チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

小学5年生のリーダーシップ ~チームへのコーチングの挑戦~

   

私の甥は小学校5年生
あるとき久しぶりの草津への家族旅行
甥はとても楽しみにしている

「にいには行くの?」
※実際にはおじさんなのですが、物心ついたころから『にいに』と呼ばれております。
ご容赦くださいませ。

「うーん、どうしようかなぁ…。行った方がいい?」

すると

「うん!行ったほうがいい!」

「どうして?」
と尋ねると

「だって…、にいにはリーダーシップがあるから!」

(ほう、小学校5年生はリーダーシップという言葉を当たり前に使うのか…。)
と若干おどろいたのですが…

「リーダーシップってなぁに?」
と少し意地悪な質問

すると少し考えて

「まとめ役というか…、引っ張っていくひと。」

「そうかそうか、リーダーシップってまとめることを言うんだ。
クラスでリーダーシップ取っている人って誰がいるの?」

とさらに尋ねると、
「え?それは…。学級委員長とかかな…」

なるほど…納得

私が身をもって学んだ最初のリーダーシップも
小学校の班長さんや学級委員長
あるいは生徒会の役員たちのイメージが強い

つまりリーダーシップ=まとめ役というイメージが
小学校の時期から一般的にインストールされるのが
日本の教育では常だろうと思う

しかしリーダーシップにはもっと重要な意味がある

まとめ役というのはリーダーシップのひとつの機能に過ぎない
実は発揮できるさまざまなリーダーシップが存在している

クラスのすべての子供たちが
自分の発揮する
あるいは発揮可能なリーダーシップを理解し
それを育んでいったとしたら
もっとたくさんの人たちが
『自分はリーダーシップのある存在だ』
と認めて大人になってからも
当たり前に様々なリーダーシップを発揮するようになるのではないだろうか

リーダーシップはすべての人が様々なシーン(局面)において
当たり前に発揮するもの

これを関わる大人たちが理解していたとしたら
10年後の大人の世界のリーダーシップ像は
自然な流れで大きく変わるだろう

 - チームコーチング

  関連記事

事実≒解釈→事実≠解釈

photo credit: In The Shadow Of Your Wing …

no image
印象をつくるモノのいい方伝え方 ~メラビアンの法則~

「何もそんないい方しなくたって…」日常の中で誰もが心の中でよく発する …

成果を生み出すセルフコミュニケーション

自分は自分とどういう会話をしているか とある組織のコーチングにて・・・。 「一生 …

自分の価値を倍増させる

毎週日曜日は勉強会。 今のネタは、この本です。 コーチングで世界的に有名な人たち …

チームの意図を明確にし統合する必要性

意図って何か? 広辞苑で調べると 考えていること、思惑。つもり。 行おうと目指し …

人のやる気を左右するフィードバックの力

ちょっとしたことで下がるモチベーション 「おまえはいつも電気を消し忘れる…」 実 …

望ましい言動を習慣にする

無意識に「いらっしゃいませ」 「いらっしゃいませ〜」 とあるコンビニの店員さん。 …

目標を立てるリーダーの発想とエンロールメント ~日経ビジネス経営教室よりチームコーチングのヒント~

大掃除スタート! まずは無駄な書類がきっと山ほどあるであろう私の部屋から。 掃除 …

自分のスタイルを発揮する

本日は美容室へ。 こちらいつもカットをお願いする店長さん。 いつもおそらく…、 …

意図の階段 〜プレゼンテーション達人への道〜

プレゼンが苦手な日本人 本日はプレゼンテーションの基礎講座。 プレゼンに対する苦 …