チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

『私はこう思う』を育てよう ~チームへのコーチングの挑戦~

   

今日の日経新聞

一面の春秋に
インドと日本の試験に関する文化の違いを
伝える記事が掲載されていた

日本の学生は
全体を観て解き易そうなところから解き
難問は後回し
これが試験問題を回答する王道

私もそう思うしそのようにしてきた

しかしデリーに留学する日本人が
高校の期末試験において
難しそうな2問目を飛ばし
3問目4問目に注力

全体の成績は良かったが
教師に呼び出されこっぴどく怒られた

インド式は
『正確さ』よりも『表現の量』
を重んじるらしい

つまり
『何が正しいか』
ではなく
『自分はこのことについてどのように思っているか』
ということだろう

その表現を放棄したと取られたのだろう

私も子供のころから
『正解は何なのだろうか』
ということを常に探し続けてきた

一般的に正しい答え
先生や親がOKという答え

ひとつの正しい答えにかなり縛られていると思う
私たちの世代は少なくともそういう風に教えられてきた
だから我々の世代が教師になっても
そのように教える人はきっと多いだろうと思う

ひとつの答えを探す教育が全面的に悪だとは思わない

しかしあまりにもバランスが悪い

子供たちは
親の顔を伺い
先生の顔を伺い
周りの友達の顔を伺い
世間の顔を伺い

恥をかかないために答えを探す

しかし社会に出れば
いかにユニークな答えを探すかが
自分や組織の未来を決める場面はたくさんある

『私はこう思う!』

そんな風に堂々と言えるような環境作りは
これからの日本の教育において
していかなければならない重要なことではないか

主張し受容できる風土
あるいは心

それを育てていくのは
私たち大人のひとつの使命だ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
「ちゃんと聴く」2つの心構え 〜コーチングの基礎〜

日本にいれば誰でも知っている、 とある企業から定期的にコミュニケーションの講座を …

no image
地図は領土ではない ~救急車の音は”んーぱー”~

『地図は領土ではない』 NLPのひとつの前提だ 地図は実際の土地からかなりの情報 …

組織にコーチングの文化を! <帝京大学8連覇に見るコーチングの有効性>

帝京大学8連覇 「帝京大学が前人未到の、大学ラグビー8連覇を果たした」 スポーツ …

no image
私の世界と息子の世界は違う ~コミュニケーションの基本~

「ここに信号ができたんだね~」と5歳の息子 通う保育園のほど近くにある交差ここに …

no image
『一を聞いて十を知る』 コミュニケーションの幻想 ~チームへのコーチングの挑戦~

『一を聞いて十を知る』 意味を調べてみると 『一を聞いて十を知るとは、物事の一端 …

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

次世代チーム チームコーチング初回2日目 本日はアトラス設計にて、チームコーチン …

年間目標設定の効果的なカテゴリ分け

目標を立てる切り口 目標の切り口はいろいろある。 目標設定のフレームワークだ。 …

精神力は制心力(前編)

マインドが結果を左右するスポーツの世界 羽生結弦がGPファイナルを制した。 自身 …

社員のモチベーションを高める要素

いつもはひとりひとりコーチングを実施するのですが、 本日は趣向を変えて・・・ 社 …

no image
なんとも嬉しいチームコーチングの成果 ユニオンランチ@富山

チームコーチングの成果 去年チームコーチングを導入していただいた、 富山のお弁当 …