チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

『私はこう思う』を育てよう ~チームへのコーチングの挑戦~

   

今日の日経新聞

一面の春秋に
インドと日本の試験に関する文化の違いを
伝える記事が掲載されていた

日本の学生は
全体を観て解き易そうなところから解き
難問は後回し
これが試験問題を回答する王道

私もそう思うしそのようにしてきた

しかしデリーに留学する日本人が
高校の期末試験において
難しそうな2問目を飛ばし
3問目4問目に注力

全体の成績は良かったが
教師に呼び出されこっぴどく怒られた

インド式は
『正確さ』よりも『表現の量』
を重んじるらしい

つまり
『何が正しいか』
ではなく
『自分はこのことについてどのように思っているか』
ということだろう

その表現を放棄したと取られたのだろう

私も子供のころから
『正解は何なのだろうか』
ということを常に探し続けてきた

一般的に正しい答え
先生や親がOKという答え

ひとつの正しい答えにかなり縛られていると思う
私たちの世代は少なくともそういう風に教えられてきた
だから我々の世代が教師になっても
そのように教える人はきっと多いだろうと思う

ひとつの答えを探す教育が全面的に悪だとは思わない

しかしあまりにもバランスが悪い

子供たちは
親の顔を伺い
先生の顔を伺い
周りの友達の顔を伺い
世間の顔を伺い

恥をかかないために答えを探す

しかし社会に出れば
いかにユニークな答えを探すかが
自分や組織の未来を決める場面はたくさんある

『私はこう思う!』

そんな風に堂々と言えるような環境作りは
これからの日本の教育において
していかなければならない重要なことではないか

主張し受容できる風土
あるいは心

それを育てていくのは
私たち大人のひとつの使命だ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
『一を聞いて十を知る』 コミュニケーションの幻想 ~チームへのコーチングの挑戦~

『一を聞いて十を知る』 意味を調べてみると 『一を聞いて十を知るとは、物事の一端 …

コーチング勉強会といえばホップの会

本日は久しぶりにホップの会。 もう100回以上続くコーチング勉強会だ。 主催はイ …

部下が上司をコーチング???

新しいコミュニケーションパターンをの定着には決意が必要 本日はアトラスホールディ …

no image
竹は節目をつけて上へ伸びる

私の大事な友人が福岡に転勤となった 近くにいると思っていたやつが突然遠くに行って …

コーチングで目標を達成させる3つのポイント① ~ものさしの併用~

前回までにお伝えしたSMARTモデルを踏まえて、 ここではコーチングにおいて目標 …

パワーネットフィールド@塩尻 チームコーチングスタート!

パワーネットフィールド チームコーチング 昨日今日と、 パワーネットフィールド様 …

感動のコーチング

感動のコーチング 数か月前から、 コーチングの大先輩の紹介で、 私自身もコーチン …

恩師との豊かな時間

今日は長野県松本市。 3年前までサラリーマンとして働いていた街。 『株式会社アク …

no image
正しい道を欲す人とベストの道を探す人

「どうすればうまくいくのか」「答えを教えてほしい」 人はどうしても正しい道を知り …

仕事の勉強会 『目標達成するチームづくり』 @松本内藤城

第6回仕事の勉強会 本日は、毎月一度の仕事の勉強会。 23人で、 『目標達成をす …