チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

新入社員研修 3カ月フォローアップ@アトラス設計

      2015/07/13

新入社員研修 フォローアップ

本日は、
チームコーチングを実施しているアトラス設計において、新入社員のフォローアップを実施。

4月に入社した新入社員4人が
どのように成長し、どんなことを考えているのか、
今どのような状態なのかを、
止まって見つめる時間にしました。

20150710_チームコーチング__アトラス設計_新入社員研修_フォローアップ_1

写真を観るとわかりますが、
なんと今回は会社の上層部のみなさんが、オブザーブ参加。
まるで参観日のようでした。

止まって客観的に観る

新しいことを学ぶというよりも、
4月に学んだことをどのように活かしているのか。

3カ月経ったからこそ、成長したこと。
3カ月経ったからこそ、直面している課題。

日々一生懸命走っていると、
自分がどのように走っているのか。
どこを走っているのか。
何のために走っているのか。

こういったことが見えなくなってしまう。
そんなことはよくあることです。

だからこそ、
止まって観て、
自分を客観的視点に立たせてあげるというのは、
機会を創るだけでも大事なことなんですね。

客観的に観るってどんなことか。
この言葉はよく使うけれども、
いまいちよくわからなかったりもします。

これは、
自分のことをまるで他人事のように観るということ。

例えば、選手としてサッカーの試合をしているとしましょうか。
プレーヤーは、
一生懸命走っているし、蹴っている。
うまくいくこともいろいろあるし、
ミスをすることだってある。

仲間とうまく連携しているときもあれば、
周りが全く見えないなんてこともある。

プレー中は、見えていないことが実はたくさんあるんですね。
でももし録画して全体を観ていたとしたら、
あるいは、自分がプレイしているところを観客席で見えたとしたら、
プレイ中は見えていないいろいろなことが見えるわけです。

これが振り返りのいいところ。

走りながら考えろ

こんな風に言う上司や先輩っていませんか?

私が以前実施した地方銀行の中堅社員向け研修で、
”PDCAサイクル”の重要性について改めてお伝えして、
「質問ありますか?」
って聴いたら、
「私の上司は『走りながら考えろ』って言うんですけど、どうしたらいいですか?」
って質問がきました。

「その上司はどうやって”走りながら考えている”のか、
具体的にそのやり方を聴いてみてください」

このように、
「立ち止まる」時間があったらとにかく走れ!
と檄を飛ばす文化は少なからずあると思います。

でも走りながらでは見えないものが必ずあるんです。

あ、ちなみに、走りながら考えなければならない時はあると思います。
私もそういう場面はあったりします。

でもそれとこれとは別の話。
勇気を持って止まりましょう。

ビジネスでも振り返りによって成長する

ちゃんと振り返って、次のプランをするからこそ、
効率的な成長を望むことができる。

何がうまくいったのか。
何が課題なのか。

これを明確に理解するから、対策を立てることができます。
学習を感覚的なものだけに委ねていると、
学習のスピードは半減してしまいます。

思考と感覚の両方をバランスよく。

感覚的なものや体験を大事にしている人は、感覚を。
思考的なものや論理を大切にしている人は、分析を。

それぞれ大事にしますし、
得意なやり方ですから自然にそのように脳と体が動くわけです。

でもバランスよく使ってあげることが、
学習のスピードを速めるわけです。

というわけで新入社員研修フォロー

今回は、
・成長の軌跡
・現状における課題やテーマ
・強みについて(個人とチーム)
・目標設定と達成プランについて
・同期での支え合い

こんなことをテーマに進めました。
本人たちにとっても、
そして参観したみなさんにとっても、
気づき、発見の多い一日になったようです。

彼らがどのように飛躍していくのか、
かなり楽しみです。

20150710_チームコーチング_アトラス設計_新入社員研修_フォローアップ_2

 - チームコーチング

  関連記事

no image
志士仁人とは ~リーダーシップをどのようにとるのか~

『子曰、志士仁人无求生以害仁有杀身以成仁。』 孔子さんが言った。『高い志を持ち人 …

ついついやりがちな「いいからやれ!」では心が動かない

子育て奮闘中 我が家では6歳と3歳の子育て中。 「いいからやれ!」 の場面は山ほ …

目標達成のためには計画変更を恐れず柔軟に

阿部フォトグラフィー プロジェクトチームコーチング 阿部フォトグラフィーにて、 …

no image
アサーティブコミュニケーション

アサーティブコミュニケーション最近はこの言葉をよく耳にするようになってきた 私の …

no image
嫌われ役は組織に必要か?

嫌われ役が必要だという勘違い 「誰かが嫌われ役になる必要があるんだ」 「きついこ …

no image
ファールボールには十分ご注意ください

昨日はQVCマリンフィールド 千葉ロッテvs埼玉西武の試合 もう20年も前の話に …

成果をつくる組織のトップは信頼を育てる 〜チームコーチング〜

組織は当然ながら個人とは違って、 自分の考えだけで物事を進めていくことができない …

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …

チームコーチングって何なのか? ~小林創建のチームコーチングから~

小林創建のチームコーチングを振り返る中で、 改めてチームコーチングってどういう機 …

no image
傾聴はコーチングの始まり③

傾聴はコーチングのすべてにつながる 傾聴はコーチングにおけるすべての入り口だ。 …