チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチングは忍耐

      2015/08/27

コーチング講座

本日は、コーチング講座。
参加者は21名。

「コーチングってどんなものか知っている人?」

って冒頭に問いかける。
社会的にはだいぶ認知されてきているのかなぁとも思うのだが、
まだまだコーチングの認知度は低い様子。

1日の講座で、
コーチングとは何か。
コーチの心構え。
コーチングのスキル。
GROWモデル。

そして演習。

1日にしてはなかなかボリュームのある内容。
コーチングの土台となるものを学ぶ。

コーチングにおける心構え

コミュニケーションの講座って、
どうしても『スキル』や『方法』に焦点が当たりやすい。
即効性を期待する人が非常に多い。
気持ちはもちろんわかる。

でも、コミュニケーションをする際の心構えが変わらなければ、
いくら知識やスキルを習得しても、活かすことはできない。

人は生き物なので、
いくら外側を装っても、
中身が違うと簡単に「表面的であること」はばれてしまう。

「心構え」って何か。
モノの観方や考え方。
コーチ自身の意識や姿勢といったところ。

例えば、
「この部下は出来が悪い」
という観方と、
「この部下は可能性に満ちあふれている」
という観方。

角度を変えればどのようにも見える。
そして、どちらから観るのかということが非常に重要となる。

あるいは、
「自分の方が上だ(優れている)」
と観るのか、
「それぞれの個性と経験は対等に扱われるべきだ」
と観るのかで関わり方が違う。

そしてコーチングを行う際は、
相手をどのように観ているのかが非常に大きな影響を与える。

ビジネスコーチングを学びに来る人

ビジネスコーチングを学びに来る人は、
主に部下や後輩を指導したり、
取引先や協力会社とのやりとりがあったり、
何かしらコミュニケーションに課題がある人。

(まあ、世の中にコミュニケーションに課題がない人なんて、ほぼいないと思うけど…)

人は自分のアイデアや意見。
もっと言えば、自分の存在を活かしたいと思っている。

そして、多くの場合、部下や後輩に対しても、
育ってほしいと願っている。

この講座では、
『コーチング(質問、自分で考えさせるなど)』と『ティーチング(教える、指示・命令など)』を
比較しながら扱う。

育成のためには両方必要なモノであり、
状況に応じた使い分けが必要であると伝える。

あるタスクに関して経験が浅ければ、
ティーチングは必要だし、
ある程度の知識や経験が積み重なれば、
コーチングの度合いを強めていく。

そして指導者・支援者は、
当然ながら最初はティーチングから入るわけです。
そして、自分を活かしたかったり、
部下を育てたかったりという思いがあるわけで、
ティーチングを手放すことができない。

ティーチングを手放さないとどういうことが起こるか。
相手が、依存状態から抜け出せなかったり、
「そんなのもうできるよ」と反発を招いたりする。

コーチングは忍耐

演習をしてもらうと、さまざまなクセに気づくようだ。

「どうしても行っちゃうんです…」
「ついつい教えちゃったり、自分の提案をしてしまう」
「我慢できません…(笑)」

といった感想をもらう。

コーチングは忍耐。
喉まで出かかった自分のアイデアを出すのを堪えて、
相手が答えを見つけることを徹底的に支援していく。

最初は答えを出すのに時間が掛かるもの。
でもこちらが我慢をしていると、
相手の脳みその回路は繋がっていく。

筋肉が段々と太くなっていくと言ってもいい。

いかに相手のもともとある才能を信じるか。
いかに相手の今後の可能性を信じるか。

これこそがまさに、
コーチングを使った育成のカギである。

20150826_チームコーチング_コーチング講座_日立IA_半谷知也_LBJ.JPGphoto credit: strong sholders via photopin (license)

 - コーチング

  関連記事

カウンセラーのためのコーチング講座@松本

カウンセラーのためのコーチング講座 2日間、松本にてコーチング講座を開催しました …

まずはこれだけ!コーチングのスキル ~傾聴編その二~

クライアントの話を整理するバックトラックと要約 コーチングをする際には、クライア …

まずはこれだけ!コーチングスキル ~ペーシング&リーディング編~

前回はラポールの形成はコーチングにおいて生命線だという話をした。 今回はラポール …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル③~

目標設定のためのものさし、SMARTモデル。 残すところあと2つ。 Releva …

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル②~

さて、SMARTモデルの続き。 昨日のブログではSpecific(具体的であるこ …

コーチングで目標を達成させる3つのポイント① ~ものさしの併用~

前回までにお伝えしたSMARTモデルを踏まえて、 ここではコーチングにおいて目標 …

チームコーチングにおける個別のコーチングセッション@パワーネットフィールド

パワーネットフィールド チームコーチング というわけで今日は、長野県塩尻市。 チ …

反発を招くタイミングを外したフィードバック

フィードバックとは コーチングにおけるひとつの重要なスキルに 『フィードバック』 …

コーチング応用講座を再受講してきた 株式会社アクト@松本

アクト@松本のコーチング講座 私がコーチングと出会ったのは2006年。 松本市に …

チームコーチングに関するインタビュー@富山ユニオンランチ

富山県富山市にあるユニオンランチ。 去年の7月から11月まで計4回、5日間の日程 …