チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

SMAPの解散劇に観るチームづくりの難しさ①

   

SMAP解散!?

一度だけSMAPのコンサートを観たことがある。
観客ではなく、警備員としてだが、
時々見える彼らのパフォーマンスは、そんなに多い時間ではなかったが、
それだけでもかなり魅了された。

そんなSMAPが解散するらしい。
うちわを持ってコンサートに行くほどコアなファンではないけれど、
SMAPの番組や彼らが出演する番組を観ていると楽しかったので、
何より、5人のパフォーマンスは素晴らしいものがあると思っていたので、
残念でならない。

報道される内容を鵜呑みにすることはできないが、
どうやらチームとして機能することが難しくなっているようだ。

人は集まっただけではチームにならない。
集団からチームに変容し、チームとして機能するためには、
いくつかの条件を備えなければならない。

チームの条件

チームとして機能するためには、
いくつかの必須条件(なければいけない)と、
いくつかの希望条件(あったらうれしい)がある。

必須条件

この条件がないと、チームとして機能することは不可能。

  • 目的を共有している
  • ビジョン・目標を共有している
  • 役割が明確であり所有している
  • さまざまな個性があること

希望条件

これはなくても機能はするが、あったほうがいいもの

  • 強みを弱みを理解し受容している
  • 適切な人数である
  • 戦略を共有・理解している

集団における目的の不一致

今のSMAP関連の報道を観ていると、
おそらくメンバーの目的は一致していない。

目的はひとつではない。
組織としての目的もあれば、
そこに所属する個々の目的も存在する。

また、組織の目的も複数あり、
個人の目的もまた複数ある。

さらに、目的は意識的に持っているものもあれば、
無意識的に持っているものもある。

というわけで、目的となりうるものは、いろいろと考えられる。

例えば、
世の中を明るくすること。
ファンを喜ばせること。
スポンサーを喜ばせること。
所属事務所を潤わせること。

といったこともあれば、

ギャラをたくさんもらうこと。
注目されること。
自分のプライドを守ること。
他のメンバーよりも認められること。

わかっている目的もあれば、
潜在的にくすぶっている目的もある。

チームとして機能したいのであれば、
重要な目的に一致をつくる必要がある。

「自分たちがチーム(組織)として存在する意味は?」

→より多くのファンを喜ばせること

メンバーの全員がこの目的を第一に優先したとしたら、
他の目的を2の次に回しながら、
チームとして機能することが可能となる。

しかし、誰かの中で優先順位が変わって、
それ以上に優先するものができているのだとしたら、
チームとして機能することは難しくなる。

どうしてもほころびが生まれるのだ。

そして、少なくとも今のSMAPは、
組織として機能するために重要な目的のところで、
一致していない。

25周年のコンサートを待ちわびている人もたくさんいるであろう。
しかし、そういう声に答えること以上に、
今は大事にしたいことが、
メンバーの誰かの中にあるのだろう。

長くなったので、続きは次回。

20160816_SMAPの解散劇に観るチームづくりの難しさ_チームコーチング_LBJ半谷photo credit: Last summer via photopin (license)
SMAPの解散劇に観るチームづくりの難しさ②

 - チーム

  関連記事

ZAKさん講演 Vol.03 〜Silicon Valley Tour 2017〜

さて、ZAKさんシリーズのまとめです。 前回までのブログはこちら↓ ZAKさん講 …

会議の枠組みづくり③ 〜ファシリテーションの力〜

さて、前回、前々回からの続きです。 関連記事 会議の枠組みづくり① 〜会議の枠組 …

チームを強くする当事者意識

今日はチームとリーダーシップの研修。 組織がチームになるのか、 ただの集団で終わ …

成果を創りだす承認の力 〜少年野球のコーチングより〜

私の息子が少年野球チームに… photo credit: Go Bees! vi …

ZAKさん講演 Vol.02 〜Silicon Valley Tour 2017〜

前回のブログからの続きでございます。 日本の強みは??? 日本人の… 日本の文化 …

問題だらけの会社の会議 〜ファシリテーションの基本〜

photo credit: Transformational Education …