チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

第1回 仕事の勉強会@松本内藤城 ~DiSCコミュニケーション~

      2015/03/31

仕事の勉強会

本日は松本にて、第1回仕事の勉強会を実施しました。
第一回目のテーマは『コミュニケーション』

松本の写真館、内藤城において開催、24名様満席でした。

20150330_チームコーチング_仕事の勉強会_内藤城_半谷知也

DiSCアセスメント

今日のトレーニングでは、DiSCというツールを使用しました。
私がコミュニケーショントレーニングの入り口として利用するモノです。

DiSCを使って以下のことをします。

  • 自分を知る
  • 他人との違いを認識する
  • 他人を理解する
  • 他人に適応する

ヒトは、自分自身のことは知っているつもりになっていますが、
多くのことを知りません。あるいは気づいていません。

意識と無意識ということもあります

「自分はこういう人間だ」
「自分はこういう人間ではない」

端的に言えばこんな風に自分を決めつけたり、思い込んだりしています。
自分では気づいていないことも、周りから見ると気づけることもたくさんある。

だからこそ、見えていない自分の状態を理解して、

DiSCによる効果

DiSCを使ってコミュニケーショントレーニングを行うと、
例えば、以下のような効果があります。

  • 自己理解が深まる
  • 自分自身が人からどのように見えているかを知ることができる
  • 理解できなかった他の人の考え方や行動の理由がわかる
  • 自分がどのように周りに適用させていけばよいかわかる
  • 苦手だったあの人を理解することができる
  • 社内や取引先とのコミュニケーションをより円滑にすることができる

「もっとラクに生きればいいのに…」

DiSCは、人の行動傾向を欲求と動機の観点から、その強弱バランスを観るもの。
Dは主導の傾向。
iは感化の傾向。
Sは安定の傾向。
Cは慎重の傾向。

人はすべてを持っているが、
これまでの人生において(←ここが大きいが…)、
あるいは今置かれている立場において、
どれが強いのかに違いが起きる。

例えば私の場合…、
Dとiが非常に強くSとCはかなり弱い。

講座の中で、ひとりの受講生(男性)が、
全く異なる傾向を持つ他の受講生(女性)のコメントを聴いてこんなことを言った。

「もっとラクに生きればいいのに…」

コメントを聴いていて、かなり窮屈に思ったらしい。
いろいろと気を遣うし、細かいことに気を配る。

しかしここがDiSCをやることの面白いところ。

その女性はそのことを「苦しい」とか「窮屈」とか思っていないということ。
逆にそうしないことの方が、「ラクではない」ことに繋がる。

「ああ、そうすることがラクなんだ…。自分には考えられない…」
と驚くが、そんな風に根本的に好む行動の傾向が異なる。

こうした認知と理解が、他者とのコミュニケーションをより円滑により豊かにしていく。

というわけで、本日も非常に楽しくやらせていただきました。

 - チームコーチング

  関連記事

私のぎっくり腰はどのように治るか ~重要な変化の3ステップ~

代えの利かない私の仕事 私の腰は爆弾を持っている。 つい先月もぎっくり腰をやった …

no image
絵本を書いて親友を救う ~世界を変えるTV~

何気なく見ていた世界を変えるTV ある6歳の少年が「病気の親友を救いたい」という …

千葉でカッコいい社会人になれる本vol.8に掲載されました 

3月頭にインタビューしていただいた、 『千葉でカッコいい社会人になれる本vol8 …

写真館のチームコーチング@内藤城・松本

本日は松本の写真館、内藤城にて、7回目のチームコーチング。 組織としての方向性を …

no image
【どうでもいい話】ハンカチを口にくわえて…

トイレに入って手を洗う前にハンカチを出して口にくわえる人をたまに…と …

コーチングという新しいツールを取り入れる

コーチング基礎講座実施 月に一度くらいは、コーチングの講座を担当させていただく。 …

no image
竹は節目をつけて上へ伸びる

私の大事な友人が福岡に転勤となった 近くにいると思っていたやつが突然遠くに行って …

まずはこれだけ!コーチングのスキル ~傾聴編その二~

クライアントの話を整理するバックトラックと要約 コーチングをする際には、クライア …

チームコーチングに関するインタビュー@富山ユニオンランチ

富山県富山市にあるユニオンランチ。 去年の7月から11月まで計4回、5日間の日程 …

no image
誤解を招くニュースの見出し①

ちょっとしたコミュニケーションの不足が思わぬあるいは重大な誤解を招く 山中教授が …