チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

目標とノルマの違いをみんなは語れるのか?

   

目標とノルマ

『この2つの言葉の違いがあるとしたら何?』

さて何だろうか?

今日は青森のとある企業にて階層別の研修。
志ある29名が集まった。
素直で次世代をリードしていく人材になるであろう。

この問いかけをすると、
あっという間に、次の答えが…。

「自分に課しているのか課されているのか」

なるほど、他には?

「ノルマには束縛感がある」

「楽しいか苦しいか」
「成し遂げたあとに喜びがあるか解放があるか」
「自分の意思か、強制力があるか」

・・・

なるほど、非常に面白い。

20150604_チームコーチング_目標とノルマ_半谷知也photo credit: 3D Bullseye via photopin (license)

意味づけの力

全ての人に兼ね備えられている力に、
『意味づけの力』がある。

いま取り組んでいることは、何に繋がっているのか。
それを創造する力のことだ。

目標の向こう側について、
想像する力が強ければ強いほど、
人はモチベーションを強める。
継続する力が強くなる。

「今しているこの作業は何に繋がっているのだろうか?」

答えは無限。

自由に想像していい。

「これを使う人はきっと幸せになるに違いない」
「これを使うことによって、周りの家族がきっと幸せになるに違いない」
「この作業はきっと地域の発展につながる」

結果だけではなく、その道筋を具体的に想像することは、
健全性を保つために必要なことであるとは思うが、
自分が取り組んでいるこの目標や作業が、
何に繋がっているのかということを探求することは、
かならず仕事のやりがいやモチベーションの向上につながっていく。

ノルマは

ノルマは越えなければならないもの。
ノルマは越えなければ存在が脅かされるもの。
ノルマは超えると解放感を味わうもの。
ノルマは重いモノ。
ノルマは・・・。

ノルマを追うような人生を歩みたい人はどのくらいいるのだろうか…。

目標は

目標は、超えたいモノ。
目標はワクワクするもの。
目標は必ず愛に繋がっているもの
目標は達成感や充実感にあふれるもの。
目標は、ビジョンや夢への布石。
目標は…。

目標の向こう側を創造しながら人生を歩みたい人は、
本当は多いのではないだろうか…。

目標の向こうには何があるのか…

数字が苦手なひとは多い。

企業研修に行って、
「数字や目標、好きな人?」

って聴くと、
手を挙げるのは1割いるかいないか。

数字や目標に良いイメージを抱いていないのは、
過去の経験からだ。

テストの点数。
偏差値。
さまざまな受験。
スポ―ツテスト。
さまざまなタイム。
そのすう

社会人になってからも、さまざまな評価。

数字には良いイメージがないことは十分にうなずける。

しかし、数字はかならず何かに繋がっている。
そのつながりを想像する力こそが、
モチベーションを上げ、
本来自分が臨むべき仕事にまっすぐ進む、
大きな推進力となる。

数字の向こうに何があるかを想像したらいい。
その数字を成し遂げることを通じて
誰がどのように幸せになるのか。

存分に想像したらいい。

それが、数字とビジョンを結び、
自分の原動力になることは、何の疑いもない。

 - チームコーチング

  関連記事

藤沢秀行氏 囲碁の神様の生き様からイノベーションを学ぶ

成功の偉人史 ~日本が世界に誇る30人(日本テレビ)~ 昨日何気なく観ていたテレ …

第4回仕事の勉強会 ~プレゼンテーション編①~

本日は、松本にて仕事の勉強会。 通常は勉強会主催の内藤城松本スタジオで行うのです …

素敵な成果をつくる『BE→DO→HAVE』の法則 ~チームコーチングで真のチームづくり~

コーチングは成果をつくるお手伝い。 モチベーションアップだけが仕事ではない。 成 …

no image
組織の戦略 〜チームコーチング@PNF〜

チームコーチングですること チームコーチングはチームの状況に応じて、さまざまな取 …

no image
INVICTUS(インビクタス)  ~チームへのコーチングの挑戦~

念願の… INVICTUS 名画だと 前の会社の社長が教えてくれて …

無意識で行われるコミュニケーション

慣れ親しんでいるコミュニケーション 私たちは日頃、当たり前にコミュニケーションを …

会議の枠組み設定 〜ファシリテーションの技術〜

会議の枠組みづくりの重要性 会議には場作りが欠かせない。 どういう条件や前提で会 …

no image
コーチングとの出会い ~チームコーチングで成果を創る真のチームを!~

『コーチング』という考え方は、基本的な部分では一致していると私は思っている。 し …

NLPのテストで悔しい「19点」

NLP再受講 本日はNLPプラクティショナーコースの再受講。 何度目だろうか。 …

事実≒解釈→事実≠解釈

photo credit: In The Shadow Of Your Wing …