チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

『出る杭は・・・』 ~チームコーチングに不可欠なリーダーシップ~

   

「出る杭は打たれる」

これは通説であり、
日本において生活する上では非常になじみ深いモノだろう。
古くから日本においては、
「均質」であることが求められてきた。

これはアウトプットとしてもそうだし、
それを創り出す人もそうだ。

昨今、『多様化』というものが世の中をにぎわせているが、
その中でも私たちは「均質をよしとする文化」から抜け出せない。

長いこと「出る杭は打たれる」文化で仕事をしてきた人にとっては、
「出ること」そのものが理解できないし、
「出ること」は悪であるし、
とりわけ・・・、
「出た杭」に対応できない。

出る杭を理解する3つのステップ

出る杭は、
何から出ているかというと、
多くの場合は、それを観ている『自分』の価値観や考え方から出ている。
あるいは、一般的な常識、世の中の常識、組織における常識、
こういったものから飛び出ているように見える。

そして多くの人は、条件反射的に、
それが『良い』とか『悪い』とかを決めつける。

ステップ1:自分の反応に気づく

まずはこの「自分の」条件反射に気づくこと。
これはほとんどの人が無意識にやっている。

同時に、自分の価値観、信念に気づくステップと言ってもいい。
自分が何を大事にしているのか。
なぜ反応しているのか。

ステップ2:言動事実の認知

条件反射的に、何らかの言動に反応している場合は、
多くのことが課題解釈になっている可能性が高い。

事実は何なのか。
何を言っているのか、どんな行動をしているのか。
こちらの解釈や判断や評価はひとまず先延ばしして、
事実のみを認知すること。

ステップ3:意図の理解

その言動は、
何のためにやっているのか。
その言動が何に繋がっていくのか。

これを推測ではなく、相手に確認する必要がある。
ちゃんと相手の意図を拾ってあげると、
案外自分の意図と共通している場合が少なくない。

こうして、意図に対する相互理解が生まれる。

意図が理解できると、
理解できなかった言動が理解できたり、
その言動をよりいい形にするための協力ができたり、
その後の行動や関係性にプラスの変化をもたらしてくれる。

「出る杭はもっと出す」

出ている杭は、どうやったらもっと出してあげることができるだろうか。
出た状態でどのように活躍させてあげることができるだろうか。
この出た杭はどんな場面で役に立つだろうか。

自分の常識はもはやすでに狭い世界。
それを認めた上で、目の前の出ている杭を、
どのように役に立てることができるか。

これは育成のひとつの楽しみであり、
またより大きな成果を創り出していくコツでもあり、
時代の流れに対応していくために必要なことでもある。

出る杭を受容して、目的と方向性を与えよう。
きっと楽しくて素晴らしい組織になるはず。

20150907_チームコーチング_出る杭は_多様性_リーダーシップ_半谷知也

出る杭を活かす状況のリフレーミング

photo credit: Stakes in the water via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

no image
優れたリーダーは積極的に自己承認する

コーチングにおける承認 『正当または事実・真実と認めること』(広辞苑より) 似て …

「仕事は楽しい!」こんな大人を増やしたい 〜コーチングの力〜

父とのちょっとした思い出 ある日、東京ドームに野球を観に行った帰り道。 酒にすっ …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない②

「メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①」より続き メンターにコーチン …

まずはこれだけ!コーチングスキル ~ペーシング&リーディング編~

前回はラポールの形成はコーチングにおいて生命線だという話をした。 今回はラポール …

no image
弊社の意味は?

日ごろ無意識に使っている言葉その意味をちゃんと調べてみるとなかなか面白いことがあ …

no image
携帯電話への前提の相違が生み出す人間関係の歪

携帯電話ひとり一台時代 私が携帯電話を初めて手にしたのは、今から20年前のこと。 …

no image
子どもに掛ける言葉の工夫 「片づけて」と「もどして」

朝の時間にゆとりがあるときはごちそうさんを見たあとにあさいちを観ながら1日のプラ …

大阪都構想の説明は不足していたのか?

大阪市民の審判が下った。 わずか1万票の差で、大阪都構想は否決となった。 橋下市 …

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

毎年恒例の箱根駅伝。 子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった …

価値観の統合① 〜チームコーチング事例 阿部フォトグラフィー1-7〜

組織の中の組織 「会社」という単位は、 組織におけるひとつの大きな枠組みと言える …