チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

アトラスグループ チームコーチング 2nd_Season 完了セッション

      2015/06/11

チームコーチングで目標達成!

去年の7月よりおよそ1年間、サポートさせていただいております。

本日は、アトラスグループ、チームコーチング2期の最終日。
当初設定した、かなりストレッチな組織目標を達成してこの日を迎えたのは、
ひとえにこのチームの努力があり、
そしてもちろん、ここにはいなかった会社のメンバーの努力があったからこそ。

それにしても、大きくて分厚い壁を、一枚突破しました。

20150609_チームコーチング_アトラスグループ_完了_半谷知也

アトラスグループ チームコーチング

元々は、
アトラス設計という構造設計事務所と
カイ設計という意匠設計事務所の合併に伴い、
「この2つの組織を一枚岩に!」
ということでスタートしました。

長く険しく楽しい道のりでした…。

組織の理念、ビジョン、目標を、
くそが付くほど真剣に考え、議論し、
そのプロセスを経て土台を築きながら、チームをひとつにしてきました。

チームコーチングの完了

完了は終了とは区別しています。

終了は、その時間がくれば終わりということ。
でも完了は、次につなげていきます。

今回のチームコーチングにおいて改めて実感したことは、
前進すると課題はなくなっていくという勘違いがあったりするものですが、
前進すれば、そのステージにふさわしい新たな課題が登場するということ。

だからこそ、1年経った今では、
かなりたくさんの課題があって、
その課題の多さと大きさに、メンバーは四苦八苦しております。

でも振り返ってみると、
かなりの課題を乗り越えてきていることがわかる。
振り返ってみると、
個人としても組織としても、成長していることがわかる。

こういった前進をしっかり見つめていくことは、
区切りをつけて更なる前進をしていくために欠かせないこと。

「課題だらけだ~」
って思っているのと、
「課題はあるけどたくさん成長してる」
って思うのとでは、
今後に向けてのモチベーションが大きく変わってきます。

完了においては、
現時点での課題と、
うまくいっていること、
この2つに公平に焦点を当てていきます。

完了を終えて次のステップへ

1年間をしっかりと完了して、
同時にこれからさらなる目標に向かって、
越えていかねばならないことを具体的に定め、
全員が意欲的にスタートを切りました。

これからどのように素晴らしい道のりを歩み、
成果を出すのかということが非常に楽しみです。

これからも応援し、サポートしてまいります。

ひとまず区切りです。
1年間本当にありがとうございました!

 - チームコーチング

  関連記事

no image
理解をつくる粘り強い対話①

「どうやればうまくいきますか?」 「どうやったらこんな上司とのコミュニケーション …

no image
『一を聞いて十を知る』 コミュニケーションの幻想 ~チームへのコーチングの挑戦~

『一を聞いて十を知る』 意味を調べてみると 『一を聞いて十を知るとは、物事の一端 …

新・山の神登場 ~2015年箱根駅伝往路~

毎年恒例の箱根駅伝。 子供の頃は、父親がなぜ駅伝を見るのか不思議でたまらなかった …

傾聴はコーチングの始まり②

というわけで、 前回ブログからの続きでございます。 やっぱりコーチングは、 傾聴 …

積極的な傾聴 〜コミュニケーションスキル〜

リスニングでコミュニケーションスキルアップ 今日はリスニングに関するセミナーの実 …

no image
理解をつくる粘り強い対話②

さて昨日の続き。(昨日の記事はこちら) 受け取られたものがコミュニケーション コ …

no image
小学5年生のリーダーシップ ~チームへのコーチングの挑戦~

私の甥は小学校5年生あるとき久しぶりの草津への家族旅行甥はとても楽しみにしている …

no image
アサーティブに伝えるということ

本日は朝から雨模様。 そんな中、歩いて駅に向かっていました。 傘をさして、風も強 …

ミッションとはなんぞや ~チームコーチングで真のチームづくり~

組織が方向性を合わせる。 方向性とは何ぞや??? 要素としてはいろいろあるが、あ …

no image
コーチはモデルとして存在していなければならない

コーチやコンサルタントあるいは先生 人を指導するような立場になるとつい自分がおろ …