チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

イノベーションに必要なトランジションへの備え3つのポイント

   

トランジションに必要な3つのこと

トランジションについては、
昨日のブログで書いた通り、
何らかの変化・変革の際に必ずやってくる過渡期・移行期だ。

そして、以下の準備が必要となる。

  1. トランジションの認知
  2. トランジション後のビジョンの共有
  3. 想定される痛みの共有

1.トランジションの認知

変化に関わる全ての関係者に、
トランジションの存在を理解してもらう必要がある。

変化にトランジションはつきものであること。
トランジションに突入する/あるいはしていること。
これらを伝え、理解することがまず必要である。

多くの人や組織は、
トランジションの存在そのものに気付かず、
必要以上に混乱することになる。

2.トランジション後のビジョンの共有

何のために変化・変革をするのか。
トランジションを乗り越えた先には何があるのか。
明確に伝え関係者を巻き込む。
巻き込む側の本気さが問われる。

この時点で全員が巻き込まれるかはわからないし、
その必要はない。

ただし、ともに立ち上がる人、キーマンとなる人は、
確実に巻き込んでおく必要がある。

不平、不満、愚痴、
この類も出るかもしれない。
でもとりあえず言わせておけばいい。
ここでいう人は、文句を言いたい人だ。
後になっても必ず言う。

でもそういう人を何とかしようとエネルギーを使うと、
そのために多大なエネルギーと時間を使うことになる。

欠けるべきところにエネルギーを注ぐこと。
これを見極めないと、トランジションが長くなる。

3.想定される痛みの共有

トランジションで何が起こるのか。
どのくらいの期間なのか。
どのような痛みに耐えてもらう必要があるのか。
この期間やトランジション後にどのような役割を担ってもらうのか。
など

これらを包み隠さず正直に伝えること。
ポイントは、
ビジョンとセットであるということ。

痛みだけを伝えられても、多くの人は納得しない。

まずは気付くこと

トランジションは、まず気付くこと。
そして、目的ビジョンを共有すること。

これによって、関係者のなかに備えが生まれる。
備えあれば憂いなし。

まあ、憂いはあるだろうが、
何に憂いているのかわからない状態よりも、
スピード感を持って変化を成し遂げることができる。

今の時点でも、
きっと世の中には
トランジションを迎えていることにすら、
気付いていない人や組織はたくさんいることだろう。

20150910_チームコーチング_トランジション_3_半谷知也photo credit: transition: entering the classroom via photopin (license)

関連記事

変革に必ずやってくる”トランジション”

 - チームコーチング

  関連記事

第1回 仕事の勉強会@松本内藤城 ~DiSCコミュニケーション~

仕事の勉強会 本日は松本にて、第1回仕事の勉強会を実施しました。 第一回目のテー …

肉体改造とチーム変革のプロセスは似ている!

私の肉体改造 今年の6月から肉体改造に着手した。 毎年一度はやってくる ぎっくり …

no image
チームコーチング勉強会2014 in 名古屋

毎年(と言っても2回目らしいが…)開催されるチームコーチのための勉強 …

事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす 〜コーチングで成果をつくる〜

ヒトの行動を妨げるヒトの解釈と決断 私たちは一日の中でさまざまな出来事と遭遇しま …

チームコーチング事前インタビュー

7月から新たな企業のチームコーチングがスタートする。 人材派遣の会社だ。 対象は …

no image
王様ははだかだ!

組織にはさまざまな人材がいるがときどき存在する 『はだかの王様』 自分の考えこそ …

no image
エンロール(人を巻き込むリーダーシップ) ~チームへのコーチングの挑戦~

エンロールという言葉に出会ったのは28歳のときだった enroll もちろん文脈 …

no image
「ちゃんと聴く」やり方 内容理解と受容実感 〜コーチングの基礎〜

「ちゃんと聴く」2つの心構え 〜コーチングの基礎〜 からの続きです。 聴くときに …

小林創建チームコーチング 〜Season3-Last〜

小林創建チームコーチング 本日は、長野県松本市に本社を置き、 長野県の住宅を手掛 …

精神力は制心力(後編)

昨日の記事の続きでございます。 頭の中をほしい言葉でいっぱいにする幾つかのコツ …