チームコーチングLBJ

チームコーチングで組織力を強化するLBJ

*

【講演】チャットワーク山本敏行社長 ~Silicon Valley Tour 2017 Day4~

   

チャットワーク山本敏行社長

7/13(THU)_Day4

今日の始まりは、
チャットワークの山本敏行社長。

※チャットワークの詳しくは、こちら

まあ、なんせ楽しくてスケールの大きな社長。

職場は一将の影

つまり、社長次第、組織のトップ次第であるということ。

職場・会社・部署がうまくいかないのであれば、
それはトップの責任。

社員がどうだとか、
しくみがどうだとか、
世の中がどうだとか、
外側に要因を見出すのではない。

すべてはトップ次第。

この自覚を持つことが大事であると知っている組織のトップは…、
まあほとんどだろうけど、

本当にその意識から生き、言動しているトップは、
なかなか少ないのではないだろうか…。

人と違うことをする

山本さんは、エクセルやらないワードやらない。
だって他の人がやれるから。

小学校のころから、
他の人ができることには、まったくモチベーションがかからなかったらしい。

人が出来ないことをやる。

「できない」

「俺にやらせろ」

一発で目立つ。

「おぉぉぉぉぉ」

とこんな感じ。

そういえば、
ZAKさんが言ってたな…。

「リクルートスーツを着るな」

切り口は違うけど、
人と同じことをやってもダメ。

成功するならば、
その人なりの「特別さ」を主張する必要がある。

これは共通するところ。

Silicon Valleyを日本につくる

壮大なビジョンを持って、
とにかく人とわかちあっていく。

話して、修正して、
話して、仲間をつくって、
話して、ビジョンがでっかくなって、

これを繰り返している感じ。

チャットワーク山本敏行社長のプレゼンテーション

山本さんの周りには人が集まってくる。

話が面白い。
話がでっかい。
話が興味深い。

話す内容。
話し方。
話の組み立て。

すべての要素が面白い…。
どんどん人を引き込んでいく。

受容

話すだけではない。
人の意見をよく聴いている。

山本さんは誰もが認める凄い社長なんだけど、
なんだか、
山本さんの前では意見がいいやすい。

すべての人とその意見を尊重している感じがする。
そう、
言うなれば、「安全」な感じ。

「私、ここにいていいんだ」
「私、発言していいんだ」

と存在を自己承認できる。

組織が生産性を上げる上で、
メンバーの心理的安全性は重要らしい。

まとめ

私の今の仕事を振り返ってみると、
自分がやらなくてもいい仕事をたくさんやっている。

その理由の主なものは、

そう…、

「好きだから!」

そして、
好きな仕事というのは、
ずっとしてても飽きない。

なんだか心地良いし気持ちいい。

好きだけど、
自分じゃなくてもいい仕事は人にやってもらったり、

好きだけど、
自分じゃないとダメな仕事も、ちゃんと時間を決めて終わらせる。

その空いた時間を、
自分だからこそできるクリエイティブな仕事に使うべし。

そして、
ビジョンを明らかにしてわかちあうこと。

完璧じゃなくていい。
抽象的で全然かまわない。

その時点であるものを、
人にわかちあうと、
いろんな意見やフィードバックをもらって、
ビジョンがちょっとあきらかになる。

そのビジョンをわかちあって、
フィードバックが来て、
ビジョンがもっとあきらかになる。

この繰り返しでビジョンは育ち、
共感する人は協力者になっていく。

というわけで、
うまくなくてもいいから、
まずはビジョンをわかちあおう!

本日は以上!

 - Silicon Valley

  関連記事

Stanford University ~Silicon Valley Tour 2017~

Day2の締めくくりはスタンフォード大学 何ともスケールがでかい。 大学の総面積 …

ZAKさん講演 Vol.03 〜Silicon Valley Tour 2017〜

さて、ZAKさんシリーズのまとめです。 前回までのブログはこちら↓ ZAKさん講 …

~Silicon Valley Tour 2017, Day3~

Delancey Street Restaurant 本日は3日目。 今日のメイ …

ZAKさん講演 Vol.02 〜Silicon Valley Tour 2017〜

前回のブログからの続きでございます。 日本の強みは??? 日本人の… 日本の文化 …