チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

チームコーチング事前インタビュー

      2015/06/09

7月から新たな企業のチームコーチングがスタートする。
人材派遣の会社だ。

対象は、この企業のトップチーム、
熱い思いを山ほど持った6名だ。

今日はその事前インタビューでした。

チームコーチングの事前インタビュー

チームコーチングを行う組織は、スタートの1か月から10日くらい前に、
必ずメンバー全員の事前インタビューを行う。

元々依頼を受けたスポンサー(今回は社長)のオファーを受けてスタートするわけだが、
社長の思いだけでは、現在地と目的地の認識が偏る可能性がある。

コーチングを端的に言うと…

コーチングは、
①クライアントの望む状態(ゴール)を明確にすること。
②現状(真実)を明確にすること。
結果、そのギャップが嘘偽りなく明確になる。そのため、
③最も効果的で効率的な計画・戦略の策定が可能となる。

これをクライアント自ら発見していくサポートすること。

これがコーチの役割だ。

チームコーチングは…

チームコーチングはこれを、
個人ではなくチームに適応する。

したがって、
メンバーそれぞれが考えるゴールや現在地は、
一致しているものもあれば、
時として大きくずれているときがある。

したがって、そのメンバー間のギャップを認識し、
お互いの認識を認めたうえで、
組織や企業にとってどこに向かうことがベストなのか。
それを徹底的に議論し、意思決定し、実行に移していくプロセスだ。

再び、チームコーチングの事前インタビューは…

事前インタビューは、
チームコーチングセッションをする前の準備運動。
チームコーチと、まずは1対1で、
今あるメンバーそれぞれの真実を、
チームコーチからは一切口外しないという約束で、
ひととおり語ってもらう。

場合によっては、
スポンサーから聴いていたことと、
現場で起きていることが180度違うということだってあり得る。

視点や立場が違えば、見えるものが違う。
経験や知識が違えば、聴こえるものが違う。
感性が違うから、感じることだって当然違う。

この違いを、
チームコーチングではテーブルの上に乗せる。

全部乗ったところから、よーいどん。
たくさんの葛藤が起きる。
そして多くの発見がある。
それらを受け容れることを通じて、
成長により大きな角度が付く。

組織がチームになるには

チームになるには、わかちあいが必要だ。
もともと、似ているようで全く違うメンバーが集まってきている組織。

集まっているだけでチームになると信じている人や組織は多い。

しかしチームになるには、プロセスが必要。

また新たなドラマが7月にスタートする。
非常に楽しみだ。

20150608_チームコーチング_事前インタビュー_半谷知也photo credit: Interview via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

新入社員研修から半年が経ちました

新入社員研修から半年が経ちまして… 新入社員研修を、何社か担当させてもらっていま …

no image
チームコーチング in Matsumoto

本日は松本の老舗住宅メーカー小林創建にてチームコーチングの最終セッションでした …

部下が上司をコーチング???

新しいコミュニケーションパターンをの定着には決意が必要 本日はアトラスホールディ …

目的のレベル

photo credit: 一本松 via photopin (license) …

プロセスを踏んでレベルアップしていくコーチング

単発で終わらないコーチング コーチングは単発でやることもあるが、 多くの場合は定 …

no image
誤解を招くニュースの見出し②

「神戸で足場が崩れた」 かなり話題になったニュース 昨日友人と食事をしていたのだ …

no image
サッカー日本代表に観る”競争”の力・”共創”の力

競争と共創 共同創造だけでこの世の中を創ることができたら美しいかもしれないが質の …

観察の視点 〜コーチングの有用性〜

photo credit: Baseball via photopin (lic …

チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチング2015が開催されました! 本日は2015年チームコーチングカン …

サンフランシスコ一人旅最終日 〜 シリコンバレーツアー2017 〜

サンフランシスコ2日目 明日からは、 ツアーのメンバーと合流するので、 一人旅は …