チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

「仕事は楽しい!」こんな大人を増やしたい 〜コーチングの力〜

   

父とのちょっとした思い出

ある日、東京ドームに野球を観に行った帰り道。
20160714_親子のインタビュー_02_チームコーチング2016_LBJ半谷

酒にすっかり酔った父は電車の中で、寝たり起きたりの狭間で、
私に何回かこんなことを言った。

「仕事なんてなぁ、そんなに楽しいもんじゃないんだぞ…」

法事を終え、その足でドームに駆けつけてくれた父は、
野球の最中からすでに面倒くさい状態で、
ただでさえ面倒くさいのに、ビールをさらにたくさん飲んで、
野球の帰り道はほぼ酩酊状態。

だから、本人はそんなことを口にしたことは憶えていない。

私はその時、たしか中学生。

私から見ると仕事を楽しんでいるように見えていた父。
勤勉で、仕事に必要な知識や能力は、資格も含め、
土日も勉強して着実に身に着けていくような父であったし、
その姿勢は今でも変わらない。
定年は過ぎているから、昔ほどギラギラしていないし、
する必要もないのだろうけれど…。

経験も知識も豊富で真面目な父は、
会社でも責任のある仕事を任され、頼りにされていたようだ。

ものづくり、しかも地図に残るようなものを創っていることに誇りを持っていて、

そんな父が、
初めて口にした弱音。

ある意味少しショックだったというのもあるのだが、
一方でとても父を身近に感じた瞬間でもあった。

人はいろんな思いを胸に抱きながら生きている。
そしてそのほとんどは表現されることがない。
だからわからないことなんてたくさんある。

実際に父がそういった言葉の背景は聴いていないし。

もしかしたらずっと思っていたことかもしれないし、
そのときに何か嫌なことがあったのかもしれない。

でもそれはもはやどちらでもいい。
酒には酔っていたけれども、
そして本人はそんな言葉を発したことを決して認めないけれど、
その言葉を聴けたことは私にとって大きな価値があった。

そういう側面もあるんだなぁと思えたもんで。

きっと日頃は楽しんでいる。
そして楽しくないこともある。

こんな感じで勝手に解釈。

私の使命(ミッション)

電車に乗っていたらふとそんな光景が蘇ってきて、
その父の言葉は、私の仕事のモチベーションにもなっている。

そうは言っても、総じて「楽しい」って言えるならばそれがいい。

自分の仕事に誇りを持って、やりがいを感じて、
「いろいろあるけれど、やぱり仕事は楽しいなぁ」
こんな風に言える大人が、あるいは親が増えたらいいなぁと願う。

その背中を子どもたちが観て、
「ああ、仕事って楽しいんだなぁ」
「僕/わたしも早く大人になって仕事したいなぁ」
「どんな仕事してみたいかなぁ」

そんな子供の姿を観て、また明日の仕事を頑張れる。

これが私の仕事を通して創りたいことのひとつ。

親へのインタビュー

そしてふと思う。
子供の時にいろいろと父のことを感じることができる機会が、
もっともっとあったならば、
その距離はさらに近づいていたような気もする。

子供が親にインタビューできる機会っていいのではないか…。

こんな質問はしたことがある。
そしてこれは、きっと多くの人が聴いていることなのではないか。

「僕の名前の由来は?」

学校の宿題かなんかで聴かされたが、
それは確かに聴いてみたかったし、興味があった。
私の名前は、3日徹夜で考えたって言っていたし。

他にも聴いてみたらいいことは、
今思えばたくさんある。

よし決めた。
「親子のインタビュー」
これが次のブログのテーマかな…。

おまけ:父に聴いてみたいこと

「じいちゃんって楽しいか?」
「楽しいんだとしたら、何が楽しい?」

今はこんなことを、父に聴いてみたい。
恥ずかしがらずにちゃんと答えてくれるだろうか…。

よし、週末に聴くことにしよう。

20160714_親子のインタビュー_チームコーチング2016_LBJ半谷photo credit: Father and Son via photopin (license)

 - チームコーチング

  関連記事

オープンクエスチョンとクローズドクエスチョン 〜コーチングを簡単に実践する〜

コーチングのスキル コーチングの「スキル」と呼ばれているものはいろいろとある。 …

関わりの土台を築く 〜マネジメントのコツ〜

「きびしく関わるぞ」 本田圭佑が帰ってきた。 24日に行われるアフガニスタン戦に …

絆を深めるパパママインタビュー 〜過去のこと編〜

インタビューをしてみる 今日は実際にどのようにインタビューをするのか。 何を聴く …

チームには解散が必要だ 〜チームコーチング〜

永遠につづくチームはない チームは必ず、結成のタイミングがある。 そして、結成の …

no image
止まって観る心の余白

人生において『止まる』時間をどのくらい持っているだろうか 私は毎日忙しくしている …

コーチング勉強会といえばホップの会

本日は久しぶりにホップの会。 もう100回以上続くコーチング勉強会だ。 主催はイ …

優れた監督は本物のコーチングを使う

プロフェッショナル 〜サンフレッチェ監督 森保一〜 先日のプロフェッショナルの主 …

目標を立てるリーダーの発想とエンロールメント ~日経ビジネス経営教室よりチームコーチングのヒント~

大掃除スタート! まずは無駄な書類がきっと山ほどあるであろう私の部屋から。 掃除 …

ミッションとはなんぞや ~チームコーチングで真のチームづくり~

組織が方向性を合わせる。 方向性とは何ぞや??? 要素としてはいろいろあるが、あ …

西城洋志さん講演① 失敗の捉え方 〜シリコンバレーツアー2017〜

シリコンバレーツアーは、 Yamaha Motor Ventures &#038 …