チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

小林創建 チームコーチング 3rd season

   

3回目のチームコーチング@小林創建 松本

本日より、小林創建のチームコーチング3回目。
去年の10月から、およそ10か月ぶりの再会だ。

メンバーは、経営幹部チーム7名。
これからの小林創建の根幹を担う7名だ。

前期決算目標を達成し、
いわゆる『勝ちグセ』をつけていくための重要な機会。

10か月という時間が空いたという認識は、
すべての人になかった。
私も同じ。
まるで昨日のことのように、
前回のチームコーチングが思い起こされるが、
時の流れるのは早いものだ。

3回目のチームコーチングは新たなメンバー

過去2回のチームコーチングは、
最初は6名、次は9名という人数で実施したが、
今回はまた新たなメンバーが。

ひとりでもメンバーが変わると、
チームはまた新たなスタート。
仕切り直しが必要だ。

今までのミッション、
今までのルール、
今までのさまざまな前提、
目指す方向、

大きな変更を要する場合もあれば、
微調整が必要な場合もある。

メンバーが変わると、
それぞれの関係性が変わり、
程度の代償こそあれど、
新たなチームにおける様子見が起こる。

自分が担う役割、
新たなメンバーとの関係、
新たなメンバーが加わったことによる他のメンバーとの関係、
このメンバーの中で誰が主導権を握るのか。

など…。

だから、
メンバーが変わる(ひとりでも増えたり減ったり)ときは、
注意深く、そしてしっかりと、枠組みをつくりなおす必要がある。

今回のチームコーチング初日でしたこと

今回のチームコーチング初日ではこんなことしました。

・私たち(チーム)のミッション
・このメンバーで扱わなければならないこと
・前期について、うまくいったこと
・今ある問題・課題
・メンバーの意識・姿勢(あり方)の現状

これを一日かけて…。

たくさんの気づきと刺激のあった一日だったようです。
明日はさらに前進します。

20150831_チームコーチング_小林創建_松本_2_半谷知也

 

 - チームコーチング

  関連記事

息子をモチベートした報酬の力

チャレンジすらしなかった網渡り 写真の綱渡りというか…、網渡りというか…。 我が …

チームには解散が必要だ 〜チームコーチング〜

永遠につづくチームはない チームは必ず、結成のタイミングがある。 そして、結成の …

no image
『一を聞いて十を知る』 コミュニケーションの幻想 ~チームへのコーチングの挑戦~

『一を聞いて十を知る』 意味を調べてみると 『一を聞いて十を知るとは、物事の一端 …

傾聴の心構えとスキル 〜コミュニケーションスキル〜

コミュニケーションはスキルだけではダメ コミュニケーションを向上させたいと願う人 …

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.1

コーチングは使える! コーチングというものは、 非常に有効なコミュニケーションの …

no image
組織に蔓延する正解探し

組織には、 さまざまな問題やパターンが存在する。 社風、 組織文化、 慣習、 当 …

no image
子どもとの鬼ごっこから学ぶ育成のペース ~チームへのコーチングの挑戦~

子どもとの鬼ごっこの体験があるだろうか? 私には4歳の息子がいる 最近息子と公園 …

no image
組織のトップはわかちあい続けなければならない

今日はコーチング研修。 コーチングの基礎的なところを学習し、 実際に基本的なコー …

no image
お客様は神様で、部下も神様?part2

前回からの続きブログでございます。 お客様と部下の利害の違い お客様と部下は違う …

no image
誤解を招くニュースの見出し②

「神戸で足場が崩れた」 かなり話題になったニュース 昨日友人と食事をしていたのだ …