チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

強みを活かすチームづくり

   

言わずと知れたドラッカー様。
毎月届く日経トップリーダーの中で、
楽しみにしている記事がある。

『ドラッカーに学ぶ経営』
というコーナー。

ドラッカーの言葉を紹介しながら、
経営に活かした実例を紹介している。

今月は、こんな言葉。

『強みを伸ばすということは、
弱みを無視していいということではない。
弱みには常に関心を払わなければならない。
しかし人が弱みを克服するのは、
強みを伸ばすことによってである』

そして、

ドラッカー学会理事の佐藤等さんは、こう続けた。

『他人の強みを使い、自分の弱みを意味のないものにする。
それがチームだ。
1+1が2以上になる。相互補完が、チーム力の源泉だ』

事例は、長野県原村の『かめや』という会社。
長野県を中心にたこ焼き屋チェーンを展開しており、
私も松本に住んでいた時は、たくさんいただいた。

20150819_チームコーチング_強みを活かして相乗効果を_ドラッカーに学ぶチームづくり_半谷知也

強みを活かした役割分担

簡単に言うと、
事例の中では、社長と専務の役割分担について書いている。

社長の強み/得意なことは新しいことへの挑戦
専務の強みは業務改善などの緻密さが求められる仕事

社長が業務改善に携わってうまくいかなかったところを、
専務に任せたとたんに不採算店舗が黒字化していった。
社長は新規出店に専念。

得意な攻めと得意な守り。
こんな風に役割分担したことで、組織としての業績はアップしていった。

強みを知ること

自分の強みをどれだけ知っているだろうか。
仲間の強みをどれだけ知っているだろうか。
自分の強みをどれだけ知ってもらっているだろうか。

これらはどれもおろそかになることが多い。

弱みを補うことは、修行であり美徳のように扱われる。
だから、歯を食いしばってやり続ける。
それで能力が開発されると自分も周りも信じている。

それが強みを十分に活かした上での修行ならばまだ解る。
しかし、強みを全く発揮していない中では、
かなり燃費の悪い走行をしているかもしれない。

まずは強みを知り、受け入れること。
自分や組織のメンバーの強みをどのように活かせるか。

組織にはいろいろな人が集まる。
いや、集めなければならない。

自分が弱いところは人にとっては強みであることは多い。
しかし、多くの組織は、弱みに焦点が当たるため、
ある強みを十分に活かせていないことがある。

というわけで、
自分の強みに焦点を当てましょう。
そして認めましょう。
全てはここから始まります。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
アサーティブコミュニケーション

アサーティブコミュニケーション最近はこの言葉をよく耳にするようになってきた 私の …

まずはこれだけ!コーチングのスキル① ~傾聴編その一~

コーチングをするにあたり、コーチとしてのあり方とスキルをたくさん学んできた。 あ …

適切な目標と短期的な成果 ~にっこりわらって減量生活②~

今までうまくいかなかった・・・、 というか、「やらなきゃなー」って心で思いながら …

「Give First」西城洋志さん講演 〜シリコンバレーツアー2017〜

シリコンバレーは村社会 シリコンバレーはやさしい。 でも…、 シリコンバレーは情 …

no image
「ちゃんと聴く」2つの心構え 〜コーチングの基礎〜

日本にいれば誰でも知っている、 とある企業から定期的にコミュニケーションの講座を …

no image
強いチームを創るエンロールの力② ~チームコーチングによる自発的組織変革~

『ビジョン実現に不可欠なエンロール』 “チームを創る”と …

関わりの土台を築く 〜マネジメントのコツ〜

「きびしく関わるぞ」 本田圭佑が帰ってきた。 24日に行われるアフガニスタン戦に …

会議の枠組み設定 〜ファシリテーションの技術〜

会議の枠組みづくりの重要性 会議には場作りが欠かせない。 どういう条件や前提で会 …

コーチングの基本的な進め方 ~GROWモデル~

今日は超代表的なコーチングの進め方、GROWモデルをご紹介。 モデルの重要性 コ …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …