チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

小林創建 チームコーチング 3rd season

   

3回目のチームコーチング@小林創建 松本

本日より、小林創建のチームコーチング3回目。
去年の10月から、およそ10か月ぶりの再会だ。

メンバーは、経営幹部チーム7名。
これからの小林創建の根幹を担う7名だ。

前期決算目標を達成し、
いわゆる『勝ちグセ』をつけていくための重要な機会。

10か月という時間が空いたという認識は、
すべての人になかった。
私も同じ。
まるで昨日のことのように、
前回のチームコーチングが思い起こされるが、
時の流れるのは早いものだ。

3回目のチームコーチングは新たなメンバー

過去2回のチームコーチングは、
最初は6名、次は9名という人数で実施したが、
今回はまた新たなメンバーが。

ひとりでもメンバーが変わると、
チームはまた新たなスタート。
仕切り直しが必要だ。

今までのミッション、
今までのルール、
今までのさまざまな前提、
目指す方向、

大きな変更を要する場合もあれば、
微調整が必要な場合もある。

メンバーが変わると、
それぞれの関係性が変わり、
程度の代償こそあれど、
新たなチームにおける様子見が起こる。

自分が担う役割、
新たなメンバーとの関係、
新たなメンバーが加わったことによる他のメンバーとの関係、
このメンバーの中で誰が主導権を握るのか。

など…。

だから、
メンバーが変わる(ひとりでも増えたり減ったり)ときは、
注意深く、そしてしっかりと、枠組みをつくりなおす必要がある。

今回のチームコーチング初日でしたこと

今回のチームコーチング初日ではこんなことしました。

・私たち(チーム)のミッション
・このメンバーで扱わなければならないこと
・前期について、うまくいったこと
・今ある問題・課題
・メンバーの意識・姿勢(あり方)の現状

これを一日かけて…。

たくさんの気づきと刺激のあった一日だったようです。
明日はさらに前進します。

20150831_チームコーチング_小林創建_松本_2_半谷知也

 

 - チームコーチング

  関連記事

組織の隙間は誰かが埋める

組織だからこそ可能なこと 個人では決して創れないものが、 組織では可能になること …

チームを結成したら明確に掲げなければならない目的 ~2015札幌よさこいソーラン祭り~

本日は久しぶりに北海道へ。 明日のイベント出席のために来たのだが、 なんと運のい …

no image
競争の健全性

昨日『競争と共創』に触れた 書きながら改めて健全な競争の重要さを感じたのだがじゃ …

心で聴くこと 耳で聞くこと ~コーチングでメモを取ると…~

「メモは取らないんですか?」 コーチングを教えているときに、よく出る質問だ。 私 …

no image
イメージを膨らめるメタファーの力 ~チームコーチングで組織に変革を~

メタファー(比喩)はトレーニングの世界において効果的に理解を促す上であるいはイメ …

チームコーチングに関するインタビュー@富山ユニオンランチ

富山県富山市にあるユニオンランチ。 去年の7月から11月まで計4回、5日間の日程 …

no image
ファールボールには十分ご注意ください

昨日はQVCマリンフィールド 千葉ロッテvs埼玉西武の試合 もう20年も前の話に …

意図の階段 〜プレゼンテーション達人への道〜

プレゼンが苦手な日本人 本日はプレゼンテーションの基礎講座。 プレゼンに対する苦 …

no image
チームコーチングin松本

本日は松本の住宅メーカーにて経営責任者チーム6名のチームコーチング3日目(セッシ …

no image
個人事業主スタート1周年

独立してはや1年が過ぎました 『独立』っていろいろな考え方があると思うのですが個 …