チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

粋な図らい ~マインツ武藤に用意されたカーテンコール~

   

私はスポーツが好きだ。
昔はやるのも観るのも好きだったけど、
今はほとんど観るだけ。

とりわけサッカーは大好き。
代表戦はもちろん、
ヨーロッパの各国リーグや、
Jリーグの試合も、
よくチェックしている。

マインツ武藤の2ゴール

今季からブンデスリーガのマインツに移籍した武藤が、
リーグ戦初ゴールをマークした。

やはり日本人の活躍はうれしいし誇らしい。

彼は、この日の活躍で、試合のあとに、
サポーターからマインツ特有の祝福を受けた。

マインツ武藤が嬉しい初体験! 勝利の儀式「フンバ」とは!?(Yahooニュース)
私が読んだ記事↑

マルティンシュミット監督の粋な計らい

その中で私が注目したのはこの部分↓(記事より引用)

86分に交代を告げ、
万雷の拍手と喝采を浴びながらピッチを下がるという
最高の“カーテンコール”を武藤に用意したマルティン・シュミット監督は、
みずからも称賛を込めた日本式のお辞儀でこの日のヒーローをベンチに迎えた。

86分に交代が告げられた。
「あぁ、途中交代したんだ・・・」
くらいにしか思っていなかったのだが、
なるほど、途中で下がる選手は、試合中に活躍していれば祝福されてベンチに下がる。
試合が終わるまでピッチにいると、ひとりが注目を浴びることはない。

最高のカーテンコール。
途中交代にはこんな意味も込められるんだと、
この記事を読んで初めて知った。

選手に対する敬意と尊重から生まれる信頼関係

信頼関係を創り上げるのは、
本当にちょっとしたことだ。

ちょっとしたことの積み重ね。
これが、上司と部下の信頼を積み上げていく。

サッカーの試合であれば、毎日のことではないし、
その中で活躍をすれば、とりわけ粋な計らいはやり易くもある。

しかし、ビジネスの日常でもこういったことに意識は向けられる。

ちょっとした粋な計らい。
これを何気なくやることで、
部下との信頼関係を高めてみてはいかがでしょうか・・・。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
ニュアンスは事実に変換しなければならない ~チームへのコーチングの挑戦~

チームにおいてコミュニケーションは言うまでもなく重要であるがそのコミュニケーショ …

no image
『私はこう思う』を育てよう ~チームへのコーチングの挑戦~

今日の日経新聞 一面の春秋にインドと日本の試験に関する文化の違いを伝える記事が掲 …

no image
主体的に生きるということは…。

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …

大阪都構想の説明は不足していたのか?

大阪市民の審判が下った。 わずか1万票の差で、大阪都構想は否決となった。 橋下市 …

“チーム”の適正人数

チームは少人数であること。 ピーターホーキンス著、田近秀敏監訳『チームコーチング …

小林創建 チームコーチング 3rd season

3回目のチームコーチング@小林創建 松本 本日より、小林創建のチームコーチング3 …

西城洋志さん講演① 失敗の捉え方 〜シリコンバレーツアー2017〜

シリコンバレーツアーは、 Yamaha Motor Ventures &#038 …

チームに欠かすことのできないリーダーシップ育成

リーダーシップは、個を発揮すること。 その個性によって、その人だからこそ可能とな …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

no image
成果と人間関係 ~チームコーチングの大きな課題~

チームコーチングの学び 本日はとあるチームのチームコーチングセッション。 6回シ …