チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

米中と日の大きな違い ~アサーティブコミュニケーションより~

   

今日はアサーティブコミュニケーションの講座。
時として、いろいろな国籍が混じる。

今日は中国籍の受講生が4名いた。
その中国籍の受講生がこんなことを言っていた。

「日本語はあいまいな表現があまりにも多い」

主語のあいまいさ

日本語は、いろいろをあいまいにできる。
まずは主語。

私”は”○○だ。
これを英語にすると、
I am ○○.

私”も”○○だ。
これを英語にすると、
I am ○○,too.

英語は文頭からの表現が変わらないが、
日本語は文頭の時点で変わる。

日本語は、
「私も」と責任の所在をなんとなくぼかすことができる。
英語はあくまでも、
私は○○。一緒だね。

という感じだろうか。

「私はこう思う!」
「私もこう思う!」

確かに・・・、
背負っている責任の大きさは、これだけで大きくかわる感じがする。

NOと言わないのが美徳

「やめてください」
「お断りします」
「無理でございます」

こんな風に断ることができる日本人がどれくらいいるだろうか。

「ご遠慮ください」
「お控えください」
「いたしかねます」
「難しいです」
「厳しいです」

こんな表現は非常によく聴く。
曖昧さを残すことが美徳とされる象徴とも言えよう。

これは通例であるし、やんわりと断っている。
直接的に『NO』と言わない、日本独特の文化である。

しかし、中国人からすると、この言い回しは回りくどくよくわからないらしい。
なるほど、もっともだ。

英語で言えば、
Don’t do ○○,please.

どんな表現であっても、
断っている事、拒否していることは、すぐにわかるという。

アサーティブは相互尊重のコミュニケーション

コミュニケーションにおいては、
「相手を傷つけないように」
という意識が大きく働く。

だからこそ、表現をあいまいにする。
しかし、相手を尊重するがあまり、
結果的に自分をないがしろにしてしまうこともある。

大事なことは、自分の意志をしっかり表明すること。
私の気持ちとしてはこうだ。
私の置かれている状況としてはこうだ。
だからこうなんだ。

これを表明することだ。

結果的にNOを押し通すことがベストかどうかはわからない。

ただし、自分の気持ちをしっかり伝えたうえで、
あるいは理解してもらったうえで結論に至るのと、
本当の気持ちは隠して、同じ結論に至るのとでは、
雲泥の差がある。

ひとつひとつは大した差ではないかもしれない。
しかし、これが積もり積もると、
自分の中の「言えなかった」というストレスにも、
相手との関係性にも、
大きな影響を与える。

だからこそ、
一場面一場面において、自分の真実を語ることは、
非常に重要なことだ。

20150907_チームコーチング_アサーティブ_半谷知也photo credit: 2015-06-09d Reflecting on positive noes — index card #assertiveness via photopin (license)

 

 - チームコーチング

  関連記事

no image
ちょっとしたやりっぱなしが…

いよいよ五月人形の時期 息子のために人形を出すのだがまあ箱の多いこと&#8230 …

本間毅さん講演@HanaHaus 〜 Silicon Valley Tour 2017 〜Day2

HanaHaus@Palo Alto Silicon Valley 2日目は、H …

ついついやりがちな「いいからやれ!」では心が動かない

子育て奮闘中 我が家では6歳と3歳の子育て中。 「いいからやれ!」 の場面は山ほ …

社員のモチベーションを高める要素

いつもはひとりひとりコーチングを実施するのですが、 本日は趣向を変えて・・・ 社 …

コーチングの極意は好奇心

コーチングは興味関心好奇心 コーチングが機能するかどうか。 あるいは相手とラポー …

no image
折り合いをつけないチームコーチング

昨日PHPビジネスコーチ養成講座マスタリーコースを受講してさまざまなディスカッシ …

関わりの土台を築く 〜マネジメントのコツ〜

「きびしく関わるぞ」 本田圭佑が帰ってきた。 24日に行われるアフガニスタン戦に …

no image
上司がやらないことを部下はやらない

本日は子どもを保育園に連れていった出張続きのわたくしめは家にいる日は散歩がてら二 …

no image
主体的に生きるということは…。

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …

ぼこぼこのグラウンド ~チームコーチングで真のチームづくり~

少年時代に野球に没頭したグラウンド。   このマウンドからたくさんの球 …