チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

仕事の勉強会 ~ファシリテーション編~

   

本日は仕事の勉強会。
松本にて。

1か月に1度のビジネスマンのための勉強会は、
いよいよ5回目を迎えた。

20150807_チームコーチング_仕事の勉強会_ファシリテーション_松本_2_半谷知也

写真館の新装されたスタジオを使っての勉強会。
なかなかすてきなシチュエーション。
でもムーディ過ぎて眠くなっちゃったみたいです…。

ファシリテーション編 ~会議のススメ方~

今日のテーマはファシリテーション。
まあ、ファシリテーションといっても、
会議の進め方に特化したファシリテーション。

会議は退屈。
会議は苦手。
会議はあまりやらない。
会議は楽しいものではない。

会議に対しては、あまりポジティブな印象はないみたい。
そして、多くの人は、
会議の進め方をあまりしらない。

ファシリテーション講座はこんなことをやりました

ファシリテーションとは何か
ファシリテーターの心構え
会議の目的について
会議の種類について
会議の正しい進め方や準備について
ファシリテーターがやること
ファシリテーターが観ること
ファシリテーターがやってはいけないこと
ブレインストーミング
意思決定のやり方
そして、
朝から夕方まで、
会議の演習7個

人は意見を言いたい生き物

普段あまり意見を言わない人も
あまりやる気がなさそうに見える人も
実は自分の意見を言いたい欲求をたくさん持っている。

人は関心があることや、
思いを持って取り組んでいることに対して、
必ず自分なりの意見や考えやアイデアを持っている。

それを場に引き出すことは、
他ならぬファシリテーターの役割であり、
ファシリテーターの能力だ。

望ましいのはコンセンサス

会議では意思決定をして、行動に変容が起きる必要がある。
もっと言えば、その結果今までとは違う、
望む結果を創り出すことが、会議の目的だ。

そして、
会議においては、できるかぎりコンセンサスを取っていくことが望ましい。

それは、全員の納得。

でもそれは、現実的になかなか難しい。
実際に平行線をたどることも少なくはない。

会議において人が望むことは。
①意見を言えること
②意見を受け容れてもらえること
③自分の意見が採用されること

これが全て受け入れられれば、
かなり幸せである。

ところが、
多くの場合、①すらない。

人は、①と②のプロセスによって、
かなりの満足感を得ることができる。
採用はされなかったけど、
少なくとも自分の意見を言えた。
あるいは聴いてもらえた。
理解はしてもらえた。

このプロセスが非常に重要だ。

潜在的な素敵なアイデアはたくさんある。
会議という場は、
それを自由に披露してOKな場所でなければならない。

会議にはさまざまな恐れが充満している。
それを解放する場をつくることこそ、
ファシリテーターの重要な仕事。

それが理解してもらえた、
良い一日だったような感じがする。

 

 - チームコーチング, ファシリテーション, 会議

  関連記事

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない②

「メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①」より続き メンターにコーチン …

アトラス設計次世代 チームコーチング初回の初日

本日よりチームコーチング。 アトラス設計の次世代を担う、 アラサー8人衆のチーム …

no image
お客様は神様で、部下も神様?part1

ちょいとお高めのお肉屋さん 先日、おそらく多くの人が知っているであろう、 お肉を …

【告知】チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチングカンファレンス2015 開催決定! 今年もやります、チームコーチ …

no image
「お前たち自身は小さい だが民衆の力は強い」 ~MANDELA~

本日は映画を一本もちろん会ったことはないが強く尊敬する男の生き様を見つめてきまし …

no image
チームコーチングin松本

東京や千葉から若干遅れてこの時期は松本はちょうど桜が見ごろ 松本城山ひとつまるご …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …

no image
お客様は神様で、部下も神様?part2

前回からの続きブログでございます。 お客様と部下の利害の違い お客様と部下は違う …

まずはこれだけ!コーチングのスキル① ~傾聴編その一~

コーチングをするにあたり、コーチとしてのあり方とスキルをたくさん学んできた。 あ …

チームをモチベートする目的の力

何のためにやるのか 何をするにも目的が明確な方がいい。 何のためにやるのか。 誰 …