チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

ファールボールには十分ご注意ください

      2014/09/29

昨日はQVCマリンフィールド
千葉ロッテvs埼玉西武の試合

もう20年も前の話になるが
私も高校球児でかつては千葉県で白球を追っていた

野球観戦はいろいろな楽しみ方がある
試合の内容はもちろんそうだが
さまざまな屋台が出ていることも楽しみのひとつだし
イベントもいろいろある
土日であれば花火もある

中でも私は
ホームランボールやファールボールを
一度は取ってみたいと思っている

そんな私に千載一遇のチャンスがやってきた
ロッテのキャッチャー田村選手が打った打球が
まさにピンポイントで私のところへ飛んできた

右手でキャッチしようと掴みに行ったが
打球の勢いに負けこぼしてしまった

転々とボールは転がり
通路をはさんで斜め前に座っていたおじさんが
難なく拾ってすぐに鞄に収めた

かなりのリスクを背負って
掴みに行った私と
ノーリスクで私の夢を手にしたおじさん

手はだんだん痛くなってくるし…
びっくりしたのか心拍数はしばらくあり得ない速さになっているし

それにしても想像以上に悔しくて
家に帰ってもおさまりがつかない
一夜明けてもなお悔しい
こんなことは珍しい

チャンスをつかめなかった
自分に対するくやしさと
何のリスクもなくボールを鞄に入れられた
このくやしさ

なぜ取れなかったのか
(たかだかファールボールなんだけど…)

・左手にかっぱえびせんを持っていたこと
・かっぱえびせんを手放さなかったこと
・手の角度が悪かったこと
・衝撃の吸収が甘かったこと
・グローブを持っていなかったこと

次どうするか
・確率の高い席に座る(3塁側の2階席)
・グローブの代わりになるものを持っておく(ハンカチでもOK
など

とまあどうでもいいことだが

ここで最も言いたいことは
「悔しい」気持ちが大事だということ

悔しさは次回をつくる

社会人になって
あるいは仕事において
悔しさや悲しさ
逆に喜びや感動

こういった感情的なことを
どれだけ感じあじわっているだろうか

本気で
「悔しい!」
と思う気持ちは
次回への大きなモチベーションとなり
学びをつくる

目の前の業務に頭を突っ込んでいると
こういった感情を感じる暇もなく
次に歩みをすすめなければならない

止まって味わってはどうだろうか

こういった
感じる時間味わう時間をつくることで
思わぬ成果を生み出すことにつながると
私は思う

 - チームコーチング

  関連記事

パワーネットフィールド チームコーチング3回目

パワーネットフィールドのチームコーチング3回目 チームコーチングをスタートして2 …

好きこそものの上手なれ

どうも、半谷でございます。 昨日は久しぶりに、大学院生の友人と会いました。 どう …

no image
コミュニケーションのカギを握る「ペーシング」〜DiSCコミュニケーション〜

コミュニケーションのカギを握るペーシング 今日は、コミュニケーションにおいて、 …

ビジネスコーチング勉強会in北陸 ~チームコーチングで本物のチームづくり~

チームコーチングの原点は、コーチング。 明日は富山のユニオンランチでチームコーチ …

チームコーチング@アトラス設計 初回の2日目

次世代チーム チームコーチング初回2日目 本日はアトラス設計にて、チームコーチン …

アサーティブコミュニケーション 〜発信の技術〜

本日は大阪で、 アサーティブコミュニケーションのトレーニングをやってきました。 …

「2017年の目標を3連休で」のススメ

一年の計は元旦にあり 「一年の計は元旦にあり」 なぁんて言葉がありますが、 36 …

傾聴はコーチングの始まり①

昨日今日と、コーチングの講座をやってきました。 コーチングは難しい。 でも楽しい …

no image
組織の目標に主体性をもたせる4つのポイントvol.2 〜コーチングの力〜

というわけで、前回ブログからの続き。 コーチングによって主体性を強めていく 主体 …

no image
長島圭一郎に見るモデリングの力 ~チームコーチングによる自発的組織変革~

プロフェッショナルへの道 “モデリング”の力  『学ぶは …