チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

心で聴くこと 耳で聞くこと ~コーチングでメモを取ると…~

   

「メモは取らないんですか?」

コーチングを教えているときに、よく出る質問だ。
私はコーチングをしている最中は、ほとんどメモを取らない。

コーチングにおいてコーチがメモを取ることのメリット

  • クライアントが言ったことを憶えていられる
  • 整理できる
  • 聴いてくれているとクライアントに思わせることができる

コーチングにおいてコーチがメモを取らないことのメリット

  • クライアントの話を100%傾聴できる
  • すべての感覚を使って微妙な変化を掴むことができる
  • 記憶力が鍛えられる

全く感じ取ることができなかった体験

先日松本で、株式会社アクト(トレーナー:山口順子さん)のコーチング講座を受講した時、
ある実習において私が発言したことの印象についてフィードバックもらうことがあった。

私はそのフィードバックを「書き留めておこう」という衝動に駆られ、
2人からのフィードバックを、2人の顔をちゃんと見ながら、手だけ動かして、
彼らのフィードバックを手元の紙に書き止めた。

全てのフィードバックが終わった後に、トレーナーの山口順子さんが、
「どのフィードバックが印象に残ったり、心に響いたりしましたか?」
と問いかけた。

私は、答えることができなかった。
全く心に響いていなかったのだ。
印象にも残らなかった。

そしてこれは、フィードバックする側に要因があるわけではない。
フィードバックされた私の意識や姿勢が創り出したもの。

心で聴くこと 耳で聞くこと

こんなにも鮮明に、
心で聴くことと耳で聞くことの違いを体験できるとは思わなかった。

「こんなにも違うんだ」

顔も向けていたし、しっかり聞いていた。
でも何も響かない。

私にフィードバックしてくれた人を、
まったく感じ取ることができなかった。

私の意識は、大半が「ペンを動かすこと」に向いてしまい、
相手を感じ取ることや本当に重要なメッセージを受け取ることに向かなかった。

20150316_チームコーチング_心で聴くこと_半谷知也photo credit: Exploratorium via photopin (license)

本当に一緒にいるということ

意識を全面的に相手に向けていることの大切さを知った。
きっと、もっとたくさんクライアントを知ることができる。
クライアントとと共にいることができる。

そんな体験をした貴重な時間でした。

 - チームコーチング

  関連記事

子供の中で遊びと学びは一緒 ~PHPビジネスコーチ養成講座再受講より~

本日は頭と心のメンテナンス。 PHPビジネスコーチ養成講座ベーシックコースの、 …

no image
コーチはモデルとして存在していなければならない

コーチやコンサルタントあるいは先生 人を指導するような立場になるとつい自分がおろ …

no image
目指すことが約束??? ~人を動かす言葉は厳密に~ チームコーチの視点

チームコーチの視点から、選挙戦を見る。 今回は、チームコーチとしてひとこと言わせ …

no image
人生初の全身麻酔体験  ~チームへのコーチングの挑戦~

人生初の全身麻酔体験 37年連れ添った僕の扁桃腺 慢性的な炎症を起こすので今日で …

no image
DiSCコミュニケーショントレーニング@構造&意匠設計事務所

本日チームコーチングを実施しているアトラス設計とカイ設計にてDiSCを使用したコ …

no image
主体的に生きるということは…。

主体的にいきるということはどういうことか? それは、さまざまな事柄に目的を持って …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない②

「メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①」より続き メンターにコーチン …

目標を示してモチベーションアップ 〜コーチングの秘訣〜

行動を維持継続していくためには目的が必要 今日は休日。 息子の要望にお応えして、 …

no image
ピットインコーチング@松本 

本日は経営責任者チームのチームコーチングを実施している長野県松本市の小林創建にて …

no image
反省の技術

反省が下手な日本人 「反省しなさい」 こんな言葉を掛けられたことがない日本人は、 …