チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

コーチングのいろは ~ゴール(目標)を明確にするSMARTモデル③~

      2015/01/21

目標設定のためのものさし、SMARTモデル。
残すところあと2つ。
RelevantとTime phase

Relevantとは

Relevant
1.関連した
2.適切な、妥当な
3.実際的な価値[意義]のある
(WISDOM英和辞典より)

つまり・・・、
サッカーするのに野球の目標立てないということ。
会社の方向性やビジョン、提供価値に関係のない目標を立てないということ。
1議員が政党の公約に反するような公約を立てないこと。
仕事の目標を立てなければならない場面で、趣味の目標を立てないこと。
自部署や与えられているミッションを差し置いて、
自分のやりたい仕事や興味に関する目標を立てないということ。

より長期の目標やビジョンに沿っている。
あるいは所属する組織の目標や方向性と合致している。
一貫性を保っているということ。

Time Phaseとは

20150117_Time2_コーチング_チームコーチング_半谷photo credit: Damian Gadal via photopin cc

これはもはや言うまでもないだろう。
時間に関する制限を設けるということ。
あるいは時間に関する決め事をするということ。

もちろん明確である必要がある。
できる限り厳密にしたらいい。

「年内には」
「来週中には」
「3年後くらい」

年内のいつが可能なのか。
来週中ではなく、本当は来週のどこが望ましいのか。
3年後って・・・。

人はどうしてもざっくりと期限を決めたがる。
期限はストレスやプレッシャーになるから。
なんとなくふんわりさせておきたいものだ。
私もそうだ。

でも、本当にビジョンをできるだけ早くに実現するために。
あるいは生きているうちにより大きな成果を上げるために。
できるだけ多くの人に貢献するために。

この限りなく厳密な目標設定に強くなる必要がある。
プレッシャーやストレス耐性を上げる必要がある。

継続する行動のTimeって?

中には、期限を切るのではなく、やり続ける目標もあるはずだ。

  • 資格取得のための勉強
  • 健康維持のためのストレッチや運動
  • 家事に関すること
  • 早寝早起きなどの習慣に関すること

これらは『いつまでに』ということではなく、
タイミングやスパンを決めることになる。
毎日どのくらいやるのか。
週や月にどのくらいやるのか。

例えば、
英語の学習を毎日30分はやる
(↑ちなみに内容は少し曖昧だけど例えなので許して・・・)
週に3回はジムに通う。
週に3回は24:00までに就寝する。
月に30時間は資格取得のための勉強をする。
など

やり続ける行動の内容に関して、時間の基準をどこにするのか。
その中でどのくらいの時間や回数を掛けるのか。
明確にすることだ。

達成せざるを得ない目標設定

目標や単発で成り立つことはあまりない。
目標を達成するためには、さらに具体的な目標やプランを立てなければならないからだ。
だから、目標を組み合わせることは、目標達成のためには欠かせない。

さて、『達成せざるを得ない目標設定』
コツは2つ。

追い込むための目標設定

これは今年の私の目標だが、健康維持と体重管理のために走ることにした。
練習メニューを1月中に創るという目標を年初に持った。

しかし、ただ走るというのはモチベーションが掛からないことも知っている。
自分のことなので・・・。

というわけで、こんな目標を立てた。

『ホノルルマラソン完走!』

こうすることで、否が応でもトレーニングをせざるを得ない。
どうしようもなくリミットが迫ってくる。

 

ここまで3回にわたってSMARTモデルの概要をお伝えした。
どのようなものかはわかってもらえただろうか。

このモデルは”正しい”モデルではなく、あくまでもものさし。
そして目標設定のための物差しとなるものは他にもある。
自分でいろいろと試してみて、
クライアントにとって役に立つものを選択すればいい。

せっかく目標設定に関することをお伝えしたので、ついでに・・・、
次回は目標を達成するための重要なポイントを3つご紹介する。

関連記事

コーチングに”最低限”必要な心構え・知識・スキルって何だろう
コーチングの基本的な進め方 ~GROWモデル~

コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル①~
コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル②~
コーチングのいろは ~ゴール/目標を明確にするSMARTモデル③~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント① ~ものさしの併用~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント② ~人を巻き込む(エンロール)~
コーチングで目標を達成させる3つのポイント③ ~エコロジーチェック~

 - コーチング, チームコーチング

  関連記事

息子をモチベートした報酬の力

チャレンジすらしなかった網渡り 写真の綱渡りというか…、網渡りというか…。 我が …

no image
チームコーチング勉強会2014 in 名古屋

毎年(と言っても2回目らしいが…)開催されるチームコーチのための勉強 …

観察の視点 〜コーチングの有用性〜

photo credit: Baseball via photopin (lic …

no image
粋な図らい ~マインツ武藤に用意されたカーテンコール~

私はスポーツが好きだ。 昔はやるのも観るのも好きだったけど、 今はほとんど観るだ …

あっという間に機能不全に陥る組織をどのように機能させるか vol.1

せっかく組織で動いているのだから、 個人では成し遂げることのできないことを創りた …

アトラス設計&カイ設計 チームコーチング2期3回目 

本日はアトラス設計・カイ設計にてチームコーチングでした。 2期目をスタートして3 …

no image
ニュアンスは事実に変換しなければならない ~チームへのコーチングの挑戦~

チームにおいてコミュニケーションは言うまでもなく重要であるがそのコミュニケーショ …

チームコーチングカンファレンス2015

チームコーチング2015が開催されました! 本日は2015年チームコーチングカン …

メンターの辞書に「コーチング」という文字はない①

「今までの指導方法が間違っているとは思わない」 先週実施した、コーチング研修にお …

リスニングスキルの向上 〜コミュニケーション・トレーニング〜

本日はやはりコミュニケーションのトレーニング。 「聴き方」に特化した一日の講座。 …