チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

肉体改造とチーム変革のプロセスは似ている!

      2015/08/06

私の肉体改造

今年の6月から肉体改造に着手した。
毎年一度はやってくる
ぎっくり腰を何とかしたいと思ったのがきっかけ。

今回はトレーナーの知り合いに、
「根本的な肉体改造をすることで、
一年を通じて仕事でいいパフォーマンスができるようにしたい」
と目的を伝えたところ、
超一流のトレーナーを紹介していただいた。

細かい目的はいろいろあった。
・健全に体を絞ること
・健康でいられる(病気しない)体づくり
・体の柔軟性アップ
など

20150804_チームコーチング_肉体改造と組織変革_半谷知也photo credit: Sandra Wickham Fall Classic 2014 via photopin (license)

(あ、ちなみに↑こうなりたいわけではありません…)

腰が悪ければ、整体やマッサージ。
こんな風に思っていた。
もちろんそれはそれで効果はあった。

しかし、通い始めて3カ月になるが、
毎回新たな発見がある。

私の場合は、表面的な筋肉が硬いのもあるけど、
それ以上に、身体の筋膜が癒着を起こしている。

そして硬い筋肉の中でも、
特に問題なのが数か所。

そこが本質的にほぐれない限り、
いくら柔軟をやっても柔らかくはならない。

な~る~ほ~ど~。

柔軟結構頑張っていたけど、
可動域が全く広がらないのはそういうことなんだなぁ。

というわけで、今は、
「ここが根本的な原因」
というところに手を入れている。

このプロセスは、痛いし苦しい。
やりたくないし逃げたくなるし、
なぜならば、今まで動かしていなかった筋肉を、
動かしているわけで、
動かしていなかった筋肉は、きっと動きたくないわけで、
それを動かそうとしているのだからエライことだ。

チームコーチングもそんな感じ

私の仕事は、
個人の意識変革を通じてリーダーを育てること、
組織の行動変容を通じて成果をつくる真のチームに変容させること。

そのプロセスは非常に似ている。

自分たちでは当たり前になってしまっている、
さまざまな考え方や行動のパターンに気づかせていく。

本質的な現状の問題点にフォーカスをして、
その改善・改革に徹底的に取り組める道筋をつくる。

無論取り組むのはメンバー自身。
手とり足とりはうまくいかない。
結局は依存がうまれ、
自分たちの力で前進させることができなくなる。

チーム・組織は可動域を広げてナンボ

そのプロセスは心理的な(時に肉体的な)ストレッチを伴う。
だからきつい。

でもこの可動域を拡げない限り、
より大きな成果を生み出したり、
時代や社会の変化に対応していったりすることはできない。

問題の本質に気づくこと
その問題に対処すると決めること。
問題のベストの解決案をメンバー全員で考えること
そして、
決めたことやること

変革のプロセスは実にシンプルだ。
やるっきゃない!

 - チームコーチング

  関連記事

ぼこぼこのグラウンド ~チームコーチングで真のチームづくり~

少年時代に野球に没頭したグラウンド。   このマウンドからたくさんの球 …

no image
新入社員研修から一週間

先日新入社員研修をやらせていただいた会社に立ち寄ってみた まだ一週間しか経ってい …

Integrity Coaching 「突貫コーチング」vol.1

コーチングは使える! コーチングというものは、 非常に有効なコミュニケーションの …

アトラス設計&カイ設計 チームコーチング2期3回目 

本日はアトラス設計・カイ設計にてチームコーチングでした。 2期目をスタートして3 …

大きな成果を手にするために

ハイリスクハイリターン より大きな成果を手にするためには、 より大きなリスクを覚 …

『チームコーチングの実践と可能性』について講演してきました!

本日は国を代表するような千葉県の地域総合病院にて、 コーチングとチームコーチング …

チームコーチングって何なのか? ~小林創建のチームコーチングから~

小林創建のチームコーチングを振り返る中で、 改めてチームコーチングってどういう機 …

あっという間に機能不全に陥るチームをどのように機能させるか vol.2

チームがぶつかる壁 私は経営幹部チームのチームコーチングを実施することが多い。 …

no image
当事者意識を持たせるための3ステップ

求められる「当事者意識」 「当事者意識を持て」 なぁんていう言葉をよく耳にする。 …

〜会議の枠組みづくり② 〜ファシリテーションの基本

さて昨日の続きです。 (昨日のブログはこちら) 枠組みづくりについて、具体的にご …