つの心構え 〜コーチングの基礎〜

日本にいれば誰でも知っている、 とある企業から定期的にコミュニケーションの講座を …

no image
絵本を書いて親友を救う ~世界を変えるTV~

何気なく見ていた世界を変えるTV ある6歳の少年が「病気の親友を救いたい」という …

組織においてやりたい仕事をするためには②

前回からの続き(前回ブログ) やりたいことをやるために 前回のブログで挙げた、 …

【告知】チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチングカンファレンス2015 開催決定! 今年もやります、チームコーチ …

祝!開業2周年 ~Leaders Base Japan~

Leaders Base Japan 開業2周年 おかげさまで、 開業してから2 …

チームを高める個の力 ~チームコーチングで本物のチームを~

昨日テレビを見ていたら、加藤浩次が日本サッカー協会の原さんと話をしていた。 アギ …

関わりの土台を築く 〜マネジメントのコツ〜

「きびしく関わるぞ」 本田圭佑が帰ってきた。 24日に行われるアフガニスタン戦に …

no image
マイケルチャンから学ぶ本来のゴールを示し続けるコーチのあり方

錦織圭が全米オープンでベスト4に進出したすばらしい快挙だし私もうれしい そして& …