チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

成果をつくるための鉄則サイクル

   

戦略にはまる多くの人々

目標達成にしても、
問題解決にしても、
人はあまりにも「何をするか」ということにはまる。

ハマるのはいいことなのだが、
ハマり方に工夫が必要だ。

あまりにも安易に、
「じゃあ、何をしたらいいだろうか?」ということに人は食いつく。

大事なことを忘れている。

成果をつくるための鉄則サイクル

20150617_チームコーチング_戦略の前に目標_半谷知也

どうやるのか?

つまり戦略や計画といったプランに行く前に、
考えなければならないことがたくさんある。

どうやるのかの前には必ず、「目標」がある。

つまり、いつまでに何を達成するのか。
これが少しでも曖昧であれば、
戦略を立ててもそれが有効かどうかは測ることができない。

そして、目標を後付けしたのであれば、
手戻りが発生する可能性が大いにある。

したがって、
目標はかなり厳密なレベルで、
そして必要に応じては細分化して、
設定する必要がある。

戦略の前には、
「何を達成するのか」
ということを必ず明確にしなければならない。

目標の前(向こう側)にはビジョン

目標は、必ずビジョンにつなげなければならない。
目標は数字を伴う。

数字だけを追っていると、
意識はどうしても『ノルマ』になり、
やらされ感につながってくる。

その数字が、
何に繋がっているのかを具体的にイメージすることが必要だ。

この数字をやることを通じて、
自分にとって意味のある、
『誰がどのように喜ぶのか』
あるいは
『社会に対してどのように役に立っているのか』
ということをイメージする必要があるのだ。

そのことは、継続的なモチベーションにつながる。
何か壁に当たったとしても、
「このためにやっているんだな」
ということを意識できる。

目標の向こう側には、
自分にとって意味のあるビジョンを
常に描いていることが重要だ。

ミッションがビジョンをつくる

ビジョンの基にあるのは、ミッションだ。

自分はあるいは組織は、
何のために存在するのか。
自分の存在を何に使うのか。

自分がこだわりを持ってやり続けること。
現実的なこの瞬間に、何を起こすのか。

その行動や成果の連続が、
ビジョンに繋がっていく。

何をするかは全てミッションから

戦略を考えるパイプは
多くの人が兼ね備えている。

しかし、戦略の前の目標。
その前のビジョン、
その前の目的・ミッション。

これらをつなぐパイプは、どのくらい太く持っているだろうか?

私が観てきた人や組織は、
多くのそれが切れていたり、かなり細かったりする。

このパイプを太くすることは、
成果への流れを強大なものにしてくれる。

是非是非これを鍛えていきましょう。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
ファールボールには十分ご注意ください

昨日はQVCマリンフィールド 千葉ロッテvs埼玉西武の試合 もう20年も前の話に …

no image
印象をつくるモノのいい方伝え方 ~メラビアンの法則~

「何もそんないい方しなくたって…」日常の中で誰もが心の中でよく発する …

組織の隙間は誰かが埋める

組織だからこそ可能なこと 個人では決して創れないものが、 組織では可能になること …

no image
子どもに掛ける言葉の工夫 「片づけて」と「もどして」

朝の時間にゆとりがあるときはごちそうさんを見たあとにあさいちを観ながら1日のプラ …

no image
成果と人間関係 ~チームコーチングの大きな課題~

チームコーチングの学び 本日はとあるチームのチームコーチングセッション。 6回シ …

市川海老蔵ドキュメンタリー ~同世代のリーダーシップ~

正月の特番はいろいろと面白い。 今日は市川海老蔵のドキュメンタリーをやっていた。 …

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

no image
理解をつくる粘り強い対話②

さて昨日の続き。(昨日の記事はこちら) 受け取られたものがコミュニケーション コ …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …

子どもを育成するコーチングの考え方を受講して(その1) 〜PHPビジネスコーチ養成講座 マスタリーコース〜

PHPビジネスコーチ養成講座 今日は久しぶりに受講生。 私はPHP研究所のビジネ …