チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

強みを活かすチームづくり

   

言わずと知れたドラッカー様。
毎月届く日経トップリーダーの中で、
楽しみにしている記事がある。

『ドラッカーに学ぶ経営』
というコーナー。

ドラッカーの言葉を紹介しながら、
経営に活かした実例を紹介している。

今月は、こんな言葉。

『強みを伸ばすということは、
弱みを無視していいということではない。
弱みには常に関心を払わなければならない。
しかし人が弱みを克服するのは、
強みを伸ばすことによってである』

そして、

ドラッカー学会理事の佐藤等さんは、こう続けた。

『他人の強みを使い、自分の弱みを意味のないものにする。
それがチームだ。
1+1が2以上になる。相互補完が、チーム力の源泉だ』

事例は、長野県原村の『かめや』という会社。
長野県を中心にたこ焼き屋チェーンを展開しており、
私も松本に住んでいた時は、たくさんいただいた。

20150819_チームコーチング_強みを活かして相乗効果を_ドラッカーに学ぶチームづくり_半谷知也

強みを活かした役割分担

簡単に言うと、
事例の中では、社長と専務の役割分担について書いている。

社長の強み/得意なことは新しいことへの挑戦
専務の強みは業務改善などの緻密さが求められる仕事

社長が業務改善に携わってうまくいかなかったところを、
専務に任せたとたんに不採算店舗が黒字化していった。
社長は新規出店に専念。

得意な攻めと得意な守り。
こんな風に役割分担したことで、組織としての業績はアップしていった。

強みを知ること

自分の強みをどれだけ知っているだろうか。
仲間の強みをどれだけ知っているだろうか。
自分の強みをどれだけ知ってもらっているだろうか。

これらはどれもおろそかになることが多い。

弱みを補うことは、修行であり美徳のように扱われる。
だから、歯を食いしばってやり続ける。
それで能力が開発されると自分も周りも信じている。

それが強みを十分に活かした上での修行ならばまだ解る。
しかし、強みを全く発揮していない中では、
かなり燃費の悪い走行をしているかもしれない。

まずは強みを知り、受け入れること。
自分や組織のメンバーの強みをどのように活かせるか。

組織にはいろいろな人が集まる。
いや、集めなければならない。

自分が弱いところは人にとっては強みであることは多い。
しかし、多くの組織は、弱みに焦点が当たるため、
ある強みを十分に活かせていないことがある。

というわけで、
自分の強みに焦点を当てましょう。
そして認めましょう。
全てはここから始まります。

 - チームコーチング

  関連記事

『弱者勝利のビジネスセミナー』in大阪

本日は大阪にて講演をさせていただきました。 テーマは『弱者勝利のビジネスセミナー …

no image
枠組みの力 ~チームコーチングによる自発的組織改革~

本日の日経新聞 春秋にこんな記事が載っていた 五輪が世界のトップ選手の技を全員で …

仕事の勉強会 @松本

仕事の勉強会 毎月開催の勉強会をさせていただくこととなりました。 仕事や職場にお …

私のぎっくり腰はどのように治るか ~重要な変化の3ステップ~

代えの利かない私の仕事 私の腰は爆弾を持っている。 つい先月もぎっくり腰をやった …

目的のレベル

photo credit: 一本松 via photopin (license) …

no image
チームは手段であり目的ではない

半谷です。こんばんは。 今日は組織とその目的のお話。 組織を支援する時に、 その …

no image
接客に必ず役に立つコーチングの技術

今日は有楽町のとある百貨店へ靴の修理が主な目的であったが同じフロアにお気に入りの …

教育現場にチームコーチングを〜常葉大学での取り組み〜①

常葉大学特別授業〜チームコーチング〜 昨日は、静岡県静岡市にある、常葉大学瀬名キ …

no image
個人事業主スタート1周年

独立してはや1年が過ぎました 『独立』っていろいろな考え方があると思うのですが個 …

事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす 〜コーチングで成果をつくる〜

ヒトの行動を妨げるヒトの解釈と決断 私たちは一日の中でさまざまな出来事と遭遇しま …