チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

チームコーチング事前インタビュー

      2015/06/09

7月から新たな企業のチームコーチングがスタートする。
人材派遣の会社だ。

対象は、この企業のトップチーム、
熱い思いを山ほど持った6名だ。

今日はその事前インタビューでした。

チームコーチングの事前インタビュー

チームコーチングを行う組織は、スタートの1か月から10日くらい前に、
必ずメンバー全員の事前インタビューを行う。

元々依頼を受けたスポンサー(今回は社長)のオファーを受けてスタートするわけだが、
社長の思いだけでは、現在地と目的地の認識が偏る可能性がある。

コーチングを端的に言うと…

コーチングは、
①クライアントの望む状態(ゴール)を明確にすること。
②現状(真実)を明確にすること。
結果、そのギャップが嘘偽りなく明確になる。そのため、
③最も効果的で効率的な計画・戦略の策定が可能となる。

これをクライアント自ら発見していくサポートすること。

これがコーチの役割だ。

チームコーチングは…

チームコーチングはこれを、
個人ではなくチームに適応する。

したがって、
メンバーそれぞれが考えるゴールや現在地は、
一致しているものもあれば、
時として大きくずれているときがある。

したがって、そのメンバー間のギャップを認識し、
お互いの認識を認めたうえで、
組織や企業にとってどこに向かうことがベストなのか。
それを徹底的に議論し、意思決定し、実行に移していくプロセスだ。

再び、チームコーチングの事前インタビューは…

事前インタビューは、
チームコーチングセッションをする前の準備運動。
チームコーチと、まずは1対1で、
今あるメンバーそれぞれの真実を、
チームコーチからは一切口外しないという約束で、
ひととおり語ってもらう。

場合によっては、
スポンサーから聴いていたことと、
現場で起きていることが180度違うということだってあり得る。

視点や立場が違えば、見えるものが違う。
経験や知識が違えば、聴こえるものが違う。
感性が違うから、感じることだって当然違う。

この違いを、
チームコーチングではテーブルの上に乗せる。

全部乗ったところから、よーいどん。
たくさんの葛藤が起きる。
そして多くの発見がある。
それらを受け容れることを通じて、
成長により大きな角度が付く。

組織がチームになるには

チームになるには、わかちあいが必要だ。
もともと、似ているようで全く違うメンバーが集まってきている組織。

集まっているだけでチームになると信じている人や組織は多い。

しかしチームになるには、プロセスが必要。

また新たなドラマが7月にスタートする。
非常に楽しみだ。

20150608_チームコーチング_事前インタビュー_半谷知也photo credit: Interview via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

成果をつくるための鉄則サイクル

戦略にはまる多くの人々 目標達成にしても、 問題解決にしても、 人はあまりにも「 …

組織におけるトップのリーダーシップ

慣れ親しんだマクドナルド ここ数日、マクドナルドがニュースをにぎわしている。 ど …

組織を一丸とするスローガン 〜チームコーチング@小林創建〜

チームコーチング@小林創建 今日は小林創建にてチームコーチング。 今期は掲げた目 …

人のやる気を左右するフィードバックの力

ちょっとしたことで下がるモチベーション 「おまえはいつも電気を消し忘れる…」 実 …

チームコーチング体験談 ~小林創建社長インタビュー~

本日は、長野県松本市。 去年の2月~10月までチームコーチングを実施いただいた小 …

大阪都構想の説明は不足していたのか?

大阪市民の審判が下った。 わずか1万票の差で、大阪都構想は否決となった。 橋下市 …

観察の視点 〜コーチングの有用性〜

photo credit: Baseball via photopin (lic …

自己表現文化の醸成②「文化形成のコツ」 〜コミュニケーションの基本〜

さて、前回(↓)からの続きである。 自己表現文化の醸成①「自己表現までのプロセス …

リスニングスキルの向上 〜コミュニケーション・トレーニング〜

本日はやはりコミュニケーションのトレーニング。 「聴き方」に特化した一日の講座。 …

チームコーチング3rd season (day2) @小林創建

小林創建チームコーチング2日目 本日は、小林創建にて、 チームコーチング初回2日 …