チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

振り返りの視点 ~アソシエイト(associate)とディソシエイト(dissociate)~

   

ワールドカップ2014ブラジル大会
日本代表は残念な結果に終わってしまった

選手たちのインタビューを見ていても
かなり悔しさが伝わってきた

岡崎がインタビューで
「今は何も考えられない」
と言っていた

これはここまで努力してきたことの象徴とも言える
まさに没頭してきた

そこから急に視点を変えて
振り返りは無理だろうし
まして未来を向くのには時間が掛かる

NLPではアソシエイトディソシエイトという
観方・考え方がある

辞書を引くと

■associate
・連想する
・結びつけて考える
・連合する/仲間になる

■dissociate
・関係を絶つ
・支持しない
・引き離して考える
・分裂させる

という意味だ

つまり『アソシエイト』は
自分の意識や感情と思考が結びついている状態であり
主観的な状態
自分の眼で見ている状態
頭を突っ込んでいる状態
「おどるアホウ」の状態

それに対しディソシエイトは
自分の意識や感情と思考が切り離されている状態で
客観的な状態
自分の姿をテレビやスクリーンに映している状態で
傍観者的に観ることができる状態でもある
「観るアホウ」の状態

どのようなものごとも
『振り返り』が重要となる

そして振り返るときの視点は
この両方ともが
今後につなげるための重要な視点となる

選手たちは
この両方の視点が使えるわけだ

評論家や解説者やファンは
ディソシエイトの状態でしか振り返ることができない

つまり
選手の眼から見えていたものは
どうやっても見ることはできない

ビデオを観ると見えるものがたくさんある

プレイ中には気づかなかった
スペースやフリーの選手
相手の動き
観方の動き
全体像
など
でもその時に
どんな意識や気持ちで
何が見えていて
何が聴こえていて
何を考えていたのかは
選手にしかわからない

客観的なさまざまな意見は貴重だ
そもそも表現することは自由だし重要である
だれの意見が参考になるかわからないから

そしてその意見を実際に参考にするかどうかも含めて
最終的にしっかり振り返ることができるのは
プレイしていた選手本人だ

これから時間を掛けて
振り返りをして未来へつなげていくことだろう

PDCAで言えば
CとAの部分だ

ビジネスにおいても
この振り返りは非常に重要なのだが
ビジネスマンは止まることを許されない
あるいは許されないと思い込んでいる場合が多い

しかし
止まらないと見えないものがあるということを
知る必要がある

PCAは止まらないとできない

止まる勇気こそが
未来を効率的に創っていくカギだ

今の日本代表には
たくさんの勇気や希望や夢をもらった

また4年後
次はロシア

しっかりとピリオドを打って
新たな出発だ

 - チームコーチング

  関連記事

no image
コーチはモデルとして存在していなければならない

コーチやコンサルタントあるいは先生 人を指導するような立場になるとつい自分がおろ …

肉体改造とチーム変革のプロセスは似ている!

私の肉体改造 今年の6月から肉体改造に着手した。 毎年一度はやってくる ぎっくり …

no image
ビジネスコーチングの成果を左右するコーチのあり方

コーチングの引き出し コーチングなどのコミュニケーションに関する講座を実施する際 …

チームコーチング事前インタビュー

7月から新たな企業のチームコーチングがスタートする。 人材派遣の会社だ。 対象は …

意図の階段 〜プレゼンテーション達人への道〜

プレゼンが苦手な日本人 本日はプレゼンテーションの基礎講座。 プレゼンに対する苦 …

no image
コーチングとの出会い ~チームコーチングで成果を創る真のチームを!~

『コーチング』という考え方は、基本的な部分では一致していると私は思っている。 し …

no image
長島圭一郎に見るモデリングの力 ~チームコーチングによる自発的組織変革~

プロフェッショナルへの道 “モデリング”の力  『学ぶは …

沈黙を制するものはコーチングを制す???

コミュニケーションにおいて恐れられる沈黙 「沈黙こわい…」 多くの人は、沈黙が苦 …

変革に必ずやってくる”トランジション”

トランジションとは transition 1.移り変わり、推移、変遷、移行 2. …

no image
アサーティブ・コミュニケーション

今年はもうちょっと真面目にブログに取り組もうと、 心新たに決めたわけですが、 始 …