チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

嫌われ役は組織に必要か?

      2015/08/24

嫌われ役が必要だという勘違い

「誰かが嫌われ役になる必要があるんだ」
「きついことを言う人が必要だろ?」

なんて言葉をよく耳にする。
甘いだけでは組織は成果をつくらない。
締めるところを締める場面は必ずあるだろうし、
適切なタイミングでそれを行う必要がある。

人は役割にハマりやすい。
というよりも、自分を役割にはめやすい。
役割にはめるとわかりやすいしラクだからだ。

自分がしなければならない仕事が明確になるし、
担う責任の範囲が明らかになる。

反面、柔軟であることを忘れる。

無意識に変容する人の解釈

「時には耳に痛いことを言う人が必要だ」

これが微妙に形を変えて、

「組織には嫌われ役が必要だ」

さらに形を変える

「自分は嫌われ役でなければならない」

 

「時には耳にい痛いことを言う人が必要だ」
なぜならば、そのことによって生まれる気づきがある。
漏れていた視点に気づく。
人の成長につながる。
より大きな成果につながる可能性がある。
トラブルの回避につながる。

この目的のために、「耳に痛いこと」は必要だ。

 

でも役割にハマると、
「嫌われ役であること」
が目的になる。

しかも非常に無意識に…。

『嫌われ役』が必要なわけではない

『嫌われ役』などという役割はない方が良い。

この役割は辛そうで楽だ。
だって嫌われていればいいのだから。

自分を『嫌われ役』と位置付けていると、
身体は無意識にそれを演じる。

すると、言わなくていいところで、『嫌われ役』が顔を出す。
「こんな伝え方しなくてもいいのに」なんて、
振り返れば思うことが、自然と口から飛び出ていく。

『嫌われ役』であることを決意するのではなく、
その奥に隠れているもっと大事な目的を達成する必要があります。

いかがでしょうか?
あなたは…、
あるいはあなたの周りの誰かは、
知らず知らずのうちに、『嫌われ役』であることに、
目的を置いてしまっていませんか?

 - チームコーチング

  関連記事

no image
子どもとの鬼ごっこから学ぶ育成のペース ~チームへのコーチングの挑戦~

子どもとの鬼ごっこの体験があるだろうか? 私には4歳の息子がいる 最近息子と公園 …

no image
地図は領土ではない ~救急車の音は”んーぱー”~

『地図は領土ではない』 NLPのひとつの前提だ 地図は実際の土地からかなりの情報 …

no image
女子レスリングチーム ワールドカップ優勝に見る目標への動機付け

最近はスポーツ観戦で涙を流すことが多くなった まあスポーツ観戦に限らず朝ドラのご …

no image
働き方改革って…

働き方改革 「いやぁ、うちの会社、ブラック企業で…」 こんな会話は今どきのものだ …

肉体改造とチーム変革のプロセスは似ている!

私の肉体改造 今年の6月から肉体改造に着手した。 毎年一度はやってくる ぎっくり …

no image
チームコーチング勉強会2014 in 名古屋

毎年(と言っても2回目らしいが…)開催されるチームコーチのための勉強 …

no image
コーチングとの出会い ~チームコーチングで成果を創る真のチームを!~

『コーチング』という考え方は、基本的な部分では一致していると私は思っている。 し …

まずはこれだけ!コーチングのスキル ~ラポール編~

コーチングのすべてを掌る(つかさどる)と言っても過言ではないラポール。 コーチン …

「駆けたら転ぶ」子供の観念形成に多大な影響を与える親の言葉

長期休暇明けの素敵な朝。 息子2人は今日から保育園。 朝日の力を借りながら、眠た …

no image
絵本を書いて親友を救う ~世界を変えるTV~

何気なく見ていた世界を変えるTV ある6歳の少年が「病気の親友を救いたい」という …