チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

成果を生み出すセルフコミュニケーション

   

自分は自分とどういう会話をしているか

とある組織のコーチングにて・・・。

「一生懸命やっていたって結果が付いてくるかわからない」

確かにそうだし、正論だ。

どんなに素敵な姿勢で、どれだけ完璧に行動をしていても、
望む結果が得られる保証は、どこにもない。

「やるからには絶対に成果を創る!」
当然ながら、こんな会話もしているだろう。

人の頭の中では、無意識のうちでいろいろな会話がされている。
「ああ、もう無理だ」
「絶対成果をつくるんだ」
「帰って寝たい」
「自分にはできる」
「疲れた」
「チャレンジするよりも体が大事」
「上司には逆らえない」

無意識の会話は、自分の身体を動かす。

だから、自分がどういう会話をしているのかに気づくことは、
非常に重要なことだ。

そして、
気づいたら、結果を創らない会話を、
成果を創る会話に換えてあげる必要がある。

そして意識的に、その会話を自分にかけ続けること。

「自分はできる!」
「俺たちは勝つための力を持っている」
「絶対成果を創れる」
「目標を達成する!」

例えばこんな風に。

しかしほとんどの場合。
無意識の会話には気づくことがない。

一生懸命走っているし、自分を磨くし、
成果を創らねばならない場面は必ず来るので。。

『気づく』ということがどれだけ貴重であるか。
『意識する』ということがどれだけ変化をもたらすか。

その重要性に改めて気づいた機会でございました。

私のセルフコミュニケーション

ちなみに私は最近、
朝5時に起きること。

朝の時間を有効活用することが目的なのですが…、

私の目覚ましが鳴った時のセルフコミュニケーションは、

「もう少し寝てても大丈夫だよ」
「死ぬわけじゃないし・・・」
「朝の時間を有効活用しなくても、昼の時間を使えるし」
「身体休めることの方が優先だよ」
と早起きを妨げる声と、

「早起きしようって言ったじゃん」
「朝やりたいことがあるんでしょ?」
「朝方にするってたしか・・・」

って早起きを支援してくれる声が、

ちょっぴり戦う。

でも、
妨げる声の…、あっしょう!

ビジョンに向かって克服したものもあるし、
乗り越えなければならないこともある。

だから、
5月は必ずや、この朝方変更をやり遂げます。

20150508_チームコーチング_セルフコミュニケーション_Wakeup_半谷知也photo credit: IMG_4607.JPG via photopin (license)

望む習慣は、最初の一歩から。
今日はOK!

自分をうまく味方につけよう!

 - チームコーチング

  関連記事

no image
組織の戦略 〜チームコーチング@PNF〜

チームコーチングですること チームコーチングはチームの状況に応じて、さまざまな取 …

集団を強くするには適切なプロセスが不可欠 ~チームコーチングの実践~

集まっただけでチームであるという錯覚 世の中にはさまざまな集団がある。 ビジネス …

目標とノルマの違いをみんなは語れるのか?

目標とノルマ 『この2つの言葉の違いがあるとしたら何?』 さて何だろうか? 今日 …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル②~

さて、SMARTモデルの続き。 昨日のブログではSpecific(具体的であるこ …

生きるべき役割から生きるススメ 〜コーチングの出発点〜

人は自分に役割を課し、それに見合った使命をまっとうする 人は生きる上で、 さまざ …

チームには解散が必要だ 〜チームコーチング〜

永遠につづくチームはない チームは必ず、結成のタイミングがある。 そして、結成の …

小林創建チームコーチング 事前インタビュー

チームコーチング@小林創建の事前インタビュー この2日間は 長野県松本市の工務店 …

事実と解釈の区別→新たな決断へ 〜コーチングで成果をつくる〜

昨日のブログでは、 「事実と解釈の区別が新たな決断を呼び起こす」 というテーマで …

no image
チームコーチングカンファレンス2014

今年も開催いたしますチームコーチングカンファレンス2014 タイトルは『組織イノ …

no image
傾聴はコーチングの始まり③

傾聴はコーチングのすべてにつながる 傾聴はコーチングにおけるすべての入り口だ。 …