チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

組織がひとつになることと仲良くなることは別のこと ~チームコーチングで組織をひとつに~

   

集団をチームへ

組織というのは、人の集まりだ。
そして、何らかの枠に収められる。

○○株式会社
NPO法人△△

会社営業部
開発部
品質管理部
経営企画部
人事部
総務部

野球部
サッカー部
・・・

世の中には実にさまざまな組織がある。

その枠に収められた人々は、
同じ組織のメンバーとして仕事をするわけだ。

しかし、集められただけではチームにはならない。
チームになるのはチームである理由が必要だし、
それを理解するための過程が必要。

組織がチームに変容するための要件

チームである理由とは何か。
集団がチームに変容するには、
以下のことについて共有と決意が必要となる。

  • 目的/使命(ミッション)
  • ビジョン
  • 価値観
  • 目標
  • 戦略

これらの共通の認識と決意がなければ、
集団がチームとなることは難しい。

シャープの経営トップの仲間割れ

どこまでが真実かはもちろんわからないのだが、
経営トップがもっとも重要とする意図とは別の意図を働かせ、

20150521_チームコーチング_ひとつになること_半谷知也

この記事に書かれていることを額面通りに受け止めるのであれば、
経営トップの方向性はバラバラだ。

最も重要に扱われなければならない大きな本来の意図は、
個人レベルの、そして無意識の意図によってかき消されている。

権力争いは結構だが、箱そのものがなくなっては権力争いなどすることはできなくなる。
順番を誤ってはいけない。

見据えるべきはビジョン

組織がひとつになるというのは、
決して仲がいいとは限らない。

大事なことに同じ方向を見ているということである。
目的に根差し、ビジョンを見据え、必要な役割を担っていくということ。

見るべきはビジョンであり、メンバーではない。
もちろん、仲がいいに越したことはないが、
仲良くなることはマストではない。

「一生こいつとは仲良くなることはない」
そうであったとしても、
卓越した仕事をして共に成果を創り出すことは可能だ。

ビジョンよりも大事な人間関係などない。
しかし、人々はいつの間にか、ビジョンよりも人間関係に関心を向けてしまうようである。

 - チームコーチング

  関連記事

仕事の勉強会 @松本

仕事の勉強会 毎月開催の勉強会をさせていただくこととなりました。 仕事や職場にお …

「伝える」ということ 〜コミュニケーション達人への道〜

アサーティブコミュニケーション研修 本日はアサーティブコミュニケーションの研修を …

好きこそものの上手なれ 〜白井健三に学ぶ〜

ようやく好きなだけ練習やれる環境に来れました。 高校まではいろいろな制限があった …

チームのベクトルとは???

チームコーチング@パワーネットフィールド 本日は、長野県塩尻市の人材派遣会社、 …

no image
NLPマスタープラクティショナー再受講@大阪

4年ぶりのNLPマスタープラクティショナー 本日より、NLPマスタープラクティシ …

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …

no image
上司がやらないことを部下はやらない

本日は子どもを保育園に連れていった出張続きのわたくしめは家にいる日は散歩がてら二 …

気づけなければ何も変えることができない 〜Everything DiSCのススメ〜

変化・変革のはじまりは気づくこと 「ごはんつぶついてるよ」 すごく身近なことなの …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない②

「メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①」より続き メンターにコーチン …

no image
お客様は神様で、部下も神様?part2

前回からの続きブログでございます。 お客様と部下の利害の違い お客様と部下は違う …