チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

意図の階段 〜プレゼンテーション達人への道〜

      2016/05/19

プレゼンが苦手な日本人

本日はプレゼンテーションの基礎講座。
プレゼンに対する苦手意識を持っている人は極めて多い。

「プレゼン得意な人」

って講座で手を挙げてもらうと、
上げるのは年間でも10人に満たない。

※私が担当するプレゼンテーショントレーニングの受講生は
年間に300人くらい…

「プレゼン苦手な人」
って聴くと、クラスのほとんどが手を挙げる。

「苦手」「自信がない」
これは仕方のないこと。

自信には2種類。
「根拠のない自信」
「実績に裏付けられた自信」

このバランスで成り立っている。
前者が非常に強い人もいれば、
根拠の無い自信はほとんど持ち合わせていない人もいる。

そして、日本人は教育の過程における、
プレゼンの練習の時間が極めて少ない。

つまり、実績がない。
だから、自信のもちようがないのだ。

プレゼンテーションはKKD?

プレゼンテーションはKKD。
つまり、
K:カン
K:経験
D:度胸

これはあながち的外れではないと思う。
特に経験。
これは積み重ねただけ、プレゼンテーションはスムーズになる。
そして経験を重ねるためには度胸が必要だ。

カンも、
プレゼンテーションを構成したり、
実際にプレゼンテーションをしたりするときの、
センスのようなものはやはりあると思う。

同時に、カンは感覚。
話しているときに、あらゆる感覚を使って、
聴衆がどのように聴いているのかを感じ取る力は、
プレゼンテーションにおいて欠かすことができない。

プレゼンの目的

「プレゼンの目的は何ですか?」

この問いかけに、みなさんならばなんと答えるだろうか?

「報告のため」
「情報共有のため」
「理解・納得してもらうため」
「評価されるため」

プレゼンテーションのトレーニングでは、
こんな答えが返ってくる。

どれも正解である。

同時に、
真の目的を掴んでいる人は意外と少ない。

プレゼンの真の目的

プレゼンの目的は、
「人を動かすこと」であり、
「決断させること」である。

もう少し正確に言えば、

動いてほしい人に
動いてほしいように
動いてもらうこと

製品を導入してもらう。
企画を採用してもらう。
上司に協力してもらう。
何かの申込をする。
一緒に食事に行ってもらう。

プレゼンテーションは、日常に溢れている。

意図の階段

プレゼンテーションの目的、
すなわち意図には段階がある。

段階1:認知

最初のステップは認知。

知らなかったことを知るということ。

「へえ、そういうのあるんだ…」

とまあ、こんな感じ。

段階2:理解

認知の次は理解だ。

認知したものがどういうものなのか、
その内容を理解するということ。

「なるほど、言いたいことはわかった」

段階3:納得・同意

次は納得・同意。

「わかる!」
「その通り!」

これがここの段階。
理解しても、納得・同意しているかはわからない。

段階4:行動

そして行動。
具体的に何らかの行動を起こす。

納得・同意しても、動くかどうかはわからない。
人が動きを起こすのは、非常にエネルギーを要する。

段階5:決断

そして最後が決断。
ここが、実際に動いて欲しいように動いてもらう場所。
そして、プレゼンの真の目的であり、意図である。

ここを意識せずに行われるプレゼンテーションは、
残念ながら機能しない。

20160518_チームコーチング_プレゼンテーション_意図の階段2_LBJ半谷知也

意図の設定

誰に動いて欲しいのか。
どのように動いてほしいのか。

プレゼンテーションの成功の定義が、
プレゼンの第一ボタン。

ここをかけることで、
プレゼンテーションの方法や手順が決まる。

この意図によっては、
プレゼンのやり方は大きく異なるのだ。

また、一回のプレゼンテーションで一気に階段を駆け上がることもあれば、
柔道のように、
さまざまな技を合わせながら一本を取ることもある。

この階段を意識しながらプレゼンテーションを行うことは、
確実にプレゼンテーションの達人への道を歩む上で、
絶対不可欠な要素である。

 - チームコーチング

  関連記事

no image
組織に蔓延する正解探し

組織には、 さまざまな問題やパターンが存在する。 社風、 組織文化、 慣習、 当 …

無意識で行われるコミュニケーション

慣れ親しんでいるコミュニケーション 私たちは日頃、当たり前にコミュニケーションを …

no image
アサーティブコミュニケーション 〜自分と向き合う〜

アサーティブコミュニケーションは、 対話における「発信」の技術。 「何を伝えるの …

no image
犠牲/代償を払う際の説明責任

昨日は犠牲/代償の必要性に触れた 仕事のために家族を犠牲にする 休日返上で仕事に …

教育現場にチームコーチングを〜常葉大学での取り組み〜①

常葉大学特別授業〜チームコーチング〜 昨日は、静岡県静岡市にある、常葉大学瀬名キ …

出版しました!『子供が自力で受験を突破する親からの問いかけ109』

ご報告が遅くなりましたがなんと…出版いたしました! タイトルは『子供 …

大きな成果を手にするために

ハイリスクハイリターン より大きな成果を手にするためには、 より大きなリスクを覚 …

チームには解散が必要だ 〜チームコーチング〜

永遠につづくチームはない チームは必ず、結成のタイミングがある。 そして、結成の …

no image
チームコーチングin松本

本日は松本の住宅メーカーにて経営責任者チーム6名のチームコーチング3日目(セッシ …

家族の絆を深めるパパママインタビュー 〜コーチングの力〜

夏休みといえば自由研究!? 日本全国夏休みだ。 少なくとも千葉県はもう夏休み。 …