チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

自分の価値を倍増させる

   

毎週日曜日は勉強会。
今のネタは、この本です。

20150510_チームコーチング_リーダーシップマスター_半谷知也コーチングで世界的に有名な人たちが、
31のテーマで書いている本。

短編小説的でなかなか楽しいです。

勉強会は、本も読み合わせますが、
日ごろのコーチングやトレーニングの様子を紹介したり、相談したりと、
なかなか楽しくやっています。

かれこれ2年ほどやっています。
続いていることがすごいことだなぁと思っています。

自分の価値を倍増させる

今回はこんなテーマでした。

これはコーチ自身の価値を倍増させるという意味ですが、
クライアントに対するフレームワークとしても使えるなぁと思うので、
ここで紹介しておきます。

9つの方法

この方法として9つの方法があると提唱しているのは、

1.興味があることは1つより2つある方がいい

自分の好きなことを以下に仕事に結びつけるか。
やはり好きなことが仕事に直結するのはいいですよね。

好きこそものの上手なれ。
好きだと長続きもします。

自分は何が好きなんだろうか?
この、一見当たり前に見えることに気づいているということは、
意外とパワフルなのではないだろうか。

2.あなたの名前をサインする

自分が残したものは、誇りをもって対外的に示そうということだ。

3.クライアントが何に価値を置いているかを知る

これは言うまでもなく、コーチングでクライアントに関わる上では重要なこと。
ここに興味を持たないコーチは、そもそもコーチングができない。

4.クライアントが誰を重視しているかを知る

クライアントにとっての重要人物。
これも押さえておく必要がある。

5.成功への秘訣 ~3つのP~

成功への秘訣はいろいろな枠組みがある。
たしかにこの3つも面白い。

Passion(情熱)

人を動かす時に、情熱は欠かせない。

Purpose(目的)

目的は、成功への秘訣というタイトルにおいては、
欠かすことができないと私は思う。
どんなときでも、目的を明確にし、目的に帰ること。

これは成功の秘訣を語る最重要項目だ。

Performance(成果)

ここではパフォーマンスを目標達成の責任と言っている。

私たちはそもそも成功とは何を表すのか。
そのために具体的に何を成し遂げていくのか。
自分はどのような責任を担っていくのか。

これらのことを明確にする必要がある。

6.知られるようになる

「自分がしていることを伝える技術」と言っている。

自分は何ができるのか。
何をしているのか。
どのような実績があるのか。

これらのことを世の中に認知してもらう必要がある。
PRは重要だ。

だからこそ、このようなブログも書くし、
いまではさまざまなSNSを利用できる。

効果的に世の中に知ってもらう必要がある。
でなければ、幅広い依頼を受けることは不可能だ。

7.信頼を築く 安心感を提供する 3つのR

Responsibility(責任)

責任には2つの解釈がある。
Responsibility(対応責任)とAccountability(説明責任)だ。

ここでは、この2つを総じて責任と言っているが、
私は明確に分ける必要があると考える。

何が起きても(私が)柔軟に対応し続けること。
自分ができることを進んで引き受けること。

これがレスポンス。

説明責任は、自ら必要なことを人に分かち合っていくということ。
こういうことがしたい。
これが目標だ。
ここに向かって進んでいる。
こういうことが起きている。

これらのことを進んで自らわかちあう。
そうやって、人を巻き込んでいく。

Reliability(信頼性)

信頼性と書いているが、つまり一貫性のこと。
誠実であること。
言ったことやること。
芯や筋が通っていること。

Responsiveness(反応の速さ)

これは私の課題だ。
反応の速さ。

行動はわりと早い方なのだが、
反応のスピードはより上げていく必要があると思っている。

反応が早い私の周りの人々は、
確かに人々の信頼を得ている気がする。

8.常に前よりいい仕事をしよう

一度仕事をすると、それはすでに相手にとって想定の範囲内。
だから、期待を上回る価値を提供し続ける必要がある。

人はどうしても、過去にできたことは当たり前のモノになっていく。
以前に感動してものは、何の反応も示さなくなってしまう。

だからこそ、自分を磨き、新しいものを取り入れ、
常に新鮮な価値を提供し続けることは重要だ。

9.目標達成のための場を生み出そう

何かを達成するには、

時間
空間
ツール

これらが必要ですよ。
だから集めましょう。

ということ。

*****************

というわけで、
なるほどこれは使えそうだなぁと思った9つのフレーム。
私の私見も交えながらのご紹介でした。

より詳しく知りたい方、興味がある方は(重いですけど)、
買って読んでみてくださいませ。

 

 - チームコーチング

  関連記事

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

次世代チーム チームコーチング初回2日目 本日はアトラス設計にて、チームコーチン …

no image
強いチームを創るエンロールの力② ~チームコーチングによる自発的組織変革~

『ビジョン実現に不可欠なエンロール』 “チームを創る”と …

no image
人間万事塞翁が馬 ~チームへのコーチング(プロセスとコンテキストから動かす)~

人間万事塞翁が馬↓この言葉の意味はこちらへ人間万事塞翁が馬 馬がいなくなると悲し …

コーチング勉強会といえばホップの会

本日は久しぶりにホップの会。 もう100回以上続くコーチング勉強会だ。 主催はイ …

ついついやりがちな「いいからやれ!」では心が動かない

子育て奮闘中 我が家では6歳と3歳の子育て中。 「いいからやれ!」 の場面は山ほ …

比較の論理

比較の人生 人は一杯比較される。 子供の頃か否応なくたくさん。 兄弟の比較が、兄 …

ユニオンランチ@富山 チームコーチング1期最終回

本日は、低価格で安心安全美味しい弁当を届ける、ユニオンランチ(富山)のチームコー …

no image
二兎を本気で追う者は二兎を得る

最近日経ビジネスの広告でこんなフレーズがあった 『二兎を追う者だけが二兎を得る』 …

イエローハット鍵山秀三郎氏から学ぶリーダーシップ (有名だけど・・・)

今日は対外的な仕事初め。 リーダーシップ研修。 「リーダーシップって何?」 「率 …

no image
傾聴はコーチングの始まり③

傾聴はコーチングのすべてにつながる 傾聴はコーチングにおけるすべての入り口だ。 …