チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

成果と人間関係 ~チームコーチングの大きな課題~

   

チームコーチングの学び

本日はとあるチームのチームコーチングセッション。

6回シリーズの4回目なので、
折り返しを過ぎて佳境を迎えているところ。

高い目標を設定し、それに取り組んでいると、
相応の課題が出てくるもの。

そして、チームで成果を創っていくプロセスにおいて、
どのチームにも起こりうる一つの罠。

今回は、『人間関係と成果』

人間関係と成果

チームで成果を創るプロセスにおいて、
人々は、人間関係を良くしようとする。

これは何も否定はしない。
重要なことだ。

同じ成果や、もっと言えばビジョン。
これを目指す上で、人間関係は良い方がいい。

しかし、以外にもかなりの多くの人が、
成果のために人間関係を良くしようとするあまり、
人間関係に囚われて成果を動かすことを忘れる。

人間関係はよくなければならないという観念

「人間関係は良くなければならない」
「成果をつくるためには、まず人間関係を良くしなければならない」

この手の観念は、多くの人が持っている。

顕在的には、「そうではない」と思っていても、
潜在的にこういう意識が働くことが多いのではないだろうか。

私もそうだ。

人は人間関係を良好にすることや、維持することに躍起になる。
しかし、この考え方は時として非常に成果を創る上で妨げになる。

焦点を当てるべきは成果

焦点を当てるべきは成果であり、タスクである。
成果を創るために何をすべきか。
必要なタスクをどのように遂行していくのか。

最も当てられるべき焦点はここである。
人間関係はそのひとつに過ぎない。

とっても純粋に、
そこに進んでいく必要がある。

人間関係への必要以上の介入は、
成果を創る上で、スピードを鈍らせるとっても大きな要因となる。

以下にチームのメンバーを、
ビジョンに向けさせるか。
目標に向けさせるか。
それらに向けた自分の役割に純粋にさせるか。

これが大きなポイント。

人間関係は良い方がいいに決まっている。
しかしマストではない。

人間関係を良くするためにビジネスをやっているわけではない。
しかし私たちは、想像以上にここにエネルギーを費やす。

チームコーチのひとつの役割は、
こういったさまざまなしがらみも解った上で、
不要なノイズを取り除いて、
向かうべき方向性にひとつにするかが、力の見せ所。

ビジョンに向かってひとつになることと、
仲がいいということは、
まったく別であるということを理解しなければならない。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
DiSCコミュニケーショントレーニング@構造&意匠設計事務所

本日チームコーチングを実施しているアトラス設計とカイ設計にてDiSCを使用したコ …

まずはこれだけ!コーチングのスキル ~傾聴編その二~

クライアントの話を整理するバックトラックと要約 コーチングをする際には、クライア …

no image
行動基準を徹底的に生きる ~ディズニーリゾートの行動指針に学ぶ~

日経ビジネスのバックナンバーを見ていたらかなり古い記事に 「3.11でも変わらな …

no image
傾聴はコーチングの始まり③

傾聴はコーチングのすべてにつながる 傾聴はコーチングにおけるすべての入り口だ。 …

チームを結成したら明確に掲げなければならない目的 ~2015札幌よさこいソーラン祭り~

本日は久しぶりに北海道へ。 明日のイベント出席のために来たのだが、 なんと運のい …

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

毎年恒例の箱根駅伝。 子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった …

人生をコントロールする先行管理の力

先行管理はPDCAサイクルの<P> PDCAサイクルは、おそらく大方のビジネスマ …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …

心で聴くこと 耳で聞くこと ~コーチングでメモを取ると…~

「メモは取らないんですか?」 コーチングを教えているときに、よく出る質問だ。 私 …

no image
草刈りから学ぶ「刃を研ぐ」ことの重要性

本日は自治会の草刈り 過疎化と高齢化が進んだ(?)政令指定都市のこの地域ではおじ …