チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

成果を創りだす承認の力 〜少年野球のコーチングより〜

   

私の息子が少年野球チームに…

20160801_野球のコーチ_チームコーチング_LBJ半谷photo credit: Go Bees! via photopin (license)

私の子供が野球を始めた。
まだ1年生なのでかわいいもんだ。

私自身は3年生のときに野球を始めた。
すでに水泳、剣道をやっていたのだが、一番好きなスポーツで、
母にかなりおねだりをしてなんとかチームに入れてもらったのを、
今でも鮮明に覚えている。

好きこそものの上手なれ

今、私が住んでいる地域の少年野球チームは、
人数が多いところは多くの場合学年ごとにチームが分かれているようだ。

私の息子は一番下のチーム。
優しいコーチに手取り足取り教えてもらっている。
締めるところ(あいさつや集合など)は締めているが、
だいぶゆるい感じで練習が過ぎていく。

まあ、親としても安心。
小学校一年生からビシビシやられたらたまったものではない。
野球そのものを、場合によってはチームスポーツそのものを嫌いになってしまう。

「楽しい」
とか
「好き」

という気持ち・感情・状態というのは、
最初の段階では、継続することや上手になることの絶対条件だと私は思う。

「好きこそものの上手なれ」
なんてことわざもあったりする。

怒鳴りまくるコーチ

さて、トップチームに話を移す。
保護者のみなさまの話を聴いていると、
どうやら練習はうまいらしいが、本番(試合)に弱いらしい。

事実、私の目から練習を観ていても、
子どもたちはかなり上手で、小学生にしてはレベルが高いと思う。

ところが、練習の様子を観ていると、
なかなかうまいのだが、
練習場にはコーチの怒鳴り声が響く。

※私と私の息子は違うグラウンドで別の練習。
なので蚊帳の外。

いろいろな観方ができる。
「なんだか懐かしい光景だなぁ」
「こういう昭和な感じっていいよなぁ」
「コーチの基準が高いんだなぁ」

一方で
「なんでこんなに怒鳴る必要があるんだろうか…」
「子どもたちは力づかないよなぁ…」
「結構うまいと思うんだけどなぁ…」

「だからお前らは本番に弱いんだよ!」
「何度いったらわかるんだ!」
「ボール球を振るんじゃねーよ!」
etc

ワンプレイごとに時間が止まり、コーチのお説教が入る。

潜在意識に入るメッセージ

監督・コーチという存在は、
子どもたちにとって非常に影響力のある存在だ。
だから、その人達が発する言葉は、
そのまま巨大な影響を与える。

子どもたちの信じこみを強力につくっていってしまう。

単純に言うと、

「お前らはダメだ!」
って言えば言うほど、
子どもたちはそれを信じこんでいく。

「僕たちはダメなんだ」
「僕たちは本番に弱いんだ」

その信じこみは顕在意識以上に潜在意識に影響を与える。
本番で体が動かなくなる。
本番で下手くそになってしまう。

潜在意識は、思っている以上に強力だ。

だからこそ、潜在意識くんにはいいイメージを持っておいてもらうことが重要。

「やればできる」
「試合では実力を発揮できる」

無意識(潜在意識)のところでどのような信じこみが強いのか。
このことはパフォーマンスに大きな影響を与える。

承認と叱責

認めることと叱ること。

良い点と改善点。

何かの物事をやっていれば、両方ある。
必ずある。

改善点の指摘や叱責は本人の成長や成果のために重要だ。
そして同時に、認めるべきところ、うまくいっていること、良い点の指摘は、
ある意味それ以上に重要だ。

「自分ってできているんだ」
「コーチもわかってくれている」

この積み上げが自信につながっていく。
「自分はできる」
「自分は大丈夫」

これに繋がる。

承認をたくさん与えて、素晴らしいパフォーマンスを。
承認の力は絶大だ。

 - コミュニケーション, コーチング, チーム

  関連記事

no image
問題の特定と解決の外すことができないポイント

国会空転 さて、日本の政治はどうなってしまうのだろうか。 連日、1日3億円かかる …

コーチング研修(実践編)@アトラス設計

本日は、アトラス設計において、 コーチング研修の実践編。 コーチングの基礎編をや …

承認のススメ part1 〜コーチングで組織マネジメント変革〜

コーチングにおける承認 コーチングの研修をさせてもらうとき、 コーチングの基礎的 …

ZAKさん講演 Vol.02 〜Silicon Valley Tour 2017〜

前回のブログからの続きでございます。 日本の強みは??? 日本人の… 日本の文化 …

レストランの粋な問いかけ

今日は妻と一緒に久しぶりのランチ。 2年前の妻の誕生日に、 「ランチ招待券」を発 …

超域クラウド交流会2016@幕張メッセ

本日は、超域クラウド交流会2016が幕張メッセで開催された。 参加目的の重要さ …

自己表現文化の醸成① 「自己表現までのプロセス」 〜コミュニケーションの基本〜

組織において求められる「発言」 組織のメンバーである以上、 そして、それが何らか …

会議の枠組みづくり③ 〜ファシリテーションの力〜

さて、前回、前々回からの続きです。 関連記事 会議の枠組みづくり① 〜会議の枠組 …

no image
NLPマスタープラクティショナー再受講@大阪

4年ぶりのNLPマスタープラクティショナー 本日より、NLPマスタープラクティシ …

コーチングは難しい??? 〜新しいことを学習するということ〜

今日は、都内の企業様向けのコーチング研修。 「コーチングは難しい」 今日に限らず …